ガンダムやゲッターロボのオープニングを“雑に実写再現” 100万再生のファンメイド動画、制作者に聞く裏側(1/3 ページ)

「『雰囲気』を完全再現」「ハイクオリティと低クオリティの高度な融合見飽きない!」と大きな反響。

» 2023年02月24日 20時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 アニメや特撮、映画などざまざまなジャンルのファンアートで、本物さながらの再現度を目指す人がいる一方、あえてその逆を行くような動画が注目を集めています。その名も「雑に実写再現」。

雑に実写再現 「雑に実写再現」の「Z・刻をこえて」に登場するガンダムの着ぐるみ

 「雑に実写再現」は、YouTubeチャンネル「ツカーサさんの記録」で公開されている動画シリーズ。プロデューサーのツカーサさんのもと、数々の巨大ロボットアニメのオープニングを実写化しています。動画には大きな反響があり、なかでも「機動戦士Zガンダム」のオープニング「Z・刻をこえて」は再生回数100万回を突破しています。

「雑に実写再現」の「Z・刻をこえて」

 「雑」と銘打っているにも関わらず、「低予算ながら綿密に再現されている動画に賞賛っ!!」「いや、タイミングの合わせ方といい、すっごい神経使った編集してますやんwwwちゃんと『雰囲気』を完全再現してるから、100点満点の出来栄え」「雑と言いつつ、登場人物の細かい角度や、髪のなびき方まで、作品愛を感じてめちゃくちゃ好き」など、多くの賛辞が寄せられています。

雑に実写再現 クワトロ・バジーナ(シャア)とカミーユのシーンも

 「この雑さの中にオリジナルを彷彿(ほうふつ)とさせるクオリティがたまりません」「このハイクオリティと低クオリティの高度な融合見飽きない!」というコメントもあり、出演者の表情や編集の妙、手作りのガンダムの着ぐるみなど強いこだわりが感じられる箇所がありつつも、コクピットは段ボール、スペースコロニーは缶ビールの「金麦」で表されるなど、素材むき出しの状態であえて見せる「雑さ」とのバランスも魅力のようです。

雑に実写再現 コクピットは段ボール
雑に実写再現 衝撃&笑撃の金麦コロニー

 「雑」かつ完成度の高い動画はどうやって生まれるのか、どんな人が作っているのか。ツカーサさんに聞きました。 

結婚式に出られない、コロナ禍で実家に帰れない……。不測の事態から誕生

 ツカーサさんは関東在住の30代後半の男性。仕事が休みの土日中心に創作活動を行っています。「雑に実写再現」動画を作り始めたきっかけを聞くと、意外な答えが返ってきました。

 「8年前、友達の結婚式に出られなくなってしまって、ビデオメッセージを「北斗の拳」のオープニングテーマ「サイレントサバイバー」で作ったのがきっかけです」(ツカーサさん)

雑に実写再現 「北斗の拳」のオープニングテーマ「サイレントサバイバー」 近所の公園が世紀末の世界に

 初めて「雑に実写再現」した「北斗の拳」のオープニングは再生回数が伸び、手ごたえもあったそうです。しかし、当時、編集に使用していたのが「YouTubeビデオメーカー」で、動画を切ったりはったりしかできず、ツカーサさんは技術的な限界を感じ、次の作品までに約6年もの年月を要してしまいました。

 しかし、意外な出来事が制作再開につながります。

 「次に作ったのが『装甲騎兵ボトムズ』の雑に再現動画です。コロナ禍のゴールデンウィーク(2021年)に実家に帰るのをやめにして、休みを有効利用するために作ろうってことになりました。ちょうどその時、新しい画像編集ソフト『パワーディレクター』っていうのを手に入れて。友だちにやらないかと声を掛けました。だいぶ間が空いてしまい、再スタートという感じですね」

雑に実写再現 現在も使用するソフトで初めて「雑に実写再現」したロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」のOP

 動画には「マジンガーZ」「無敵超人ザンボット3」など、70年代に放映されたロボットアニメを再現したものも。ツカーサさんの年齢だと、リアルタイムで見ていないアニメのはずですが……。

 「僕は40歳近いのですが、昔のロボットアニメってゲーム化されていたり、テレビで再放送されたりしていたので、子どもの頃のネットがない時代でも昔の作品に触れる機会はありました。ゲームは『スーパーロボット大戦』でよく遊んでいました。大人になるにつれ、70年代・80年代の古いものが好きになっていったんです」(ツカーサさん)

土日に自宅や近所の公園で撮影。出演者はかつてのミュージシャンつながり

 さて、「雑に実写再現」の動画制作にはどれくらい時間がかかっているのか。「まちまちなんですよね」と言いつつも、ツカーサさんは工程ごとにかかる時間を教えてくれました。

 「最初、動画内に出てくるロボットはフィギュアやプラモデルを使ってたんですけど、今は着ぐるみです。着ぐるみを作るのに最低3日は欲しいんですよね。さらに、出演者のスケジュールを合わせて撮影をする。撮影には半日くらいかけています。動画の編集自体は1日で終わったりするんですけども。ペース的には早くて月に1回くらい。時間かかるときは3か月に1回くらいになっちゃうんですよね」(ツカーサさん)

 着ぐるみ制作や動画編集は自宅で行い、撮影も身近な場所で行っているようです。

 「撮影も映像を合成で作るときは自宅で撮ります。外ロケ(※屋外でのロケ)っていうのも多少あるんですけど、例えば『装甲騎兵ボトムズ』で使ったのは近所の公園。『ゲッターロボ』もそうです。あとは会議室を借りてやったこともあったし。前回(2023年1月)作った『無敵超人ザンボット3』は、出演者の家に車で行って撮影させてもらいました」(ツカーサさん)

雑に実写再現 「ゲッターロボ」 出演者の後ろに滑り台が見える

 出演者は公募しておらず、すべてツカーサさんと何らかのつながりがある人とのこと。しかし、動画に出る人をたくさん集められるのには理由がありました。

 「よく出てくれているのは梅津翔(かける)( @like_public)さんという俳優です。僕は30代前半までミュージシャンをやっていたのですが、その頃からの知り合いですかね。『戦闘メカ ザブングル』に出てくれたのは、声優・ナレーターのおかだまさたか(@okadamasataka)さん、『機動戦士Zガンダム』に出演したミュージシャンのけいにょー(@km_un_pots)さんの3人がメインでやっています」(ツカーサさん)

雑に実写再現 ツカーサさんが「存在感がある」と評する「戦闘メカ ザブングル」の「疾風ザブングル」出演のおかだまさたかさん

 「全く知らない人より、自分の身近な人、多少知っている人とやりたい」というツカーサさんの思いで、友だちや友だちから紹介を受けた人が出演。特にロボットアニメに詳しい人だったり、ファンだったりするわけではないそうです。そんな、アットホームな環境で作る「雑に実写再現」ですが、出演者は不足気味とのこと。

 「収益化していないし、物を作ったり衣装を買ったりとか僕がお金かけてやってるので、出演者にはギャラが出せません。それに、女性の出演者の場合、出番が少なくて『せっかく来たのにそんなにしか出ないんかい』というパターンになってしまうんですよね。だいたい12時には来てもらってるんですけど、お昼ごはんはこっちで出します。ギャラは出せないけどご飯は出すというスタンスです」(ツカーサさん)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」