沸き起こる「変態!」コールに会場が一体となった「アイマスSP」765プロライブ

2月の「アイドルマスターSP」発売に先駆け、昨年12月に765プロ、961プロよりそれぞれリリースされたCDシングル。その購入者のみ参加することができる、シークレットライブの会場に潜入してきた。

» 2009年01月13日 15時30分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
ファンにとってはかなりの「狭き門」となった今回のイベント。中には一人で5セット購入したという猛者も

 バンダイナムコゲームスは2009年1月10日、東京・渋谷の渋谷パセラグランデにて、シークレットイベント「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 765 PRO SECRET EVENT」を開催した。

 今回のイベントは、昨年12月10日に発売となったシングルCD「Colorful Days」、「オーバーマスター」購入者の中から、さらに抽選で選ばれた人だけが参加できた貴重なもの。ステージ上では、2月19日発売予定のPSP「アイドルマスターSP」の最新情報が公開されたほか、出演声優陣らによるゲーム対決やトーク、新曲ライブなども披露され、会場内は終始大きな熱気と興奮に包まれていた。


「Colorful Days」を歌う765プロの3人。左から、今井麻美さん、中村繪里子さん、下田麻美さん

 冒頭、まずは765プロ側から、天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、双海亜美・真美役の下田麻美さんらが「アイドルマスターSP」のテーマソングでもある「Colorful Days」を披露。曲が終わり、司会進行役の今井さんが「今年は765プロの魅力を思う存分味わっていただきたいと思います!」と挨拶すると、早くも会場のテンションは最高潮に達していた。

 ところがここで「いやいやいや、今年は961プロの年にしますよ!」と、もはや「アイマス」関連のイベントではおなじみとなった“ガミP”こと坂上陽三プロデューサーが、765プロのライバルである961プロ側から、那覇響役の沼倉愛美さん、四条貴音役の原由実さんを引き連れて登場。いきなり765プロ側に挑戦状を叩きつけ、急遽765プロ対961プロによる二番勝負が行われることとなった。ちなみにこの日の坂上Pは、黒のコートにサングラス姿の“ブラック坂上”として参加。登場するやいなや、会場から一斉に「変態! 変態!」というコールが沸き起こっていたのが印象的だった。

 二番勝負の1戦目は、765プロの所属アイドルたちの魅力を、5・7・5でどちらがよりうまく伝えられるかを競った「新春アイドル紹介対決」。765プロ側は、1回戦で下田さんが手堅く1勝をあげたものの、“双海亜美・真美”というお題に対し「亜美と真美、ふたり合わせりゃ、あまみだよ」と、ちゃっかり自分のキャラクターをアピールしようとした中村さんが2回戦でまさかの1敗。しかし1対1で迎えた3回戦、お題の“高槻やよい”に対し「ハイタッチ、ちょっとまちがえ、パイタッチ!!」と答えた坂上Pの下ネタ攻撃に、会場からは「ヘーンタイ! ヘーンタイ!」の大ブーイング。961プロの二人からもあきれられるという有様で、当然ながらここは765プロ側が圧勝。結局、2対1で1戦目は765プロ側が制した形となった。

ウマいこと言ったつもりの中村さんだったが、肝心の“亜美・真美”をアピールしていない、ということでまさかの敗北!
坂上Pの下ネタに、会場からは一斉に変態コールが。事務所の枠を超え、すべての参加者が一体となった瞬間だった

 続く2戦目は「アイドルマスターSP」の新要素“事務所モード”を使ったオーディション対決。これはPSPのアドホック通信機能を利用することにより、育てたアイドルをプレイヤー同士で戦わせることができるというモードで、それぞれ自分の持ちキャラを使い、オーディションのスコアを競い合った。

 先ほどの対決では1敗してしまった中村さんだったが、今度の対決では1回戦でいきなり坂上Pを破る大金星をあげ、765プロ側がまずは先制。しかし2回戦、今度は下田さんが原さんに破れ、またも1対1で3回戦を迎えることに。結局、最後の今井vs.沼倉対決では接戦の末、僅差で沼倉さんが勝利をもぎ取り、2戦目は1対2で961プロ側の勝利となった。個人的には、765プロ側のキャラクターがレベル9〜10だったのに対し、961プロ側は全員レベル13だったのがちょっと気になったが……このへんが961プロと765プロの"資金力"の差ということだろうか。ということで、2番勝負は結局、トータル1勝1敗で引き分けという結果に終わった。

1戦目、2戦目ともに敗北となった坂上P。最後は必死に「接待プレイだった」と言い訳していたが……
またしても1対1で迎えた3回戦。中村さん、真剣にプレイする沼倉さんに横からちょっかいを出してます

 この後、会場では坂上Pから「アイドルマスターSP」に関する“大事な発表”が行われた。最初に先日の発売日延期発表についてお詫びした上で、坂上Pは「延期によって特典を2つ追加できました」と発表。まず、先着封入特典として、各バージョンの初回生産分に、PlayStation Storeからエクステンド衣装「スクールウェア」をダウンロードできるプロダクトコートが付属すること、そして2つ目、先日発表された「アイマス新カードゲーム」発売に先駆け、先行限定カード1枚が予約特典として封入されることがそれぞれ明らかにされた。ちなみに「アイマス新カードゲーム」の詳細については、2月に公式サイトなどで公開する予定とのことなのでお楽しみに。

初回生産分に付属する「スクールウェア」。初の音楽CDジャケットをモチーフに作成されたエクステンド衣装とのこと
こちらはすでに発表されている予約特典の「オールスターアイドル サイン入り着せ替えジャケット」(表裏12面・計6枚セット)
また今回新たに、これまで秘密とされてきた「着せ替えジャケット」の裏面の画像も公開された(画像は春香バージョンのもの)

写真をクリックすると拡大したものが見られます。

 最後はふたたびミニライブに。ここでは961プロ側が「オーバーマスター」を、765プロ側は「スキ」をそれぞれ披露し、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。なお今週行われたのは765プロ側のシークレットイベントという設定で、来週1月17日には961プロ側のイベントの開催も同会場にて予定されている。今回の対決では引き分けという結果に終わってしまったが、次回、果たして真の決着が付くことになるのか、来週のイベントも引き続き取材する予定なので楽しみにお待ちいただきたい。

「オーバーマスター」を歌う沼倉さん(左)、原さん(右)の2人。実は2人だけで歌うのは今回がはじめて
イベント後に行われたカコミ取材の様子。新年はじめてのイベントということで、いつもより緊張していた様子?

中村繪里子さん:今回は年明け一つ目のイベントということで、あらためて新鮮な気持ちで臨みました。本当はみなさんへのお年玉というつもりだったんですが、逆に私たちがみなさんからパワーや気合い、希望をいただき、すごく“絆”を感じられるイベントだったと思います。


今井麻美さん:「アイマスSP」発売まであと1カ月半ほどですが、来て下さった皆さんには、ぜひ発売までのワクワク感を貯めて帰っていただければ。それから来たくても来られなかったみなさんにも、そんな私たちの気持ちが少しでも伝わっていればと思います。


下田麻美さん:今回、フルバージョンの「Colorful Days」を歌わせていただいたんですが、久しぶりに自分たちで試行錯誤しながら、振り付けも一生懸命考えました。メンバーも初期のメンバーで、シリーズが始まったばかりのような、ちょっと懐かしい気持ちになれました。


沼倉愛美さん:私としては今回で3回目のイベントになるんですが、なんだか会を重ねるにつれて規模が小さくなっているような(笑)。でもその分、お客さんとの距離がより近くなって、より大勢の人の顔が見られてよかったです。


原由実さん:私もこういう形式のイベントは初めてだったんですが、すごくアットホームで楽しかったです。今回は沼倉さんと2人だったんですが、いつもは(美希も入れて)3人で歌うことが多かったので、今回のように2人で歌うのは珍しいですね。来てくださった皆さんは、貴重なものが見られたと思います(笑)。

(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評