ニュース
» 2022年06月24日 08時45分 公開

絶妙に練られたパズルを惜しみなく消化する快感 「ElecHead」を通してゲームにとっての“ぜいたくさ”について考える水平思考(ねとらぼ出張版)

サクッと終わる良質なゲームに目がないという人にぜひ。

[hamatsu,ねとらぼ]

 1980年にリリースされ、世界的に大ヒットした「パックマン」の何が優れているかといえば、そのあまりに秀逸なビジュアルデザイン以上に、「食う」と「移動する」という2つの動詞、2つのアクションを1つのレバー操作に統合するという、極めて洗練されたキャラクターの機能設計がなされているということに尽きる。


Elechead Switch 画像は「PAC-MAN MUSEUM+」より

 レバーを操作するだけで、ステージ上をただ「移動する」だけではなく、ステージ上に配置されたドットを「食う」ことができ、さらに貴重なパワーエサを「食う」ことでパックマンを襲ってくる敵キャラクターを一転して「攻撃する」ことが可能になる――。

 シンプルな操作から多彩な結果が生まれるその優れたゲームデザインの根本には、複数の機能を自然な形でキャラクターに格納する巧みな設計が存在する。特筆すべきは当時はまだゲームというメディアが生まれて間もない黎明期であるにもかかわらず、ボタン操作をなくすという「引き算」的な思考が働いている点である。そうして操作系をシンプルにしているにもかかわらず、キャラクターの機能設計の妙によってゲーム内容は奥深いものになっているのだから見事という他ない。

 「パックマン」と同様に、プレイヤーキャラクターの行うアクションに複数の機能を込めているゲームを挙げろと言われれば、ジャンプにさまざまな機能が含まれる「スーパーマリオブラザーズ」や、「撃つ」という行為を「塗る」に変換し、射撃という行為自体を拡張したゲーム「Splatoon」なんかが挙げられるだろう。どちらも任天堂のゲームであり、個人的に「Splatoon」は「パックマン」の直系の子孫になるんじゃないかと思ってたりするのだが、それについて述べると長くなるのでまたの機会に改めよう。

 今回私が紹介したいのは、このたびNintendo Switch版が発売されたタイトル「ElecHead」Switch / Steam)である。


Elechead Switch ElecHead(画像はSwitch版

ライター:hamatsu

hamatsu プロフィール

某ゲーム会社勤務のゲーム開発者。ブログ「枯れた知識の水平思考」「色々水平思考」の執筆者。 ゲームというメディアにしかなしえない「面白さ」について日々考えてます。

Twitter:@hamatsu



 

鍵にも壁にもなりうる「通電」

 なぜ「ElecHead」を紹介する前に「パックマン」の話をしたのか。それは、「ElecHead」が「パックマン」と同様に複数の機能を1つの身体に備え、その機能がただ「移動する」という最小限の操作だけで発現されてしまうという、根っこの部分で通底しているキャラクターの機能設計がなされているゲームだからである。

 「ElecHead」というタイトルが示すように、本作の主人公となるプレイヤーキャラクターはその身体に「電気」を宿すことで電源としての機能を有し、地面や壁に身体が接触するだけでその場所に「通電」させ、接している地形に備わっていた仕掛けを作動させることができる。


ElecHead [Indie World 2022.5.11]

 このゲームが秀逸なのは、この接している地形に「通電」させられるという機能が、障害を乗り越える「鍵」であると同時にそれ自体が進行の妨げとなる「壁」にもなってしまうという両義性を持っている点にある。

 「鍵」にもなれば「壁」にもなりうる「通電」機能を、地形との関係性を読んで適切に作用させることで目の前の障害を一つ一つ乗り越えていくパズルアクション、それが「ElecHead」というゲームなのである。操作入力はシンプルなのに、そこで発揮される機能は複合的であるため出力される結果や解法が多彩になるという、ゲームにおけるキャラクターデザインのお手本のような一作である。この秀逸なゲームキャラクターデザインの妙を味わうためだけでも本作はプレイする価値がある。


Elechead Switch 通電することが先へ進むカギになることもあれば、障害になることもある(画像はSwitch版

 

絶妙な難易度設計を一気に食らいつくすという「ぜいたくさ」

 以前、このねとらぼの私の連載コラムで「A Short Hike」というゲームをオススメしたとき(関連記事)、サクッと短時間で終わるゲームって本当に素晴らしいってことを述べたのだが、「ElecHead」もまたそこに連なるサクッと終わる良いゲームだ。本作は3〜5時間程度あればクリアすることができる。



