ニュース
» 2017年05月11日 22時35分 UPDATE

神戸大学事務職員が事務室内でアダルトサイト閲覧し停職2カ月処分 1年間で約150時間

50歳代の男性職員でした。

[ねとらぼ]

 神戸大学は、障害者雇用促進室の主任を勤める職員が業務上使用しているPCを使用してアダルトサイトを閲覧していたとして、この職員を停職2カ月の懲戒処分にしたと発表しました。アダルトサイトの閲覧時間は、勤務時間の内外を合わせ1年間で約150時間(勤務時間内に限ると120時間)だったそうです。


神戸大学 アダルトサイト閲覧 概要(神戸大学より)

 発表によるとこの職員は昭和56年(1981年)に採用された50歳代男性。事務室内でアダルトサイトを閲覧しているという連絡が学内関係者から12月上旬に寄せられ、調査委員会を設置し事実関係の聞き取りを行ったところ、職務に関係のないアダルトサイトを閲覧していたことが判明したとのこと。

 同大学の水谷文俊理事・副学長は談話の中で「職員の非違行為に対しまして、これまでも厳正に対処してきたところでございますが、今後も今まで以上に不祥事の再発を防止するため、職員の服務規律の確保に一層努めてまいります」と語っています


神戸大学 アダルトサイト閲覧 副学長の談話(神戸大学より)

関連キーワード

神戸大学 | 大学 | 処分


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー