3画面マルチ環境の「GT4」で感じる次世代ゲームの方向性ゲームレビュー(4/5 ページ)

» 2005年02月02日 12時37分 公開
[小林仁,ITmedia]

アスペクト比はなんと1:5.3! その凄まじい臨場感

 こうしてついに3台のマルチワイドモニタが実現できた。そのドライビング感覚はと言えば、もう写真を見てもらえばわかるように「強烈」の一言だ。GT4は画面全体をスクゥィーズすることでワイド画面に対応しており、通常ならこれでも臨場感のあるドライビングを楽しむことができる。が、このスタンダードサイズの4倍にもなる画面情報量が生むプレイ感覚を味わうと「今まで自分が体験していたドライビングゲームとは何だったのか」とカルチャーショックを受けるだろう。

これが画面の縦横比率で見る情報量の違い。上からスタンダード(4:3)、ワイド(16:9)、スタンダードマルチ(12:3=4:1)、ワイドマルチ(48:9=16:3)。スタンダードとワイドマルチを比べると、画面から得られる情報量は4倍もの差があることがわかる

 一般に人間の視野角は左右方向に110度、左右合わせると150度前後が限界と言われているが、このワイドマルチはその人間の肉眼で限界を超える150度を超えて160度近くまで視野が確保されてしまう。一見、無駄に思えるが、ここまで広がると実際のクルマとほぼ同じ視野角」となり、今まで見えなかったコースの先が見渡せるため、結果的にドライビングしやすくなることに気付くだろう。

 人間はクルマを運転している時、目に見える全体の雰囲気を見て曲がる場所を確認し、距離や位置関係を補正している。マルチモニタ環境を体験すると、このちょっとした“リッチな情報”がドライビングの質に大きな影響を及ぼす。

 実際にクルマを運転したことがある人なら分かると思うが、シケインや大きなRがついたカーブを曲がる時、人は自然と自分が進む先の状況を知ろうと、無意識にフロントウインドーより左右に位置するサイドウインドーから見える風景に焦点を合わせることがある。通常のプレイでは視野の左右にぼんやり見えているにすぎない背景も、状況によって人間は利用しているわけだ。

マルチモニタプレイでは、カメラビューの切り替えで見られる全体視点の印象がまったく変わってしまう。こちらはアマルフィ・サーキット後半のヘアピンコーナーの一場面だが、実際のクルマ視点に一番近いのはボンネットビューであることが分かるだろう。3画面になるとコース全体のRや高低差がよく分かるだけでなく、通常は見切れてしまっている観客達の動き、また周囲の風景まで写し出され迫力あるドライビング体験を得られる。なお画面の左右は真横の視点に近くなりパースがかかるので、左右のモニタは並行に並べるよりやや中央側に傾けドライバーを包み込むように設置するといいだろう
今年オープンする富士サーキット2005Fのマルチモニタプレイの一場面。人間の視野角を超える表示が行なわれるワイドマルチ画面だが、右→左に折れ曲がる直角のこのシケイン手前では中央モニタに映し出された右コーナーのクリッピングポイントと、右モニタに映る左コーナーの位置関係がドライバーが必要とする情報になる。実際にこの場所を3画面でドライブすると、最初のコーナーに差し掛かるポイントで次のコーナーの体制を整えるために目線が明らかに右モニタ側に寄る=必要な画面情報は右モニタ側にもあることに気付いてしまうはずだ
マルチモニタプレイで真価を発揮するのは、ミューの低いオフロード走行だろう。180度ヘアピンなどでは車体を真横に傾けながらコースにドリフト進入することもあるため、モニタ1画面だとコース全体が見切れてしまい状況把握がしづらいことがよく分かる。路面の片側が絶壁となるこのグランドキャニオンでは、谷底との距離感がつかめるマルチモニタでなければ真の自然の雄大さが分からない

リッチな画面情報が生み出す強烈なゲーム体験

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved.
Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」