科博のウラ側レポート

国立科学博物館「筑波研究施設」で解剖の現場に立ち会ったり、大迫力の標本の山々に驚かされたり、実際に施設で研究をしている先生の生きものへの思いに感動したり……。2018年9月4日から開催される企画展「標本づくりの技(ワザ) −職人たちが支える科博−」をますます楽しめる、貴重な研究施設の“ウラ側”をお届け!

さまざまな人の思いや技(ワザ)が吹き込まれた博物館の命である標本の一つ「剥製」が保管されている部屋を見てきました。

【あだちまる子 , ねとらぼ】()

解剖は未来の命をつなげる大切な作業。

【あだちまる子 , ねとらぼ】()