 

 長く遊べるゲームはそれはそれで全く悪いわけではない。Switch版を購入した「HADES」は60時間ほど夢中でプレイし大いに満足したし、ようやく手に入れたPS5でプレイしている「ELDEN RING」は既に100時間以上遊んでいまだにクリアしていない、というかまだ当分は狭間の地を離れるつもりはない。時間がないので動画は倍速再生で見る時代なんてちまたで言われようが、なんだかんだどっぷりゲームに時間を費やして遊ぶ習慣をまだ私は失ってはいない。

 それでもサクッと短時間で終わるゲームは、仕事に子育てに忙しい自分のような人間にとっては一本のゲームで遊びきれたという実感を短時間で得られて大変有難いのも事実だし、もっと増えてほしいとも思っている。ちなみに私が個人的にもっともオススメの数時間でサクッと終わるゲームは「ゴロゴア」Switch / PS / Xbox / Steam / iOS / Android)である。スマホでも遊べるこのゲームだが、実は大きな画面で皆でやいのやいの言いながらその美しいビジュアルの仕掛けに見ほれるのもまた醍醐味であるため複数人でのプレイもオススメだ。


Elechead Switch ゴロゴア(画像はSwitch版

 話を戻そう。数時間でクリアすることができるけれどもゲーム全体にのんびりとした空気と時間が流れていた「A Short Hike」とは対象的に、「ElecHead」は忙しいゲームだ。

 特に中盤以降、自分の電源のコアとなる頭部を切り離して投げられるようになって以降は、頭部とそれ以外が切り離しておける時間に10秒という制限がついているためよりその傾向は強まる。

 しかし、その忙しさが決して不快ではなく、むしろ心地よいのである。それは、プレイヤーの目の前に出される仕掛けの一つ一つが本当によく練られており、無駄な引き延ばしや水増し的な要素が極力排除されているからだ。


Elechead Switch 次々と出てくる新しい仕掛け(画像はSwitch版

 本作には一応、ステージを探索する要素や寄り道的な収集要素、そして終盤にはある“ひねりの効いた展開”が存在する。しかし「ElecHead」をプレイして私が最も強く感銘を受けたのは、一つ解いたらまたすぐに提示される、非常に良く練られた、似ているようでそれぞれに違いのある個々のレベルデザインの妙である。

 この、一つ解いたらまた次のお題が提示されていくというプレイ感覚に一番近いのは、2011年にリリースされた「Portal2」におけるシングルキャンペーンモードではないかと思う。

 「Portal2」のようなパズルゲームに限らず、2000年代後半から2010年代序盤にかけて、「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア(CoD4)」に代表される歴史的な傑作キャンペーンモードが多数登場し、ネット対戦もせずに私は一人でこれらのゲームを遊んでいた時期があったのだが、「ElecHead」の特に序盤から中盤にかけてのひたすら前進を繰り返すパズルのつるべ打ち状態を遊んでいて思い出したのは、かつてAAAタイトルのキャンペーンモードを遊びながら感じていた、手間暇をかけて作られた凝った仕掛けの数々を次々に踏破し、後ろを振り返ることなく前進し続け遊び散らかしていくあの感覚だった。

 当然「ElecHead」と「CoD4」ではゲーム内容は全く別のものだし、かけられた予算に至っては桁が3つくらいは違うだろう。しかし、目的地から次の目的地へと突き進み、一つ一つが丁寧に仕掛けられたネタを惜しみなく消化し尽くすそのプレイスタイルにおいて、私は「ElecHead」というゲームにとても「ぜいたくさ」を感じるのだ。


Elechead Switch 小さなパズルの連続だが、一つ一つに全部違った驚きがある(画像はSwitch版

 先にも述べたように「ElecHead」には、中盤以降獲得できる能力を使って再度過去に訪れたステージを探索するといった、いわゆるメトロイドヴァニア的な要素もあるし、終盤のとある展開もこれはこれで私はとても楽しんのだが、序盤から中盤以降にかけてのとにかく次から次へと目の前に現われる、絶妙に練られたパズルアクションの連打に私は完全にノックアウトされてしまった。

 そしてこのゲームはやはりというかなんというか、手軽にサクッと遊べるSwitch版との相性は抜群に良い。サクッと終わる良質なゲームに目がないというあなたにぜひともオススメしたい。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」