ニュース
» 2021年11月13日 11時30分 公開

かなわぬ「夢」に価値はないのか? 「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」レビュー(2/3 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 夢を語る時、大人はつい「かなえられるか」「かなえられないか」という現実的な「結果」を重視してしまいがちだ。しかし、多様な夢の過程の価値を教えてくれる本作は、子どもの教育上、あるいは大人こそがハッと気付かされる物語になっていて素晴らしい。

 「魔法」と「夢」の視点が鋭すぎる「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」レビュー 画像は予告編より

 夢を魔法だけで達成しないどころか、「魔法があるとかえって夢が分からなくなる」ことまで示唆してくれる物語は、やはり誠実で、新しい知見を与えてくれている。

※以下、少しだけ中盤のネタバレに触れた上で、不満点を書いているのでご注意を

「優しい話すぎる」からこその不満も

 ただ、作品としてのインパクトや感動が前作にはおよばないというのも正直なところだ。すみっコぐらしという作品に対して「切実さ」や「シビアさ」を望むのはお門違いかもしれないが、これらの欠如に不満を覚えてしまったのだ。

 例えば、とかげはスミッシーという恐竜のお母さんと暮らすことを夢見ているのだが、序盤で「再会」を果たした後に「やはり一緒には暮らせない」理由が伝わってこず、そこが気になってしまった。

 もちろんとかげが恐竜であることをみんなにないしょにしているという設定上の理由は分かる。あるいは脚本を書いた吉田が説明しているように、現実で会いたい人に会えないさまざまな理由を重ねられるように、あえて明確な言及を避けたという理屈も理解できる。だが、これによりクライマックスの「夢を実現させようと頑張る」カタルシスを阻害してしまっているように感じてしまった。

 また、劇中ではすみっコたちの「夢がなくなってしまう」という展開があるのだが、みんなが「いつもと真逆の行動をとる」のも気になってしまった。この展開にはコミカルで楽しい面もある(特に自己肯定感が持てずに三角コーナーを被って「どうせゴミだし……」と言うトンカツがかわいい)のだが、現実では大きな夢がなくても楽しく暮らしている人もいるし、寓話にせよ「夢をなくしたと分かっても、目覚めてすぐに真逆の行動を取ったりはしないだろう」と思ってしまった。

 例えば、それなりの時間経過があってから「夢がないことに気づいて落胆する(それで捻くれて真逆の行動をとる)」展開の方が、納得できたと思う。

 また、「5年に1度の青い大満月の夜の時だけ魔法使いがやってくる」という長いサイクルの設定が生かされていないのも気になった。もう少しだけでも、ふぁいぶが深刻なホームシックになったり、それこそ数年の時が経過して「やっと」の重みを持たせた方が、クライマックスの感動は増しただろう。

 やりすぎかもしれないが、個人的には「ドラえもん」における「無人島へ家出」(単行本14巻収録)の「無人島で10年間取り残されたのび太」に似たことをやっても良かったと思う。すみっコぐらしの「優しい話」そのものは愛すべきものだが、優しすぎると作品としては物足りなくなってしまう、ということも思い知らされた。また、「魔法で安易に夢を達成できてしまう」ことそのものも、より明確な形で否定しても良かったと思う。

 「魔法」と「夢」の視点が鋭すぎる「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」レビュー 画像は予告編より

 そんな細かな不満も残るものの、これは個人的な好みの問題にすぎない。基本的にはかわいいキャラたちによるほんわかとした優しい世界を堪能できるし、前作にはなかったナイトパーティーという暗がりに煌びやかな演出が映える画もあって、まさに子どもから大人まで万人が楽しめる作品に仕上がっている。

 何より、「魔法」と「夢」への鋭い視点は、現実の自分にフィードバックしたいと思うほどに大切なものとなった。前作を見た人にとってのサービスもあるので、エンドロールの最後までじっくりと見届けてほしい。

ヒナタカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」