特集
» 2008年09月19日 16時31分 公開

オンラインゲームに潜む影――あなたのキャラクターは大丈夫?(後編)(2/2 ページ)

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2       

まずは自分のPC環境を見直して、セキュリティの向上を

 キーボードの入力内容を定期的に外部に送信し、IDやパスワードを盗み取る「キーロガー」やPCを外部から勝手に操作できるようにする「バックドア」といったマルウェアのほとんどはセキュリティソフトでシャットアウトできる。

 現在流通しているさまざまなセキュリティソフトを表にしたので、まだセキュリティソフトを導入していない人はこちらを参考にしていただきたい。

  • 「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」(シマンテック/6825円から):新種のウイルスや侵入手法に対応するための定義ファイルの更新など、毎日のアップデートを自動的にインストール。ハードディスク上にある不要なファイルを定期的に消去する機能やハードディスクの中身を自動的にバックアップし、必要な時にはワンクリックで復元できる機能など、普段のPC使用時に便利な機能が充実している。
  • 「マカフィー・インターネットセキュリティスイートwith サイトアドバイザ」(マカフィー/5775円から):新種のウイルスや侵入手法に対応するための定義ファイルの更新など毎日のアップデートを自動的にインストール。ハードディスク上にある不要なファイルを定期的に消去する機能やハードディスクの中身を自動的にバックアップし、必要な時にはワンクリックで復元できる機能を搭載している。
  • 「ウイルスバスター 2009」(トレンドマイクロ/4980円から):パスワードのキー入力を暗号化する機能やインターネット経由の侵入をブロックする機能はもちろん、小さい子がアクセスできるWebサイト・インターネットの利用時間や曜日を設定可能。上位パッケージにはクレジットカードの不正使用を最高100万円まで保証、パソコン関係のトラブルの無料電話サポートサービスが付属している。
  • 「Kaspersky Internet Security 7.0」(ジャストシステム/4914円から):元KGBの暗号解析部隊に所属していたカスペルスキー氏率いる研究所が作り上げたロシアのセキュリティソフト。世界最高峰の検知能力を誇るとされ、ウイルス発見からワクチンの配信までの平均時間は約1時間半。フィッシングサイトリストと照合し、疑わしいサイトへのアクセスを禁止する機能やデータを保護する機能などが搭載されている。
  • 「Windows Live OneCare」(マイクロソフト/5775円から):マイクロソフトが提供する常時稼働のPCケアサービス。システムトレイアイコンにPCのセキュリティがきちんと設定されているか、緑黄赤の3色で知らせてくれる。セキュリティ機能だけでなく、6時間ごとにPCのチューンアップを行い、問題が発生する前によくある問題を検知して修正する機能も用意されている。
※価格はすべて税込みです。

 上記で紹介したこれらのセキュリティソフトは、いずれも試用期間が限られたお試し版が配信されているので、実際にインストールして自分のPCで動作を確認してみるといいだろう。もちろん継続して使用するにはお金がかかるが、「自分だけは大丈夫だから、セキュリティソフトなんかいらない」などと考えずに、アカウントハックによる被害を未然に防ぐ設備投資だと考えたい。手塩にかけて育てた自分のキャラクターが失われしまってからでは遅いのだから。

セキュリティソフトによっては複数のライセンスが付与しているものもあるので、自分の所有PCの台数に合わせて検討を

他人事ではないアカウントハックの恐怖、あなたは対策してますか?

 このところ、多発するアカウントハックの被害に対して、オンラインゲームメーカーも力を入れるようになってきたが、犯人や被害状況を特定することが難しく、被害者のキャラクターデータの復旧にも時間がかかってしまっているのが現状だ。

 また、近年では1つのアカウント、パスワードで複数のサービスが利用可能になるシステムが普及しつつある。これはメールやインスタントメッセンジャーのアカウントだけではなく、クレジットカードなどの重要な情報と紐付けられているサイトも1つのアカウントでログインやサービスを利用できるようになるもので、ユーザーが管理するIDやパスワードが1つになるというメリットの反面、1つのアカウントがアカウントハックによって漏洩してしまうと、そのIDで利用できるすべてのサービスが他人の手に渡ってしまうことになる。

 アカウントハックの被害にあわないようにするには、何度も繰り返すが、やはり怪しいサイトにアクセスしない、パスワードをメモに書いてPCの近くに放置しない、定期的にパスワードを変更するといった日々の心がけが重要になってくる。

 今までPCのセキュリティを心がけている人はもちろんより一層の注意を、オンラインセキュリティに対する考えを軽んじていた人はこれを機にぜひPCのセキュリティを見直していただきたい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」