連載
» 2008年11月18日 12時00分 公開

アニメ化も納得の面白さ。萌えの詰まった原作ライトノベルを堪能しよう!今日は何の日? 萌え曜日!

原作がライトノベルのアニメ3作品が現在好評放送中ですが、アニメ化するくらいなんだから原作も面白いはず! ということで、原作であるライトノベル作品の魅力をご紹介します。

[雛見沢秀一,ITmedia]

好評放送中のアニメを活字で楽しむべし

 「とある魔術の禁書目録」「とらドラ!」「まじしゃんず・あかでみい」と、ライトノベル原作のアニメが放送されていますが、とらドラ!がイチオシの雛見沢です、こんにちは。

 どの作品も好調のようですが、アニメから入ったファンにとっては、原作は面白いの? と感じる人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、今回は原作であるライトノベルや派生作品をご紹介します。

●「とある魔術の禁書目録」

photo 「とある魔術の禁書目録」
著者:鎌池和馬
イラスト:灰村キヨタカ発行:アスキー・メディアワークス刊
シリーズ:1〜16巻(連載中)が発売中

 舞台は科学の力によって超能力の開発が進む学園都市。“異能の力を打ち消す”能力を持つ主人公・上条当麻は、自宅のベランダに倒れていた謎の少女・インデックスを保護する。“自分は魔術師に追われている”と訴えるインデックスだが、超能力を一般科学として認知するこの世界に“魔術師がいる”というオカルト話を信じきれない当麻。しかし、彼の前にその話題の魔術師2人が現れて……?

 オススメポイントは、科学と魔術の要素を取り入れた迫力のバトルシーン。電磁力の原理を利用してコインを音速の3倍で撃ち出す電撃使いや、摂氏3000度の炎の巨人を操る魔術師たちが、熱い戦いを繰り広げます。原作の小説が16巻、短編集が2巻、原作に準じたコミックスが3巻、外伝を描いたコミックスが2巻、オリジナルシナリオを描いたドラマCDと、さまざまなメディアミックスを果たしている人気作品。ファンにとってアニメ化は“ついに”という気持ちが強い。


●「とらドラ!」

photo 「とらドラ!」
著者:竹宮ゆゆこ
イラスト:ヤス
レーベル:電撃文庫
発行:アスキー・メディアワークス刊
シリーズ:1〜9巻発売中

 眼つきの鋭さゆえに不良と勘違いされやすい平和主義者な主人公・高須竜児は、高校2年生へと進級し、憧れの女の子・櫛枝実乃梨と同じクラスになることを喜んでいた。一方、実乃梨の親友であり、身体は小さいがすぐに噛みつく凶暴性は虎そのものであるヒロイン・逢坂大河は、竜児の親友である北村祐作のカバンにラブレターを入れるが……。竜児と大河、ひょんなことからお互いがお互いの親友への好意に気づき、2人の恋の共同戦線が始まる!

 本作を読む上で注目したいのが、主人公・竜児とヒロイン・大河の、互いに相手の恋路を応援する関係性。恋に焦がれる女の子が一喜一憂する姿に、萌えない男子はいないはず! そして、人気イラストレーター・ヤス氏が描く、萌え萌えでキュートなキャラクターたちの挿絵が楽しめるのも、原作ライトノベルならでは。


●「まじしゃんず・あかでみい」

photo 「まじしゃんず・あかでみい」
著者:榊一郎
イラスト:BLADE
レーベル:ファミ通文庫
発行:エンターブレイン刊
シリーズ:全1〜9巻発売中

 主人公・羽瀬川拓人は、一見して普通の男子高校生に見えるが、実際は隠された世界にある魔法使いたちの学園“マジシャンズ・アカデミイ”に密かに通う、半人前の魔法使い候補生。そんな彼が召喚実技の追試で呼び出したのは、なんと一夜にして一国を滅ぼす力を持つケモノ耳の美少女魔神・タナロットだった! 規格外の力を持つ魔神を呼び出したことで、神界、魔界を巻き込んだ一大騒動の幕が開く。

 アニメ版は「まかでみ・WAっしょい!」というタイトルで現在放送中の本作。強烈な個性を放つキャラクターたちが登場する本作では、お祭りのごとくハイテンションな展開が楽しめます。全9巻で終了しており、番外編の「まかでみ・らでぃかる」や、続編として「まかでみ・えくすぺりめんと」が発売されています。



 紹介した3作品を見てみると、どの作品も魅力的な設定、キャラクターで楽しませてくれる作品がそろっています。文章で表現されるインデックスや大河たちによって想像力をかきたてさせられ、時には絵で見るよりも感情を高ぶらせてくれます。アニメを見て気になった人は、イメージを頭に抱きつつ、原作を読んでみるのも面白いかもしれません。

 また、コミックやドラマCDなどのメディアミックスを経てからアニメ化されることが多いライトノベル。次回は、雛見沢が独断と偏見で選ぶアニメ化するライトノベルを大予想します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声