ニュース
» 2010年02月24日 16時17分 公開

鈴村健一初のツアーが大成功のうちに閉幕! 「KENICHI SUZUMURA 1st Live Tour 2010“Becoming”」(2/2 ページ)

[ふじたけ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 様々な青が複雑に絡み合ったマーブル模様が徐々に光を帯びてくるムービーをバックに歌った「新しい音色」では、その歌詞の持つメッセージの通りに、多様性を受け入れながら成長してきた自分自身の表現力を存分に魅せつけた。

 終盤に差し掛かると、ライブはノンストップでクライマックスへと突き進む。ステージ中央上空のミラーボールが輝きをまき散らして迫力のステージとなった「The whole world」、観客も全力で腕を振り上げてステージの鈴村さんに応えた「ミトコンドリア」と、最後まで会場との高い一体感を保ったままで鈴村さんはステージから下がった。



奇跡のアンコール

 その一体感の表れか、アンコールでは観客がINTENTIONを合唱! これには鈴村さんも「すごいな。歌ってくれるんだ。感動し過ぎてコメントできなかったよ。こんなアンコール見たことありません。まさにBecomingしたなと思います。本当にありがとうございます。

 音楽というものの面白さを、ライブをやってさらに強く感じることができました。レコーディングで歌うのと、ここでみんなと歌うのは全然違うものです。レコーディングして作ったものがみんなに届くのもBecoming。それを聴いて僕っていうIDがその人の中に届くのもすごく嬉しいですが、ライブっていうのはまた違う関係性というか、そのままここで1つになった感じがぐっと伝わる――こんなに幸せなことは無いと思います。



 半年以上前から今回のライブをやることを決意して今日最後を迎えるんですけど、とっても不思議な感じがしています。終わっちゃうことがすごくさみしい気もします。半年間ずっと、頭の片隅でライブをやるんだと思って暮らしていたので、何をするにしてもライブのことがちらつくんですね。本当に1つのことに注力してライブに向かったつもりです。でも、これって本当は始まりに過ぎないなと感じました。今までの活動を糧に、またライブをやりたいと思ってます。その時はまたみなさん力を貸してください」(鈴村さん)

 最後は、自身ができる全てを詰め込んだという「and Becoming」を観客と一緒に大合唱し、鈴村さんは再びライブを開催することをみんなに約束して、笑顔でステージを後にした。



KENICHI SUZUMURA 1st Live Tour 2010 Becoming
1INTENTION
2ペルそな
3ROBOT
4レールウェイ
5いぬ331
6Butterfly
7模型飛行機
8シンプルな未来
9スケッチ
10そりゃそうです
1112月の空
12新しい音色
13コンパス
14センスオブワンダー
15The whole world
16ミトコンドリア
Enand Becoming
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」