レビュー
» 2005年02月02日 12時37分 公開

3画面マルチ環境の「GT4」で感じる次世代ゲームの方向性ゲームレビュー(1/5 ページ)

ゲームの質だけでなく、PS2の能力を活かした機能が詰め込まれた最新ドライブシミュレータ「グランツーリスモ4(以下GT4)」。今回は、その機能の中でも最も環境構築が難しいマルチモニタプレイを検証してみた。

[小林仁,ITmedia]

 その圧倒的な質感とボリュームにより、他の追随を許さないコンシューマ系リアルドライビングゲームの代表格が「GT=グランツーリスモ」シリーズであることに異論を挟む者はいないだろう。

 ドライブ(レース)ゲームは長年にわたり根強い人気を誇るジャンルのひとつだが、ここ近年は自由度の高い世界観でプレイヤーを圧倒した「GTA(グランド・セフト・オート)」シリーズ、爽快感を追求した「バーンアウト3」をはじめ、リアル性よりもゲーム性を重視して成功した海外作品が増えている。

 しかし、こうしたトレンドもまた、その対極とも言えるリアル性・シミュレータ性重視のドライブゲームの頂点側に「GT」シリーズがいるからこそ……といえる。


 さて、そのシリーズ最新作となる「GT4」だが、そのシミュレータ精度の格段な進化、B-specモードやPhotoモードの搭載をはじめゲーム的に見て語るべきところは数多い。だが、今回はあえてそのなかからGT4における「マルチディスプレイ環境によるドライビングプレイ」について取り上げてみたいと思う。

 実は、GT4は複数のPS2をネットワークでリンクさせることで、最大6台のPS2による通信対戦や最大6画面のマルチモニタプレイが可能になる機能がデフォルトで用意されている。この機能自体はマニュアルにも書いてあるし、前作「GT3」にも実装されている機能のため目新しいニュースではない。が、GT3ではi.LINKを使った(ある意味特殊な)通信方法だったのに対し、GT4ではLANを使ったネットワークに変更されかなりお手軽にマルチモニタ環境を構築できるようになった。そこで今回は、その通信環境構築の方法からレクチャーしていくことにしよう。

「マルチモニタプレイ」に必要な機材とは

 前項で述べたようにGT4では、合計6台のPS2をネットワーク接続可能な仕様になっている。マルチモニタ時の画面は従来のゲーム画面を中心に「左側面」と「右側面」、さらにその3画面の上に位置する「左上」「上」「右上」に追加できる。マルチモニタプレイに限って言えば、3台でも十分だろう。

 これは、上部の3画面は実際のクルマでもルーフ部分=見えない部分にあたるため、あまりドライビング時に必要な情報ではないからだ。もちろんニューヨークなどの高層ビルがそびえたつ場所では高さの演出が加わり臨場感は確かに増すが、パーマネントサーキットでは空が映し出されるだけのディスプレイとなってしまう。なので、マルチモニタの効果を体験するには「とにかく3台のPS2をリンクさせる」ことが肝要となる。必要な機材は、以下の通り。

1ネットワークアダプターを備えたPS2×3台
2PS2用ソフト「GT4」×3本
3PS2専用メモリーカード×3個
4イーサネット スイッチングハブ(3〜6ポート)×1台
5LANケーブル(ストレートタイプ)×3本
6TV(PS2接続用のAVケーブル含む)×3台
7GT FORCE Pro、ドルビープロロジックII 対応ヘッドホン

「ネットワークアダプターを備えたPS2」とは、イーサネットを備えたポートを装備したPS2のこと。最も普及しているタイプのPS2(型番:SCPH-30000〜50000番台)の場合は本体背面の拡張ベイに、また初期タイプのPS2(初代〜3代目までの型番SCPH-10000番台)の場合は背面のPCカードスロットに「専用ネットワークアダプター(価格約4000円)」を差す必要がある。なおPlayStation BB Unitを持っている人は本アダプターが装着済みなので買い増しする必要はない。薄型モデルの新型PS2(型番:SCPH-70000)では標準搭載されているので、今からそろえるなら薄型PS2のほうが断然おトクだ
GT4のソフトは3本用意しなければならない。また各PS2に対してネットワークの設定データを個々にセーブする必要があるため、メモリーカードも3枚必要となる
イーサネットスイッチングハブは当然3ポート以上のものを。100Mbps以上の通信速度に対応した機器が推奨されているが、いまや5ポート、8ポートで10/100Base-Tのスイッチングハブは3000円代でも買うことができる。LANケーブルはPS2同士を直接つなぐ2台リンクの場合はクロスタイプ、それ以上はストレートタイプを用意してハブに接続する、というルールはPC環境と同じ

ポイントとなるのはディスプレイ選び

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved.
Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」