あなたにも参入可能!? サイドビジネスで始めるキャラクタービジネス 実践編大日本技研に聞く(6/6 ページ)

» 2012年10月26日 11時02分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

技研の組み込み「技」

 昔のアニメに登場するロボットで良くいわれることに「関節が曲がらないのでは?」というものがあります。当時はCGがなく、すべて手描きだったのであまり複雑な機構を設定できなかったというメカデザイン上の事情があると思われますが、それでいちばん困るのは立体製品化のときです。そこでガンプラなどでは、足回りの装甲を可動式にするなどして解決してきたわけですが、昨今、技術が発達して二足歩行できるロボットが製品化できるようになったことで、またもや問題が発生することになりました。二足歩行ロボットには脚部などを駆動するためのサーボモーターを組み込む必要がありますが、スマートなアニメロボット風のメカデザインではそのスペースがないことが多いのです。

 かねてからエアガンを組み込んだモデルガンに取り組んでいる大日本技研では、そのノウハウを応用して、二足歩行のホビーロボットの外装制作も行っています。そのデザインは何気ないように見えて、実際のボリュームよりもスマートに見えるよう、目の錯覚を計算したラインやエッジで構成されています。配色も、要所に濃い色を配置することで、引き締まった印象にしています。

画像 出渕裕氏がデザイン監修した「HRP-2m チョロメテ」の外装は、大日本技研製だ。ロボットの可動に必要とされるサーボモーターなどを内蔵しつつスマートに見えるように、各パーツを構成するラインやエッジ、濃い色にする部位などを計算したデザインとなっている

画像 模型で培った知識、CADで培った知識、両方を駆使することで、内部にギミックを組み込むスペースの確保をしつつボリューム感を抑えた引き締まったフォルムを両立させている。何気なく見えるエッジの角度も、目の錯覚を計算に入れたものなのだ

※すべての画像は大日本技研、あるいは版権元に当記事で使用するための許可を得て掲載しています。転載はご遠慮ください。
(C)サイコパス製作委員会


海洋堂 総務担当 小林弘行氏に聞く:「当日版権」とペナルティ

 お話の中で田中氏も具体的には知らないということだった、「ワンダーフェスティバル」の「謎」の部分について、海洋堂の小林氏に「個人的な見解としてなら」ということで、教えていただきました。


 「当日版権」システムは、ガレージキットの展示即売会「ワンダーフェスティバル」で、マンガやアニメなどの版権作品に関する造形物を制作して、イベント当日に限り展示販売できるように生み出された特殊な版権システムです。そしてこれは、各版権元の皆さまにご理解いただいてはじめて実現しているものです。

 当然「ワンフェス」参加者の皆さまの多くは少数のキット販売ですから、許諾側の版権元の皆さまからからすれば、手続き上の人件費などを考えてしまうと利益はないに等しいのです。しかし、それでも参加者の皆さまの熱い思い、我々は「ガレージキットスピリッツ」といっていますが、それを理解してくださってご協力いただいています。

 ただ、参加者数が増えてくると、中には当日版権は取得したものの、制作が間に合わず、深く考えず簡単に「参加しません」という方もおられます。「当日版権」システムというのは、事実上「契約」ですから個人の都合でお気軽に反故にして良いことにはならないですし、なによりご厚意から協力してくださった版権元の皆さんに対しても道理が通らないですよね。

 ですから、「参加費はちゃんと払ってるんだから、参加する、しないは勝手でしょ」というような勘違いをされて、そもそもの「ワンダーフェスティバル」の趣旨や「当日版権の本質」を理解されず、結果的に責任を放棄なさるようなケースの場合、やむえず次回参加不可、悪質な場合には永久参加不可のペナルティなどが課せられる場合があります。

 「参加マニュアル」や「版権の手引き」に、ペナルティの内容が明文化されていないのは、「そんなことは、まず最初に社会的な常識として理解くださっている」のが前提だからだろうと私は考えています。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評