3画面マルチ環境の「GT4」で感じる次世代ゲームの方向性ゲームレビュー(2/5 ページ)

» 2005年02月02日 12時37分 公開
[小林仁,ITmedia]

ポイントとなるのはディスプレイ選び

 今回の環境構築でポイントとなるのは、間違いなくディスプレイ選びになる。隣り合う画面がシームレスにつながっているように感じないとマルチモニタ(トリプルディスプレイ)の効果が半減してしまうので、同インチのモニタを用意する必要がある。

 注意したいのは、スタンダードサイズ(4:3)とワイドサイズ(16:9)のディスプレイを混成させると「左右の位置が同期しなくなってしまう」ことだ。「GT4」のマルチモニタは上下左右のベゼル幅を”ゼロ”とみなしてサブ画面の表示位置がスタンダード、ワイドそれぞれに固定されている。テレビディスプレイを3台そろえる時は必ず全部同じ画面サイズにし、かつできるだけ左右のベゼル幅が短いタイプを選択したい。

 ベストなディスプレイ環境はベゼル幅が短い液晶TVを3台横にそろえることだが、さすがに今回はそこまで追求できなかった(無念)。14インチクラスの安物TVならお手軽に3台そろえられるが、迫力を確保するためにもある程度の画面サイズは必要。なので、今回は20インチのワイドTVを3台用意した。

 TV同士を並べて置いた時のベゼル幅は約5cm。オプションの画面設定で上下左右位置を調整し、ベゼル幅が生む画面位置の感覚的なズレを適正にするとクルマのAピラーとほぼ同じ感覚になり、違和感のないシームレスなマルチディスプレイ環境が構築できた。最後に、画面のコントラスト・色みの合わせ調整をすれば準備はOKだ。

これは大人買い? はたして気になるお値段は?

 さて、ここまで環境を構築したら、インタフェースまわりもしっかりしたものが欲しくなるのは当然の流れ。フォースフィードバック機能搭載ステアリングコントローラ「GT FORCE Pro」は必須として、今回はドルビープロロジックII 対応のサラウンドヘッドフォン(今回はパイオニア「SE-DIR1000C」もそろえた。

 さらにオプションとしてドライブゲーム用のコックピットも数種類用意されているが、今回はディスプレイ3台の設置面積の関係上パス。しかしここまで徹底した追加オプションがすでにそろっているところが、ドライブゲームというジャンルの奥深さかもしれない。

 ひと通り用意してみたところで気になるのが、全セットの合計総額である。今から新規でそろえる場合は、マルチモニタ基本セットの導入費としてGT4が同梱された新型PS2「”PlayStation2”レーシングパック(24990円)」とメモリーカード(約2000円)×3セット、さらにハブ、LANケーブルでだいたい9万円弱の出費となる。

 悩みどころになるのは、ディスプレイだ。安くそろえれば3万円台×3、中堅クラスなら7〜9万円台×3、上を見ればプロジェクターを3台稼動させて100インチワイド×3というシネラマ環境も構築できてしまう……とキリがない。

 なお今月号の「ドリマガ」誌で、ポリフォニー・デジタル代表の山内一典氏は現状でのベストバイモニタとしてNEC三菱電機ビジュラルシステムズ社製の「VISEO MDT191S(実売価格10万円)」をお勧めしていた。つまり9万+10万×3=約40万円。ハンドルコントローラやホームシアター環境まで考えると50万円弱となる。これを安いと見るか高いと見るかは人それぞれ、というかどう考えても高い。が、そこまでして得られるゲーム体験がどれだけ凄まじいものになるか……は後で述べたい。

複数台のPS2ネットワークを成功させるためのコツ

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved.
Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」