SNS時代の最先端オタク像 『邦キチ!映子さん』の「池ちゃん」が映画ファンをざわつかせる理由

池ちゃんは俺だ……俺だったんだ!

» 2022年03月26日 18時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 映画紹介マンガ『邦画プレゼン女子高生 邦キチ!映子さん 』の第7巻(Season7)が3月25日に発売された。ここで取り上げたいのは、今巻で初登場する「池ちゃん」と呼ばれるキャラクターが、いかに映画ファンにとって見逃せない存在かである。

最新巻『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season7』は池ちゃんの表紙が目印

 連載時、彼は初っ端のインパクトで映画ファンをざわつかせただけでなく、再登場時にはTwitterトレンドに「池ちゃん」の文字を刻みつけ、閲覧ページがアクセス過多で数時間に渡って読めなくなるほど話題を集めた。

 池ちゃんがそれほどまでに特異性を放つ存在になっているのには、明確な理由がある。そしてそこには、映画ファンに限らず、全てのオタクが彼から学べる教訓もあったのだ。詳細を記していこう。

顔面正拳突き級の初登場

 『邦キチ!映子さん』の基本的な内容は、女子高生の邦吉映子、通称「邦キチ」がトンキチな描写のある邦画をうれしそうに紹介し、それに対して「映画について語る若人の会」の部長がその内容に恐れ慄いたりツッコミを入れるというもの。

「邦画プレゼン女子高生 邦キチ!映子さん 」PV(CV:江口拓也、茜屋日海夏)

 映画愛に溢れる談義の数々は映画ファンこそニヤニヤできる一方で、ラブコメや青春物語の要素があったりする上、特別な知識も必要としないため、映画に詳しくない方でも全く問題なく楽しめる内容となっている。

 クセの強いキャラクターそれぞれが魅力的なのだが、その中でも池ちゃんはいろいろな意味で突き抜けていた。初登場時はプールでナンパをしてくる大学生グループの一員で、仲間から映画マニアだと紹介され、彼自信「インスタに映画感想あげてま〜す(舌をペロッと出す)」とのたまっていた。

『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season7』p.58より

 作者の服部昇大先生も「こんなにむかつく奴描けるんかってぐらいむかつく奴が描けた」と自画自賛するほどで、こんなアピールを現実でするヤツがいたら、きっと顔面への正拳突きも正当防衛で許されるだろう。

 ところが、池ちゃんはその直後、邦キチたちから近年の名作「白頭山(ペクトゥサン)大噴火」「全員切腹」「ベイビーわるきゅーれ」などについて立て続けに話を振られると、全くついていけない事実に直面。「まるで映画『アマデウス』で、1人だけモーツァルトの才能に気づいている、サリエリの気分だぜ…!」と、邦キチたちの「ガチ」ぶりに意気消沈し、ナンパ仲間を置いたまま帰ってしまうのだ。

 この描写に、映画ファンは震えた。すぐさまネット上では、「年間85本観ている時点ですごい映画ファンじゃないか」「それなのになぜ口コミで話題の『ベイビーわるきゅーれ』を知らないんだ」「知ったかぶりをしないし己の力のなさをすぐに自覚する素直なやつでは」「名作『アマデウス』の内容をしっかり理解しているんだから胸を張って好きな映画を語ってくれよ」「年間に観た映画の本数を褒めてくれる友だちを大切にしなよ池ちゃん……」などなどと、そのパーソナリティを分析したり、心情をおもんばかる声が続出したのである。

 第一印象が「顔面正拳突き」だったにもかかわらず、それから数ページで映画ファンの心を鷲掴みにした池ちゃん。しかし、それはまだ、伝説の始まりにすぎなかった。

愛憎入り交じる感情が昂りすぎて迷子になる理由

 池ちゃんが再登場したのは、興行収入38億円を突破した大ヒット恋愛映画「花束みたいな恋をした」を語る回(全3話)だ。その中で、彼は初めこそ「ネトフリはオリジナル作品を観とかないとマジで人生損してるよ!」と、ウザったい勧め方をしたり、「オレって本当、面白い奴止まりなんだよね〜!」とイタすぎる独り言を口走る。

 ところが、邦キチの映画プレゼンを聞くと、「それに比べてオレの感想は……長くてつまらない……」と、己の力のなさを素直に認め、面白い感想の言い方を教えてくれと、年下の高校生の邦キチと部長に頼み込むのだ。

