3画面マルチ環境の「GT4」で感じる次世代ゲームの方向性ゲームレビュー(5/5 ページ)

» 2005年02月02日 12時37分 公開
[小林仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

リッチな画面情報が生み出す強烈なゲーム体験

リプレイ画面のダイブモードも驚異の臨場感。写真では細長すぎてその迫力が伝わりにくいが、リアルで見ると通常のワイドテレビ3台ぶんに映し出されているため「今まで見たことがないインタラクティブな映像」として見たものを釘付けにさせる。映画で最も横長サイズであるシネラマもかなわないほどの迫力だ

 さすがにこのマルチモニタ環境下のGT4という強烈に贅沢な環境を実現できる人はまだそう多くないと思う。が、それでも今回の体験で期待できることがある。それは、次世代のテレビゲームはファミコンが登場して20年以来の大きな「ゲームプレイ体験の質的変換」が近い将来起きる可能性があるということだ。

 その理由は、テレビ業界のフォーマットがここ10年で一気に新しく塗り替えられるからである。日本国内では1953年から開始された従来テレビの解像度はインターレース表示で640×480ピクセル表示(もちろん実解像度はさらに低い)が限界だったが、今後切り替わるHDTVの場合はインターレース表示の1920×1080ピクセル(1080i)。その情報量は6倍以上にも跳ね上がる。

 これはただ画面が綺麗になるというレベルの話ではなく、今回のマルチワイド画面の解像度640×3=1920ピクセルの表現が生む左右方向への広がりをもフォローできてしまうことを意味する。

 ちなみに、すでにMicrosoftのビル・ゲイツ会長は、Xbox後継機で「HD(高品位画質)の出力機能を備え、すべてのソフトをHD対応にする」とアナウンスしている。このことからも、次世代ゲーム機は(そしてその対応ソフトも)まず間違いなく全機種HD対応化されるはずだ。

 もちろんXbox2、PS3(という名前になるであろう)をはじめとした新型ゲーム機の世代は、現行テレビとHDが共存するためゲーム環境が一変するわけでははない。

 しかし、いずれ固定ピクセル化が進みプログレッシブ表示の1920×1080ピクセル(1080p)が主流になるであろう将来のフルHDTVに対応する次々世代ゲーム機は、間違いなく今回の「マルチワイド環境のGT4」と同じクオリティのゲームがデフォルトで遊べる時代になる。テレビゲームのHD化はただ画面が「よりリアルに美しくなる」という単純な意味ではなく、明らかに従来と異なるゲーム体験を約束してくれるはずだ。

 最後に、今回のようなモードを実験的に用意していることからもわかるようにGTの開発スタッフ達は間違いなく「未来のゲーム像」を見据えて数々のトライアルを行なっている。今まで国内外から多くの「ポストGT」を狙う作品がリリースされているが、そうしたライバル勢を真っ向に受けながらヒト・モノ・カネを一点に注ぎ込んでいるからこそ、全世界で戦える一線級の日本産ソフトが誕生しているのだ……ということを知りながら遊ぶとGTシリーズの凄さが改めて実感できるはずだ。


 とまあ将来的なゲーム像を最後に語ってみたが、実際にこれらを手軽に体験するにはまだまだ時間はかかるだろう。しかし、アーケードゲームの世界ではすでに「F355 Challenge」をはじめ3画面モニタを使ったドライビングゲーム作品がいくつかあるものの、これだけの環境をいま40万円で手に入れることができてしまうというのはある意味”破格”である。

 GT4にはさまざまなクルマの遊び方が詰め込まれているが、もし「ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットを走り込むための特訓用シミュレータ」として楽しめる人ならば、今あえてこのマルチモニタ環境をそろえてみるのも悪くない。

F1GPの舞台として知られるモナコ公国コート・ダジュールのリプレイ画面(上は全景、下はそのアップ)。スタンドを埋め尽くす観客がいるホームストレートから急勾配が続くコースのアップダウンが判別できるだけでなく、モナコの美しい景観が3画面ワイドでしか味わえないことがよくわかるだろう。ホームシアター環境における大画面ワイドとはまったく違った”異次元のプレイ感覚”が得られるこの究極の環境。「TVゲームの進化」を考えるうえで機会があればぜひ体験してほしいもののひとつだ
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
All manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved.
Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  3. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  4. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  5. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」