App Storeが選ぶ2011年ベストゲームは「イィィイヤホォォォオオオウ!」がクセになっちゃう「Tiny Wings」!日々是遊戯

年間のベストミュージックやベストアプリを紹介する「iTunes Rewind 2011」が今年も公開に。ところで、ゲーム部門1位に輝いた「Tiny Wings」ってどんなゲーム?

» 2011年12月13日 19時36分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

また鳥ゲーか!

“山を跳び越え、雲までジャンプ! 小さな翼を持つ小鳥がキュートに空を駆け巡る、シンプルで爽快なゲーム”(App Store Rewind 2011の紹介文より)

 その年のベストiPhoneアプリを紹介する、iTunesの恒例企画「App Store Rewind 2011」が今年も公開されました。特設サイトは、App Storeのトップページより「App Store Rewind 2011」のバナーをクリックすることで閲覧可能。気になるゲーム部門では、Andreas Illigaerの「Tiny Wings」が年間のベストゲームに。次点で、2本の指で華麗にバイクトリックを決めていく「Touchgrind BMX」、地面を隆起させて老夫婦が乗ったクルマをゴールへ導く「Bumpy Road」がそれぞれグッドゲームに選ばれています。

画像 2011年のベストゲームは「Tiny Wings」。遊んでみると、確かに面白い!


 さて、ベストゲームに選ばれた「Tiny Wings」とは一体どういうゲームなのか? 英語のアプリということもあって、はじめて名前を耳にしたという人も多いのではないでしょうか。実は筆者も今まで遊んだことはなく、今回ようやくダウンロードして遊んでみました。

 で、これが面白い! ゲームの目的は「夜が来る前に、できるかぎり遠くへ進む」こと。主人公の鳥は夜になると勝手に眠ってしまうので、それまでにどこまで進めたかがスコアになります。後ろから迫ってくる“夜”から逃げるという描写がちょっとユニーク。

 タイトル画面で「PLAY!」をタップするとゲームスタート。朝日が昇ると、緑のかわいい鳥がズザーッと地面を滑っていきます。「Tiny Wings」というだけあって、羽が小さすぎて自分では飛べない模様。地面は山あり谷ありと起伏に富んでいて、そのまま進んでいくとすぐ“夜”に追いつかれてしまう。

 で、ここで画面をタップすると、それまでパタパタと羽ばたいていた羽をたたみ、地面にグッと体重をかけるような動きになります。うまく下り坂で羽をたためば、ギュイーン! とスピードがアップ。坂道をジャンプ台にして、スポーン! と大空へ飛び出します。なにこれ気持ちいい!

 空中でも同じように、羽をたたむことで落下速度を上げることができます。地面をよく見て、うまく下り坂を狙って着地すれば、さらに坂道をジャンプ台にしてスピードアップ。このときなるべく地面とお腹が水平になるように着地するのがポイントで、うっかり頭から突っ込んでしまったりすると、ボコン、と地面にぶつかってスピードダウン。連続で着地とジャンプを成功させていくと、やがてキラキラと尾を引くフィーバー状態になり、雲を突き抜けるような大ジャンプも可能になります。イィィイヤホォォォオオオウ!

画像 巣の上からゲームスタート。夜になる前に、どこまで進める?
画像 坂道をジャンプ台にして加速! コインは取るとスコアがアップ
画像 スッポーン! と大空へ飛び出す爽快感がたまりません

 下りで体重をかけ、一気に加速する感覚は、小さい頃に遊んだブランコ遊びに近いかも。マップは固定(※)ですが、ちょっと体重をかけるタイミングがズレただけでジャンプの軌道が大きく変わってしまうので、完全なパターン化はかなり難しい。遊ぶたびにマップの見た目が変わったり、条件を満たすと解除される「実績」などの要素もあり、気付けば何度もリトライを繰り返してしまっていました。誰でも遊べるシンプルな操作性と、大空へ飛び出す爽快感、今までにないゲーム性など、確かにベストゲームに選ばれるだけのことはあります。

※12月14日追記:マップは日替わりで毎日新しく自動生成されるようです。

 ちなみに「Tiny Wings」はヨーロッパの「App Store Rewind 2011」でも年間ベストゲームに選ばれている模様。言語は今のところ英語のみですが、ルールは簡単なので英語でも特に問題なくプレイすることができました。「Tiny Wings」は85円にて発売中。それにしても「Angry Birds」といい「Tiny Wings」といい、iPhoneユーザーには“鳥ゲー”好きが多いのか!?

Button

画像 こちらはグッドゲームに選ばれた「Touchgrind BMX」(450円)
画像 同じくグッドゲームに選ばれた「Bumpy Road」(250円)

(C) 2011 Andreas Illiger
(C) 2011 Illusion Labs AB
(C) Simogo 2011

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」