『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season7』p.109より

 池ちゃんの感想がなぜつまらないか、そもそも池ちゃんは映画の感想を、そして映画そのものをどう考えているのか、そこから池ちゃんがどのような学びを得るのか。詳細はぜひ本編を読んでいただきたい。そこには「他人からの評価を意識しすぎる」ことのダメさがありありと表れている上、池ちゃんがそれを素直に反省して、積極的に学ぼうとする純粋なヤツであることも分かる。

 そのおかげというべきか、Twitterでは「池ちゃん 俺」とサジェストされるようにもなった。何しろ、初めこそ「こいつウゼェw」と鼻で笑い飛ばせるイキりサブカルかぶれ野郎に思えていた池ちゃんの本質が、好きな作品を鼻息荒く語りまくる自分たちめんどくさいオタクと大きな違いはないと気付かされる。なんなら「池ちゃんは俺だ……俺だったんだ!」と自分の姿を重ね合わせ、愛憎入り交じる感情が昂りすぎて迷子になるほどの衝撃が、そこにはあったのだから。

 しかも、得てしてオタクたちは自分自身のウザさや非常識さに無自覚であるのに対し、「池ちゃんは冷静かつ客観的に自分を分析できているじゃないか……」と、むしろその真摯な姿勢に学ばされるという構図までもが付け加わっている。劇中で扱われる「花束みたいな恋をした」は、好きな作品への愛情たっぷりなオタクたちの関係(恋愛)を描いた映画なので、そちらを見ていればより池ちゃんの葛藤が伝わるだろう。

 また、池ちゃんは自分の感想のつまらなさを嘆いているが、noteで8000字の映画感想記事を書ける時点ですごいことだ。おそらく本編で語られているように、あっちこっちへ余計な話が飛ぶ、ただ情報を羅列するだけのつまらない内容なのだろう。だが、その文字数そのものは、よほど映画への情熱や興味がなければ、成し遂げられることではないと断言する。

 その後、インターン先の編集部で文章が良くなったと評価されていたし、きっと今後は素晴らしい映画ライターになってくれると信じているよ、池ちゃん。現在公開中の「Season8」の第3話で、映画ライターへのとんでもない偏見を口にしていたりもするけど。「Season7」単行本書き下ろしの「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」の回が過去最高にウザかったりもしたけど。

良い子の池ちゃんにまだ説教したいこと、それは……。

 そんなわけで、筆者は池ちゃんへの感情移入を通り越して、「池ちゃん、あんたはすごいんだよ!」「素直に反省するし、気づきを得たら目を輝かせて学んで、次に生かそうと努力する子だよ!」「これからもっともっと伸びるよ!」と、遠い田舎から息子を心から応援する母親の気持ちになっているのだが、そんな池ちゃんに対して、1つだけ説教したいことがある。

 それは、数多くの話題作が次々に劇場公開され、その“太い「流れ」”に置いてかれてしまう危機感を池ちゃんが口にしたシーンについてである。

『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season7』p.129より

 ここで彼は、「『アイの歌声を聴かせて』も見なきゃならないし…(口コミで盛り上がってきてるよね!)」などと語っているのだ。池ちゃん、それは良くない。

 彼は自身が口にする太い「流れ」について「義務感を覚える」のみで、「思い立ったら見る」という行動が伴ってないのだ。違うんだ! 映画を見るのにそんな重い義務感を背負う必要はない! 本編でも邦キチから諭されているが、口コミで気になったからとか、何より自分が見たいと思う映画を見れば、それでいいじゃないか!

 そして、筆者は池ちゃんが、あのアニメ映画史上最高の大傑作「アイの歌声を聴かせて」を、その後に見たという報告をしてくれないのが悲しい。ていうか、全人類が複数回の視聴をするべきなのに、ぜんぜん達成できていないという現状こそが許せないのである。本当に素晴らしい映画なんだぞ「アイの歌声を聴かせて」は! 思い立ったら今すぐ見るべきなんだよ!

 今は期間限定の先行レンタル配信がされているんだぞ!作品の舞台のモデルとなった佐渡島のミニシアター「ガシマシネマ」では大反響につき5月1日まで上映が延長(月・火は定休日)したし、なんばパークスシネマでは4月16日、26日、30日にライブ音響上映が実施されるし、まだまだ上映する劇場は他にもあるんだぞ! そしてBlu-ray&DVDが7月27日に発売決定したぞ! いいから! もう! 「アイの歌声を聴かせて」を見てくれよ池ちゃん! 約束だぞ!

ヒナタカ


おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」