ニュース
» 2021年09月22日 12時00分 公開

じつは進化していた、鹿児島本線・折尾駅の駅弁立ち売り 折尾駅弁・東筑軒(2)折尾駅「大名道中駕籠かしわ」(1100円)

駅弁好きがこだわるのは、折尾駅のホームでいまも続けられている「立ち売り」の売り子さんから購入すること。いまのご担当になって8年あまり、駅弁文化の伝統を守りつつ、売り方も着実に進化を遂げていました。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 北九州 東筑軒「大名道中駕籠かしわ」(1100円)
駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州 駅弁 北九州

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

今年(2021年)7月で誕生から100周年を迎えた、鹿児島本線・折尾駅(福岡県)の名物駅弁「かしわめし」。製造・販売する「東筑軒」の売店は折尾駅をはじめ、北九州市内に点在していますが、駅弁好きがこだわるのは、折尾駅のホームでいまも続けられている「立ち売り」の売り子さんから購入すること。いまのご担当になって8年あまり、駅弁文化の伝統を守るだけでなく、売り方も着実に進化を遂げていました。

駅弁 北九州 883系電車・特急「ソニック」、鹿児島本線・海老津〜遠賀川間

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第28弾・東筑軒編(第2回/全6回)

博多〜大分間の特急列車「ソニック」。ブルーメタリックの外観が印象的な883系電車は、平成7(1995)年の登場から、去年(2020年)で25周年を迎えました。883系はスピードを保ったまま、カーブを通過できるように車体を傾けられる振り子式となっているのが特徴。博多を出ると途中、折尾、黒崎、小倉、行橋、中津、別府の6駅のみに停まる速達タイプの列車では、大分まで約2時間で走破します。

駅弁 北九州 折尾駅

特急「ソニック」の全列車が停まる折尾駅(北九州市八幡西区)。鹿児島本線と筑豊本線が立体交差していた駅として知られ、明治24(1891)年の開業から、今年(2021年)で130年の節目を迎えました。近年はリニューアルが行われ、1月からは大正5(1916)年に建設されたかつての折尾駅舎の姿をできるだけ再現した新駅舎の使用が始まりました。駅の周辺には大学や高校も多く、若い世代の利用者も目立ちます。

駅弁 北九州 東筑軒・小南英之さん

新しい折尾駅の改札口を入ると、正面に見えるのが、創業100周年を迎えた「東筑軒」のうどん店。その前におなじみのスタイルで立つのは、立ち売りを担当している、東筑軒の小南英之(こみなみ・ひでゆき)さんです。小南さんは平成25(2013)年2月から立ち売りを担当。いまや「駅弁」の立ち売りがほぼ毎日(水曜除く)見られるのは、全国でも折尾駅くらいです。とても希少な鉄道風景が、大都市の日常に溶け込んでいるのです。

駅弁 北九州 885系電車・特急「ソニック」と東筑軒・小南さん

小南さんの主戦場は、もちろん特急「ソニック」。大分方面行の列車がやって来る時間になると、4.5番ホームに上がって「折尾〜名物! かしわ〜めし!」と売り声を響かせます。7月は「かしわめし」の売り声のなかに「100周〜年!」のフレーズも折り込んで“いまだけ”の立ち売り風景を見せていただくことができました。かつては、「ソニック」への駅弁の積み込みもありましたが、いまはないのが残念……と小南さんも話します。

駅弁 北九州 常連のお客様との会話も弾む東筑軒・小南さん

「かしわ〜めし!」と声を上げていた小南さんに、「よかった! 逢えた〜!」と常連のお客様が駆け寄ってきました。地元にお住まいで、この日は福岡市内で一人暮らしをしているお子さんのもとを東筑軒の「かしわめし」を手土産に訪ねるのだそう。「食べ盛りなので、かしわめし(小)1つでは足りなくて、いつも多めに持っていくんです!」と声が弾みます。立ち売りの伝統駅弁が深める家族の絆。駅は新しく変わっても人の温かさは健在です。

駅弁 北九州 大名道中駕籠かしわ

「かしわめし(小)」と「かしわめし(大)」の販売が基本となる小南さんの立ち売りですが、売り箱のなかにひときわ大きなパッケージの駅弁を詰めていました。その名も、「長崎街道大名道中駕籠かしわ」(1100円)。江戸時代、九州の大名が参勤交代に使ったという長崎街道が通っていたいまの北九州市。これにちなんで、かご型の二段重ねとなっており、おかずがたっぷり入ったかしわめしの“豪華版”とも言える駅弁です。

駅弁 北九州 大名道中駕籠かしわ

【おしながき】

(壱の重)

  • かしわめし 鶏肉 錦糸玉子 刻み海苔 紅生姜

(弐の重)

  • 白身魚フライ
  • 鶏のから揚げ
  • ミートボール
  • 玉子焼き
  • 蒲鉾
  • 煮物(里芋、椎茸)
  • 中華風サラダ
  • 切り干し大根
  • しば漬け
  • うぐいす豆
駅弁 北九州 大名道中駕籠かしわ

長崎街道の地図が描かれた掛け紙を外し、かご型容器の屋根に当たる紙蓋を開けると、おなじみ三色のかしわめしと、幕の内系のおかずがたっぷり詰まった二段重ねの駅弁が現れました。かしわめしは美味しいけれど、やっぱりおかずも欲しいという欲張りのアナタに最適な駅弁。折尾駅はもちろん、小倉や博多といった新幹線停車駅でも販売があります。ちなみに、駕籠を担ぐ棒に割箸が入っているのもいいデザインですよね。

駅弁 北九州 東筑軒・小南英之さん

平成25(2013)年の立ち売りデビュー直後から、機会あるごとにお話をさせてもらっている小南さん。「8年前はまだ緊張していて売り声も硬かった」と当時を振り返ります。いまは保温のシートを付けた売り箱に進化。自作の「かしわめし応援歌」を作って唄いながら、鶏にちなんで両手で羽ばたく振付を付け、1人でも多くのお客さまの目を引こうと懸命です。利用者には、時間帯に合わせ「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と声をかけていきます。

駅弁 北九州 811系電車・快速列車、鹿児島本線・遠賀川〜海老津間

福岡都市圏を中心に快速・普通列車として活躍する811系電車。平成元(1989)年、JR九州が発足後初めて製作した近郊型車両で、折尾駅にもしばしば顔を出してくれます。登場から30年あまり、いまはリニューアルに合わせ、車内はロングシート化が進みます。在来線の駅弁旅は厳しさが増すなか、「できる限り、立ち売りは守りたい」と力強く話すのは東筑軒の佐竹真人社長。次回からは佐竹社長にたっぷりとお話を伺っていきます。

(初出:2021年8月11日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」