連載
» 2008年12月03日 00時00分 公開

小浜良いとこ「アメリカ大統領選挙」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

今回はヘクトの「アメリカ大統領選挙」。現実の選挙から1カ月近く経って、やや旬を逃したような気もしますけど、ここで取り上げなかったら次は4年後なので。もちろん今回行ったのは、あの町です。

[ゲイムマン,ITmedia]

大統領選挙翌日の小浜市の風景

 11月5日午後1時(米国時間11月4日午後11時)。アメリカ合衆国大統領選挙において、民主党のバラク・オバマ上院議員が当選確実と報じられた。

 テレビでそのニュースを見届けて、わたしは一路京都へ向かった。1泊して翌6日に、国鉄カラーの特急雷鳥で敦賀へ移動。普通電車に乗り換えて西へ。

 敦賀からしばらくは、雄大な山々が町を囲むような風景。やがて山の切れ間から少しずつ、海が姿を現す頻度が増える。

photo JR小浜駅。敦賀と東舞鶴を結ぶ小浜線の、ちょうど真ん中へんにある

 着いた所はJR小浜駅。そう、「オバマ候補を勝手に応援する会」でおなじみ、あの小浜市にやってきたのだ。

 駅の改札は一時的に混雑。これから帰るケニアの方とおぼしきお2人とすれ違った。

 駅前の商店街では全店舗に、オバマ氏の大統領当選を祝う貼り紙が出ていた。偶然、取材中のTKOさんを見かけてびっくり。まさかこういう場所で芸能人を見られるとは思わなかった。


photo 私が乗った特急雷鳥は、特急マークが平たい貫通型。反対側の端は、窓が大きなパノラマ車両だった
photo 小浜線は湾と湾とをつなぐルート。近年電化され、真新しい125系電車が導入された

photophoto アーケードのそこかしこに「祝 オバマ大統領誕生」と書かれた垂れ幕もがあった。商店街ののぼりはオバマ氏の応援と、当地を舞台としたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」のものが半々

 商店街や再開発ビルの「つばき回廊」では、いくつか空き店舗も見受けられる。市の名前がアメリカの次期大統領と同じ名前というのは、ささいなことかもしれないが、それでもいいから市の名前をアピールして、経済活性化のきっかけにしようと考えるのも無理ないと思う。

 毎回この連載では、取り上げるゲームにゆかりのある場所へ行って写真を撮るのだが、毎回“ゆかりのある場所”の設定がかなり強引なので、仮に現地がこういう盛り上がり方をしていなかったとしても、わたしはやっぱり小浜に来ていたとは思うけど……。

photo 「つばき回廊」の前には胸像まであった
photo これがかの「おばまん」(の包み紙)。おばまんは、ほんのりお酒の風味が効いていて、意外にもすごくおいしかった

オバマ氏みたいな候補者が!

 さて、今回取り上げるゲームは、ファミコンの「アメリカ大統領選挙」。ヘクトから1988年10月28日に発売された。アメリカ大統領候補となって、党の予備選、全国党大会、そして本選を勝ち抜き、大統領を目指すゲームである。

 1988年には実際に大統領選挙が行われている。本選の投票日は11月8日。このゲームはまさにその直前を狙って発売されたというわけだ。もっとも、そのために発売日が、あの「スーパーマリオブラザーズ3」のわずか5日後となってしまうのだが……。

 プレイヤーは大統領候補6人のうちひとりを選び、その人物となって大統領選を戦う。プレイしてみて驚いたのだが、その中のひとりであるザクソン候補が、民主党の候補で47歳の黒人、しかもイリノイ州選出。つまりオバマ氏とまったく同じプロフィールだったのだ。

photo ザクソン候補のポリシーはリベラルで、主張は人権擁護、軍縮など。若いので体力は高い

 もちろんこれは偶然で、ザクソン候補には実在のモデルがいる。当時の民主党候補のひとりだった、ジェシー・ジャクソン氏だ。牧師兼人権活動家で、実際の1988年の大統領選挙では、民主党の党大会で第2位となった。

 私はアメリカ大統領選挙でザクソン候補を選択してみた。1988年の選挙で“Change”を起こしてみよう。“Yes, We Can.”

 予備選は州単位で行われる。最初はアイオワ州だ。まず州のデータと、その州における各候補の支持率を確認する。それらと候補自身のポリシーを参考に、48ある政策の中から3つを選び、その政策に対する考え方“政策値”を決定する。政策値はゲージになっていて、その政策に対してどのくらい賛成か反対か、推進するか阻止するかを決めるのだ。

 政策値を決めたら、演説会を何回行うかと、テレビCMにいくら予算をかけるかを考える。演説会は多いほど支持率が上がるが、その代わり体力を消耗する。テレビCMは、州ごとに異なる視聴率を見極めて、各局に予算を配分するのが得策らしいが、短い選挙運動期間でそれを見極めるのは難しい。また、予備選挙ではなくて党員集会で代議員の配分が決まる州もあり、そこではテレビCMを打つ必要がない。


photo 4人いるスタッフの中からひとりを選ぶ。候補者との相性が設定されているらしいが、好みで選んでいいと思う
photo 民主党の予備選は、2月のアイオワ州から。11月の本選までの長い戦いが始まる
photo アイオワ州は全米一の農業州なので、農業関連の政策に関心が高い。人口の97%以上が白人だ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1605/20/news111.jpg 絶対にプラスチックのカップで「焼きプリン」を作るという執念 森永「焼きプリン」の製法特許がすごいと話題
  2. /nl/articles/2312/09/news033.jpg 13年外につながれボロボロのおばあちゃんワンコを保護 人間を信じ始める姿に涙「今まで苦労した分以上の幸せな余生を送れますように」
  3. /nl/articles/2312/10/news011.jpg 犬同伴OKのビュッフェに柴犬と行ったら…… 全く別の楽しみ方をしてしまう姿に「かわいいいいい」「気持ちよさそう」
  4. /nl/articles/2312/10/news019.jpg 入院で2週間不在だったママを待ち続けた猫、再会の瞬間…… 涙を誘う喜びあふれる“お返事”に「深い絆に涙が」「嬉しさがひしひしと」
  5. /nl/articles/2312/10/news018.jpg 同居猫のおしりを嗅いで「テメェ屁こいたなぁ!!!!!??(怒)」と理不尽ギレする猫の姿に抱腹絶倒「夜中に爆笑させないで」「名作」
  6. /nl/articles/2312/10/news061.jpg 遠藤憲一、保護犬を家族に迎える 「保護時には栄養失調と足に怪我を」悲しい過去も、ウキウキお散歩ショットにほっこり
  7. /nl/articles/2312/08/news013.jpg 愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
  8. /nl/articles/2312/09/news081.jpg 短編ホラーゲーム「8番出口」で“開発者も知らない異変”が発生し笑いと恐怖 「マジでホラー」「本物の『怪異』だ」
  9. /nl/articles/2312/10/news033.jpg 捨てられて真っ黒だった元野良猫が、家猫になった今では…… 真っ白で幸せいっぱいの暮らしに「ほんときれいな美猫さんに」「胸が熱くなる」
  10. /nl/articles/2312/08/news180.jpg ミス東大の水着グラビアデビューに「東大まで行って」と失望の声 本人&現役グラドルも加わるネット論争に
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」