ニュース
» 2021年10月09日 12時00分 公開

57年前の「あのとき」に駅弁でタイムトリップ!崎陽軒「あのときのシウマイ弁当」(830円)

57年前の「あの頃」はどんな世の中だったのでしょうね。新幹線が開業した当時の「シウマイ弁当」でちょっと感じてみましょう。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 横浜・崎陽軒の「あのときのシウマイ弁当」(830円)
駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

今年(2021年)、57年ぶりに日本で開催されている世界的なスポーツイベント。「あのとき」以降に生まれた世代も多くなったなか、改めて57年前はどんな世の中だったのか、関心を持った方もいることでしょう。初めて新幹線が走り始め、都心に高速道路が張り巡らされた「あのとき」。横浜を拠点に首都圏の駅弁を手掛ける崎陽軒がこの夏、販売している弁当は、「駅弁は時代を映し出す鏡」であることを、改めて感じさせてくれました。

駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 N700S新幹線電車「のぞみ」、東海道新幹線・品川〜新横浜間

東・名・阪「焼売」駅弁食べくらべ(第1回・崎陽軒編/全3回)

昭和39(1964)年の開業以来、東京・名古屋・大阪を結んでいる「東海道新幹線」。初代の0系新幹線電車から最新のN700S新幹線電車まで、青と白の流線型の車体が印象的です。開業当初は徐行区間もあったため、東京〜新大阪間は名古屋・京都のみ停車の「ひかり」号で4時間かかりました。いま最速の「のぞみ」号は、同じ区間を品川・新横浜にも停まって、2時間21分で駆け抜けています。

駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 あのときのシウマイ弁当

そんな新幹線の開業と世界的なスポーツイベントに思いを馳せながらいただきたい駅弁が、9月5日まで販売されています。横浜駅弁・崎陽軒が製造する「あのときのシウマイ弁当」(830円)。昭和39(1964)年当時のシウマイ弁当の内容を再現したもので、掛け紙も、「1964年を懐かしむ」という文言とともに当時の雰囲気がたっぷり! ひと際高くそびえるのは、できて間もないマリンタワーでしょうか。スタンプの日付は、「1964.10.10」となっています。

駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 あのときのシウマイ弁当

【おしながき】

  • 俵型ご飯 小梅、黒胡麻
  • 昔ながらのシウマイ 4個
  • 白蒲鉾
  • 豚天
  • きんぴら蓮根
  • セロリの塩漬け
  • 鮪の漬け焼
  • 筍煮
  • 福神漬け
  • 切り昆布
  • 大根漬物
駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 あのときのシウマイ弁当

ふたを開けると気付くのは、昔ながらのシウマイが4個入りで、蒲鉾が白い蒲鉾ということ。いまはシウマイが5個入り、紅白蒲鉾となっていますね。他にも「きんぴら蓮根」「豚天」「セロリの塩漬け」「福神漬け」「大根漬物」といった“あのとき”のおかずを復活させたと言います。少々質素に感じる構成は、“あのとき”を知る方には懐かしく、“あのとき”以降に生まれた方には、“新鮮な”雰囲気のあるシウマイ弁当と言えるかも知れません。

駅弁 シウマイ弁当 崎陽軒 N700S新幹線電車「のぞみ」、東海道新幹線・新横浜〜小田原間

東京〜新横浜間から新幹線に乗るときは、「シウマイ弁当」と決めている方も多いはず。夏バテ気味の体でも、崎陽軒のシウマイは、食欲をそそってくれて元気をもらえますね! じつはいま、名古屋エリア、関西エリアの各駅でも、ちょっと注目したい「焼売」駅弁が登場しています。夏の終わり、コロナ禍を乗り切り、秋の元気をチャージする意味を込めて、いま、いただきたい「焼売」駅弁を、地域ごとにご紹介してまいります。

(初出:2021年8月30日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」