小浜良いとこ「アメリカ大統領選挙」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

今回はヘクトの「アメリカ大統領選挙」。現実の選挙から1カ月近く経って、やや旬を逃したような気もしますけど、ここで取り上げなかったら次は4年後なので。もちろん今回行ったのは、あの町です。

» 2008年12月03日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

大統領選挙翌日の小浜市の風景

 11月5日午後1時(米国時間11月4日午後11時)。アメリカ合衆国大統領選挙において、民主党のバラク・オバマ上院議員が当選確実と報じられた。

 テレビでそのニュースを見届けて、わたしは一路京都へ向かった。1泊して翌6日に、国鉄カラーの特急雷鳥で敦賀へ移動。普通電車に乗り換えて西へ。

 敦賀からしばらくは、雄大な山々が町を囲むような風景。やがて山の切れ間から少しずつ、海が姿を現す頻度が増える。

photo JR小浜駅。敦賀と東舞鶴を結ぶ小浜線の、ちょうど真ん中へんにある

 着いた所はJR小浜駅。そう、「オバマ候補を勝手に応援する会」でおなじみ、あの小浜市にやってきたのだ。

 駅の改札は一時的に混雑。これから帰るケニアの方とおぼしきお2人とすれ違った。

 駅前の商店街では全店舗に、オバマ氏の大統領当選を祝う貼り紙が出ていた。偶然、取材中のTKOさんを見かけてびっくり。まさかこういう場所で芸能人を見られるとは思わなかった。


photo 私が乗った特急雷鳥は、特急マークが平たい貫通型。反対側の端は、窓が大きなパノラマ車両だった
photo 小浜線は湾と湾とをつなぐルート。近年電化され、真新しい125系電車が導入された

photophoto アーケードのそこかしこに「祝 オバマ大統領誕生」と書かれた垂れ幕もがあった。商店街ののぼりはオバマ氏の応援と、当地を舞台としたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」のものが半々

 商店街や再開発ビルの「つばき回廊」では、いくつか空き店舗も見受けられる。市の名前がアメリカの次期大統領と同じ名前というのは、ささいなことかもしれないが、それでもいいから市の名前をアピールして、経済活性化のきっかけにしようと考えるのも無理ないと思う。

 毎回この連載では、取り上げるゲームにゆかりのある場所へ行って写真を撮るのだが、毎回“ゆかりのある場所”の設定がかなり強引なので、仮に現地がこういう盛り上がり方をしていなかったとしても、わたしはやっぱり小浜に来ていたとは思うけど……。

photo 「つばき回廊」の前には胸像まであった
photo これがかの「おばまん」(の包み紙)。おばまんは、ほんのりお酒の風味が効いていて、意外にもすごくおいしかった

オバマ氏みたいな候補者が!

 さて、今回取り上げるゲームは、ファミコンの「アメリカ大統領選挙」。ヘクトから1988年10月28日に発売された。アメリカ大統領候補となって、党の予備選、全国党大会、そして本選を勝ち抜き、大統領を目指すゲームである。

 1988年には実際に大統領選挙が行われている。本選の投票日は11月8日。このゲームはまさにその直前を狙って発売されたというわけだ。もっとも、そのために発売日が、あの「スーパーマリオブラザーズ3」のわずか5日後となってしまうのだが……。

 プレイヤーは大統領候補6人のうちひとりを選び、その人物となって大統領選を戦う。プレイしてみて驚いたのだが、その中のひとりであるザクソン候補が、民主党の候補で47歳の黒人、しかもイリノイ州選出。つまりオバマ氏とまったく同じプロフィールだったのだ。

photo ザクソン候補のポリシーはリベラルで、主張は人権擁護、軍縮など。若いので体力は高い

 もちろんこれは偶然で、ザクソン候補には実在のモデルがいる。当時の民主党候補のひとりだった、ジェシー・ジャクソン氏だ。牧師兼人権活動家で、実際の1988年の大統領選挙では、民主党の党大会で第2位となった。

 私はアメリカ大統領選挙でザクソン候補を選択してみた。1988年の選挙で“Change”を起こしてみよう。“Yes, We Can.”

 予備選は州単位で行われる。最初はアイオワ州だ。まず州のデータと、その州における各候補の支持率を確認する。それらと候補自身のポリシーを参考に、48ある政策の中から3つを選び、その政策に対する考え方“政策値”を決定する。政策値はゲージになっていて、その政策に対してどのくらい賛成か反対か、推進するか阻止するかを決めるのだ。

 政策値を決めたら、演説会を何回行うかと、テレビCMにいくら予算をかけるかを考える。演説会は多いほど支持率が上がるが、その代わり体力を消耗する。テレビCMは、州ごとに異なる視聴率を見極めて、各局に予算を配分するのが得策らしいが、短い選挙運動期間でそれを見極めるのは難しい。また、予備選挙ではなくて党員集会で代議員の配分が決まる州もあり、そこではテレビCMを打つ必要がない。


photo 4人いるスタッフの中からひとりを選ぶ。候補者との相性が設定されているらしいが、好みで選んでいいと思う
photo 民主党の予備選は、2月のアイオワ州から。11月の本選までの長い戦いが始まる
photo アイオワ州は全米一の農業州なので、農業関連の政策に関心が高い。人口の97%以上が白人だ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評