たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ(1/3 ページ)

笑って戦慄してワクワクして感動できる体感型ムービー。

» 2023年06月23日 18時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]

 人気劇団「ヨーロッパ企画」制作のオリジナル長編「リバー、流れないでよ」が6月23日より公開されている。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ 「リバー、流れないでよ」 2023年6月23日(金) 全国順次ロードショー! (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 本作は、コロナ禍での小規模の劇場公開ながら絶賛の口コミが続々と寄せられた映画「ドロステのはてで僕ら」(2020年公開)に続く、映画第2弾。結論から申し上げておくと、本作は前作「ドロステのはてで僕ら」の魅力を受け継ぎつつ、かつ二番煎じにもしない、「めっちゃ面白い映画を作ってやる!」な気概に溢れてまくった1本となっており、心から称賛せざるを得ない老若男女に大プッシュでおすすめしたい作品に仕上がっている。

 予備知識ゼロでいきなり見ても、86分の上映時間中ずっと超面白いはず。上映劇場は現時点で全国20館と決して多くはないが、スクリーンで観客と気持ちを共有してこその感動もあることも間違いないので、ぜひチェックしてほしい。決定的なネタバレにならない範囲で、さらなる魅力を記していこう。

「リバー、流れないでよ」本予告

たった2分間のタイムループが延々と繰り返される

 舞台は冬の京都・貴船。老舗料理旅館「ふじや」で働く仲居のミコトは、別館裏の貴船川のほとりに佇んでいたところを女将に呼ばれ仕事へと戻るものの、その2分後になぜか再び貴船川の前にいた。実はミコトだけでなく、番頭や料理人、宿泊客も含めてタイムループをしており、誰も彼もが何をどうしようとも、必ず2分前に戻ってしまうのだった。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 そう、本作は「たった2分スパンのタイムループもの」である。2分が経過すると、記憶を保持したまま、必ず元いた場所へと戻ってしまうし、何かを試みようとしても全てがリセットされてしまう。お酒は“熱燗”にできず“ぬる燗”のまま提供するしかないし、雑炊はいくら食べてもなくならないので飽きるし、原稿はどんなに書き進めたところで完成できないのだった。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 世にある「タイムループもの」の映画や小説では、おおむね数時間または1日スパンでループをすることが多く、2022年公開の「MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない」に至っては1週間という、それはそれでしんどすぎる長いスパンのループが描かれていた。そして、この「リバー、流れないでよ」はそのジャンルでも最短クラスのループだからこそ、さらなる過酷さを描くことに成功している。

 その理由は、言うまでもないことだが「2分間できることなどごくごく限られている」からだ。風呂場にいる編集者は満足に服を着ることができず裸同然で出てくるしかないし、誰かが余計なことを言うなどしてタイムロスをするとまたやり直し。さらには、全員が“初期位置”に毎回戻ってしまうので、遠い部屋に行くだけでも毎回のロスになってしまい、それ以上の遠い場所に行くことはそもそも不可能。「もう! こんなの! 何もできねぇよ!」と映画を見ているこちらも絶望的な気持ちになってくるのだ。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

完全リアルタイム制「時の牢獄」だからこその体感ムービー

 もちろん、映画の登場人物たちが絶望したまま終わるわけがなく、彼らはこの不可解なタイムループの謎を解こうとする。例えば、どこまでの範囲でタイムループが起きているのか、今できる最善の手段は何なのか、そもそもこの現象が起きた理由は何かなど、2分間で繰り返す「時の牢獄」の中でもなんとか「作戦会議」を決行するのだ。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023

 そのミステリー的な謎解きの手順や検証にワクワクするわけだが、さらに特筆すべきは「リアルタイム進行」であること。カメラは2分間のタイムループの間は主人公のミコトを中心に追い続けており、カットがかかるのは時間がリセットされた瞬間に限られている。例えば、劇中でループが10回行われれば、映画もちょうど20分進んでいるということである。

たった2分スパンのタイムループ映画「リバー、流れないでよ」レビュー ガチのリアルタイム制「時の牢獄」の面白さ (C)ヨーロッパ企画/トリウッド2023
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/25/news023.jpg 小1息子「からあげって書いてある」→視線の先には…… 爆笑の珍回答が540万再生「かわいいから正解にしちゃおう」「オチwww」
  2. /nl/articles/2406/25/news174.jpg かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  3. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  4. /nl/articles/2406/25/news021.jpg 0歳赤ちゃんと2歳兄、“世界一かわいい兄弟げんか”がはじまったワケは…… 必死な兄の姿に「笑っちゃった」「たまらんです」
  5. /nl/articles/2406/24/news128.jpg 現存するの……!? 実家で見つけたティッシュ → 書かれていた“まさかの文字”に驚がく レアすぎる品に「すごっ」「もう27年か」
  6. /nl/articles/2406/25/news047.jpg 「美しすぎる文章」 90歳の祖母から届く小説のような手紙に反響 「素敵なおばあさま」「こんな文が書きたい」
  7. /nl/articles/2406/25/news121.jpg 44歳・遠野なぎこ「エヘッ お手て繋いでテクテク」 友人と連日外食→距離感問うSNSコメントにピシャリ「即ブロックしますからね」
  8. /nl/articles/2406/24/news137.jpg 「そうはならんやろ」 洗濯機で洗ってしまった“まさかのお菓子” → 衝撃の光景に6万いいね 「やばすぎw」「驚きの白さ」
  9. /nl/articles/2406/25/news032.jpg 大切なランプを壊してしまった妻 片付ける夫に「どうしてイライラしないの?」と聞くと…… 25万いいねを集めた回答がすてき【海外】
  10. /nl/articles/2406/25/news030.jpg 学校に行かせてもらえない娘の“絶望的状況”に「まさにトラップ」「家で自習ですね」 行く手を遮る正体に同情の声続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  4. 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  5. 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  6. いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  8. 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  9. 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  10. 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」