ニュース
» 2021年02月19日 20時30分 公開

2020年初頭、フランスでは何が起こっていたのか? ある1人の留学生が漫画でつづる「新型コロナ」感染拡大の記憶(2/2 ページ)

[SONO,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

史料調査のためスイスへ

コロナ 帰国日記

 2月のバカンス(ヨーロッパでは次々に長期休暇があり、その合間に授業がある)でどこに旅行するかということが、友達同士で話題に上がりつつあった頃。2月26日に、在リヨン領事館から注意喚起メールが届きました。ヨーロッパで、特にイタリアを中心に流行が本格化し始めたのです。

 これを皮切りに、次々と日本の指導教授からのフランス調査旅行中止の連絡や、安否確認、情勢を心配するメールが届きます。日本でも学会などが軒並み中止されつつあった時期でした。

 そんな中迎えた、2月29日〜3月8日のバカンス。かなりの人の移動が見込まれるため、非常に悩みましたが、私も史料調査のためスイスへ行くことにしました。スイス(ジュネーヴ)にはWHO本部があり、さらにEU加盟国ではないことも相まって、国境も早めに封鎖される可能性があると考えたからです。また、今行っておかないともうしばらく行けなくなるかも! という焦りもありました。

 結局、私のこの予想は外れました。スイスどころかヨーロッパ全体の一斉国境封鎖という、はるかに大変な事態が、この数週間後に起こったのです。

コロナ 帰国日記

 スイスで宿泊したBNB(民泊)では、リビングのテレビでもずっとコロナ関連のニュースが流れ、あらためて状況の緊迫を感じました。でも、BNBの管理人のマダムは、全くためらわずにビズ(頬を合わせるあいさつのキス)をしてくれました。「フランスでは両頬に2回だけど、スイスでは3回するのよ!」と教えてくれつつ……。

 その他、一緒に泊まっていた他のゲストや、図書館の職員さん、駅の酔っぱらいすらも優しく、おかげで無事に調査旅行を終えることができた私は、リヨンへの帰途につきました。「コロナが収まったらまた来たいな〜!」なんて能天気なことを考えながら……。

 状況が急変したのは、このバカンスから帰った直後でした。外務省が設定する感染症危険レベルが引き上げられ、大学が休講となり、留学生は次々と帰国。ついには、外出制限措置が取られる事態に発展します。

 今思えば、私と同じように「理論的に」「大丈夫」と判断し、多くの人がバカンス旅行に出かけた結果、大流行が引き起こされたのかもしれません。人間の心理には、危険や異常を小さく見積もり、日常の延長を生きようとする「正常性バイアス」が備わっています。楽観的な考え方が良い結果をもたらすこともありますが、欧州のコロナ大流行においては、むしろ大きなマイナスに働いたようです。

第2回に続く

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10