レビュー
» 2005年10月28日 18時40分 公開

党対抗トーナメントに参戦!!――迫真のPvPリポートグラナド・エスパダβテストレビュー(1/6 ページ)

ハンビットユビキタスエンターテインメントの運営するMMORPG「グラナド・エスパダ」が、10月19日から23日までの間、第2次クローズドβテスト「Alliance」を行った。前回に引き続き、グラナド・エスパダのβテストの模様をお届けしよう。

[角田氷,ITmedia]

 2005年7月にクローズドβテスト「Primero」を終えたハンビットユビキタスエンターテインメントが運営するMMORPG「グラナド・エスパダ」だが、10月19日から23日までの間、第2次クローズドβテスト「Alliance」を行った。前回のPrimeroは負荷テストを目的としていたため、βテストの日程は3日と異例の短さであったが、今回は「党システム」の導入と、党同士の対決が可能なトーナメント戦に重点を置いたテストである。そのためキャラクターの育成期間に余裕をもたせた5日間の日程となっていた。なお、党とは一般的なMMORPGにおける「ギルド」とほぼ同じ働きをする存在のことである。

 今回トーナメントに出場した全16党のうち4党は、各メディアが誌面・Webサイト上でメンバーを募集して結成されたもので、残りは一般テスターによって結成された党だ。テスター専用ページには一般テスターも気軽に参加できる「ランダム結党枠」募集なども行われており、筆者はこのうち「Artista党」に参加しPvPを体験してきた。もちろん新マップと新ダンジョンや、注目のAI機能実装など詳細リポートも後半でお伝えするが、まずは白熱したトーナメントの様子から見ていただきたい。

画像 トーナメント表

 βテストの主役とも言える党対抗のトーナメント試合は、20日から練習試合を行い、トーナメント戦としては22日から1回戦が、23日最終日には2回戦から決勝戦までが一気に行われた。22日は、1回戦開始の時間まで党首同士の間で合意すれば、いつでも模擬戦が可能となっており、戦略を練るためと相手の実力を推し量る目的で模擬戦を申し込む党は多く、頻繁に試合のログが流れていた。また、なかなか模擬戦を申し込めない党首がいることも予想したのか、運営側スタッフが結成した「HUE党」がランダムに相手を選び、練習相手を申し出るという気遣いもされていた。

 党参加が認められた時点でこちらのキャラクターはLv12前後だが、メンバーのほとんどはLv20台半ば以降と差が開いてしまい、慌てて試合までキャラ育成に心血を注ぐはめに。グラナド・エスパダ初のPvPシステムということもあり、どのキャラクターが、どういった構成が対人戦に有利なのかは誰にも分からない。情報の面では全員が公平な分、キャラのレベルと現場での判断だけが勝敗を決めるまさに実力主義の戦いだと言える。

画像 試合開始のお知らせとその結果アナウンスは、システムログとして流れるので、誰でも知ることができる

模擬戦だけでも十分伝わる、熱くそして華やかな戦い

 前置きはこれぐらいにして、肝心の試合内容についてお伝えしよう。党対抗PvPが行われるのは特設マップ「リバティーコロシアム」で、試合時以外の立ち入りは不可能。試合開始10秒前には対戦する2つの党名をアナウンスし、該当する党のキャラクターはどこで何をしていようが試合会場に自動転送され、そのまますぐに試合開始となる。

 リバティーコロシアムほぼ左右対称な十字マップで、両端にある各党の本拠地から基本的にスタートする。勝利条件は以下の4つ。

  1. 相手チームの殲滅
  2. 相手チームの本拠地を占領
  3. コロニーを全て制圧
  4. 終了時、相手より多くのキャラクターが生存

 3つめの「コロニー」とは、マップ内に5つある特殊なポイントのことで、コロニーの中心に党員が触れると“制圧”したことになる。一度触れるだけで良く、その場にずっと立ち尽くす必要はない。ただし、敵の党員が触れなおせば相手側が制圧したことになってしまうため、コロニーを巡っての戦闘は当然行われる。コロニーの制圧は単なる勝利条件として設けられているわけではない。各コロニーにはメンバー全員に対して最大HPや攻撃力の増加といったメリットがあり、たとえすべてを制圧できなくても戦闘を有利に運ぶことが可能になるわけだ。

 ただし、このリバティーコロシアムは見た目より広く、点在するコロニーを巡るのは足が遅いキャラクターの場合は困難を伴う。また、コロニー制圧に夢中になりすぎて本拠地をお留守にすれば、その間に乗り込まれてあっというまにゲームオーバーになる可能性もある。どれだけのメンバーを本拠地に残すか、あるいは全員で一気に相手本拠地に攻め込み力技で占領を目指すか、はたまた足の速いキャラを使って全コロニーの制圧を狙うのか……。互いの党首の判断が裏目にでるかどうかの心理戦は毎回緊張させられた。

画像 これがリバティーコロシアムの全体図。赤丸と青丸が各当の本拠地を示し、1〜5番の白丸がコロニーである
画像 こちらはコロシアム全体を見下ろした、実際の画像だ。画面奥に見えるのが党の本拠地で、真ん中の円形部分は最大HP75%増加ボーナスを得られる中央コロニーである。
画像 党本拠地はこんな感じ。自動転送されたキャラクター達は、だいたい階段下あたりに現れる
画像 試合開始と同時に、各コロニーに灯がともる。これは中央コロニーで、4つの金属製オブジェクトはただの飾りではなく、コロニーに近づく者は無差別に攻撃してくる。HPに自信があれば、オブジェクトをわざわざ破壊しなくても中央に触れ、そのまま走り抜けてもよい
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい