沸き起こる「変態!」コールに会場が一体となった「アイマスSP」765プロライブ

2月の「アイドルマスターSP」発売に先駆け、昨年12月に765プロ、961プロよりそれぞれリリースされたCDシングル。その購入者のみ参加することができる、シークレットライブの会場に潜入してきた。

» 2009年01月13日 15時30分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
ファンにとってはかなりの「狭き門」となった今回のイベント。中には一人で5セット購入したという猛者も

 バンダイナムコゲームスは2009年1月10日、東京・渋谷の渋谷パセラグランデにて、シークレットイベント「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 765 PRO SECRET EVENT」を開催した。

 今回のイベントは、昨年12月10日に発売となったシングルCD「Colorful Days」、「オーバーマスター」購入者の中から、さらに抽選で選ばれた人だけが参加できた貴重なもの。ステージ上では、2月19日発売予定のPSP「アイドルマスターSP」の最新情報が公開されたほか、出演声優陣らによるゲーム対決やトーク、新曲ライブなども披露され、会場内は終始大きな熱気と興奮に包まれていた。


「Colorful Days」を歌う765プロの3人。左から、今井麻美さん、中村繪里子さん、下田麻美さん

 冒頭、まずは765プロ側から、天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、双海亜美・真美役の下田麻美さんらが「アイドルマスターSP」のテーマソングでもある「Colorful Days」を披露。曲が終わり、司会進行役の今井さんが「今年は765プロの魅力を思う存分味わっていただきたいと思います!」と挨拶すると、早くも会場のテンションは最高潮に達していた。

 ところがここで「いやいやいや、今年は961プロの年にしますよ!」と、もはや「アイマス」関連のイベントではおなじみとなった“ガミP”こと坂上陽三プロデューサーが、765プロのライバルである961プロ側から、那覇響役の沼倉愛美さん、四条貴音役の原由実さんを引き連れて登場。いきなり765プロ側に挑戦状を叩きつけ、急遽765プロ対961プロによる二番勝負が行われることとなった。ちなみにこの日の坂上Pは、黒のコートにサングラス姿の“ブラック坂上”として参加。登場するやいなや、会場から一斉に「変態! 変態!」というコールが沸き起こっていたのが印象的だった。

 二番勝負の1戦目は、765プロの所属アイドルたちの魅力を、5・7・5でどちらがよりうまく伝えられるかを競った「新春アイドル紹介対決」。765プロ側は、1回戦で下田さんが手堅く1勝をあげたものの、“双海亜美・真美”というお題に対し「亜美と真美、ふたり合わせりゃ、あまみだよ」と、ちゃっかり自分のキャラクターをアピールしようとした中村さんが2回戦でまさかの1敗。しかし1対1で迎えた3回戦、お題の“高槻やよい”に対し「ハイタッチ、ちょっとまちがえ、パイタッチ!!」と答えた坂上Pの下ネタ攻撃に、会場からは「ヘーンタイ! ヘーンタイ!」の大ブーイング。961プロの二人からもあきれられるという有様で、当然ながらここは765プロ側が圧勝。結局、2対1で1戦目は765プロ側が制した形となった。

ウマいこと言ったつもりの中村さんだったが、肝心の“亜美・真美”をアピールしていない、ということでまさかの敗北!
坂上Pの下ネタに、会場からは一斉に変態コールが。事務所の枠を超え、すべての参加者が一体となった瞬間だった

 続く2戦目は「アイドルマスターSP」の新要素“事務所モード”を使ったオーディション対決。これはPSPのアドホック通信機能を利用することにより、育てたアイドルをプレイヤー同士で戦わせることができるというモードで、それぞれ自分の持ちキャラを使い、オーディションのスコアを競い合った。

 先ほどの対決では1敗してしまった中村さんだったが、今度の対決では1回戦でいきなり坂上Pを破る大金星をあげ、765プロ側がまずは先制。しかし2回戦、今度は下田さんが原さんに破れ、またも1対1で3回戦を迎えることに。結局、最後の今井vs.沼倉対決では接戦の末、僅差で沼倉さんが勝利をもぎ取り、2戦目は1対2で961プロ側の勝利となった。個人的には、765プロ側のキャラクターがレベル9〜10だったのに対し、961プロ側は全員レベル13だったのがちょっと気になったが……このへんが961プロと765プロの"資金力"の差ということだろうか。ということで、2番勝負は結局、トータル1勝1敗で引き分けという結果に終わった。

1戦目、2戦目ともに敗北となった坂上P。最後は必死に「接待プレイだった」と言い訳していたが……
またしても1対1で迎えた3回戦。中村さん、真剣にプレイする沼倉さんに横からちょっかいを出してます

 この後、会場では坂上Pから「アイドルマスターSP」に関する“大事な発表”が行われた。最初に先日の発売日延期発表についてお詫びした上で、坂上Pは「延期によって特典を2つ追加できました」と発表。まず、先着封入特典として、各バージョンの初回生産分に、PlayStation Storeからエクステンド衣装「スクールウェア」をダウンロードできるプロダクトコートが付属すること、そして2つ目、先日発表された「アイマス新カードゲーム」発売に先駆け、先行限定カード1枚が予約特典として封入されることがそれぞれ明らかにされた。ちなみに「アイマス新カードゲーム」の詳細については、2月に公式サイトなどで公開する予定とのことなのでお楽しみに。

初回生産分に付属する「スクールウェア」。初の音楽CDジャケットをモチーフに作成されたエクステンド衣装とのこと
こちらはすでに発表されている予約特典の「オールスターアイドル サイン入り着せ替えジャケット」(表裏12面・計6枚セット)
また今回新たに、これまで秘密とされてきた「着せ替えジャケット」の裏面の画像も公開された(画像は春香バージョンのもの)

写真をクリックすると拡大したものが見られます。

 最後はふたたびミニライブに。ここでは961プロ側が「オーバーマスター」を、765プロ側は「スキ」をそれぞれ披露し、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。なお今週行われたのは765プロ側のシークレットイベントという設定で、来週1月17日には961プロ側のイベントの開催も同会場にて予定されている。今回の対決では引き分けという結果に終わってしまったが、次回、果たして真の決着が付くことになるのか、来週のイベントも引き続き取材する予定なので楽しみにお待ちいただきたい。

「オーバーマスター」を歌う沼倉さん(左)、原さん(右)の2人。実は2人だけで歌うのは今回がはじめて
イベント後に行われたカコミ取材の様子。新年はじめてのイベントということで、いつもより緊張していた様子?

中村繪里子さん:今回は年明け一つ目のイベントということで、あらためて新鮮な気持ちで臨みました。本当はみなさんへのお年玉というつもりだったんですが、逆に私たちがみなさんからパワーや気合い、希望をいただき、すごく“絆”を感じられるイベントだったと思います。


今井麻美さん:「アイマスSP」発売まであと1カ月半ほどですが、来て下さった皆さんには、ぜひ発売までのワクワク感を貯めて帰っていただければ。それから来たくても来られなかったみなさんにも、そんな私たちの気持ちが少しでも伝わっていればと思います。


下田麻美さん:今回、フルバージョンの「Colorful Days」を歌わせていただいたんですが、久しぶりに自分たちで試行錯誤しながら、振り付けも一生懸命考えました。メンバーも初期のメンバーで、シリーズが始まったばかりのような、ちょっと懐かしい気持ちになれました。


沼倉愛美さん:私としては今回で3回目のイベントになるんですが、なんだか会を重ねるにつれて規模が小さくなっているような(笑)。でもその分、お客さんとの距離がより近くなって、より大勢の人の顔が見られてよかったです。


原由実さん:私もこういう形式のイベントは初めてだったんですが、すごくアットホームで楽しかったです。今回は沼倉さんと2人だったんですが、いつもは(美希も入れて)3人で歌うことが多かったので、今回のように2人で歌うのは珍しいですね。来てくださった皆さんは、貴重なものが見られたと思います(笑)。

(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」