連載
» 2008年12月03日 00時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:小浜良いとこ「アメリカ大統領選挙」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

小浜市の魅力的な風景

 小浜の漁港近くにある若狭フィッシャーマンズワーフには、団体・ツアーの観光客が大勢いて、大型バスが何台も止まっていた。ここからは蘇洞門(そとも)という、6キロにわたって続く断崖絶壁の、景観を見られる遊覧船が出ている(時間が合わなくて私は行けなかった)。

photo 御食国若狭おばま食文化館。5日は地元の人々と各マスメディアがここに集まって、開票速報を見つめていた

 御食国(みけつくに)若狭おばま食文化館は、小浜の食べ物に関するミュージアム。小浜が、朝廷に食物を納めてきた「御食国」であり、鯖街道の起点でもあり、北前船の寄港地でもあったことが解説されている。蒸しカレイ作りの様子を再現したジオラマや、小浜藩医だった杉田玄白が提唱した「養生七不可」、そして「ちりとてちん」のセットも展示。また地元の伝統工芸品、特に塗り箸について詳しく解説されていた。

 いづみ町というアーケード街には今でも魚屋が多いが、ここは江戸時代初期から魚の問屋や仲買人が集まり、京都へ向かう鯖街道の拠点となっていた。小浜で鯖に塩を打って京都の出町柳へ運べば、着く頃にちょうどいい塩梅になったという。「京は遠ても十八里」という言葉が残るように、京都とのつながりが深い土地だったのだ。

 ちなみに、小浜で食べた焼き鯖は、やっぱりうまかった。


photo いづみ町には鯖街道資料館という、鯖街道についての解説や、昔の道具が展示された小さな資料館がある
photo 町並み保存資料館。細長い千本格子と、うだつが特徴的
photo 三丁町では、京都の町を連想させる細い路地に、町屋の建物が並んでいる

 三丁町を始めとした西部地区の、町屋の連なる風景もまたいい。町並み保存資料館は、江戸時代後期の町屋を修理した建物。裏庭に生えた柿の木が、素朴な彩りを添えていた。

 小浜は海岸からの眺めも良く、対岸の山々がいい風景を形作っている。ただし、この風景が左右にかなり広がっているので、写真に収めてしまうとその魅力が今ひとつ伝わりづらい。夕暮れどきはことさらきれいなので、ぜひ一度当地まで来て、実際に眺めてみることをお勧めする。

 私も単に、この記事のネタにするためだけに小浜まで来たのだが、海や町並みの風景、食べ物、伝統工芸といった小浜の魅力に、すっかり引きつけられてしまった。「オバマ候補を勝手に応援する会」の思うつぼである。

 市街地を中心に歩き回ったので、山のほうまでは行かなかったが、市内の山々には“海のある奈良”とよばれるほど古刹が多く、それも見どころとなっているようだ。特に明通寺は、本堂と三重塔が国宝に指定されている。

photo 人魚の肉を食べて800年も生きたという、八百比丘尼の伝説があることにちなんで設けられた「マーメイドテラス」
photo 若狭湾の夕暮れ。本当はこの左右にも海が広がっている

もう1回プレイしてみたら事態が進展

 小浜から帰ってきた後、画面写真を撮影するためにアメリカ大統領選挙をプレイしたら、はからずも予備選を突破して、全国党大会まで進んでしまった。

 今までよりも頻繁に世論調査を行なったのが良かった。マニュアルと首っ引きで、州の民意と候補者のポリシーの合致点を3つ探して、それらを政策項目に選ぶ。政策値を少しずつ調整して、その都度世論調査を行い、支持率の増減を確かめる。政策値を動かすと直ちに支持率に反映されるので、プレイヤーの行動によって選挙の情勢を変えられる。

 政策を賛成・反対の2択ではなく、どの程度の賛成・反対かゲージで調節して決めるシステムは、「新たな支持者を増やすために従来からの主張を緩めたら、従来からの支持者が減ってしまう」という、大統領選にありがちなジレンマを、うまく表現したシステムといえる。強く主張すれば支持率が上がるとは限らないのだ。

 私はゲームをプレイしている間に、各政策項目についてもっと知りたくなり、当時の(一部は現在まで続く)さまざまな問題について、ネットで調べるきっかけになった。

 メーカーのヘクトはこの後、株の売買をテーマにした「株式道場」や、M&A(企業の合併・買収)を描いたアドベンチャーゲーム「ビジネス・ウォーズ」、日本の政界をパロディにした麻雀ゲーム「麻雀倶楽部 永田町」などを発売する。いずれもヒットしたとは言い難いが、早すぎた“シリアスゲーム”だったと言えるだろう。

photo 共和党大会でサッシャー候補が過半数の代議員を獲得し、党の大統領候補に決まった瞬間

 サッシャー候補で再プレイして、見事、党の大統領候補として指名を受けることができた。次はいよいよ本選挙だ。各州ごとに勝者独占方式で選挙人を選び、過半数である270人以上の選挙人を獲得した候補が、次期アメリカ合衆国大統領となる。

 本選でも予備選同様、48項目の中から3つの政策を選んで政策値を決める。やはり小まめに支持率をチェックして、政策値を微調整する必要がある。政策値を決定して、テレビCMの予算配分を終えたら、全国遊説へと移る。だが遊説の内容はゲーム中には描かれず、そのまま11月8日の投票日を迎えた。

 サッシャー、デカキス両候補ともに政策が似ていたためか、予備選で主張してきたのと同じ政策では決定的な差をつけられず、カリフォルニア、ニューヨーク、テキサスなど、選挙人の多い州を取られて敗れてしまう。

 何度も再挑戦を繰り返した末、サッシャー候補のポリシーだったが、予備選では1回も主張していなかった「財政支出の抑制」を掲げてみた。これが決め手になったのか、支持率でデカキス候補を引き離し、ついに大統領選に勝利することができた。

 やっぱり日本を叩くだけでは、大統領になれないということが良く分かった。……選んだ3つの政策の中には、しっかりと「新包括貿易法案」も入っていたけど。


photo 本選挙では東側の州から開票されていく。カリフォルニアは取れそうもなかったが、そこの票が開く前に決着をつけることができた
photo 翌年1月、ホワイトハウスでの就任宣誓式でゲームは終わる。「わたしは合衆国大統領の職務を忠実に遂行することを、厳粛に誓約する」

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた