ニュース
» 2013年09月09日 09時41分 公開

努力アピールはNG! イケてるオトコのライフログツール使用法モテ機 Vol.67

歩数から睡眠時間、体重や体脂肪まで、各種ライフログを記録できるツールが、続々と登場している。そのライフログツールをスマートに使いこなす方法を紹介する。

[池田園子,ねとらぼ]

 最近よく聞くようになった「ライフログ」(人生の記録)。日々の活動や睡眠時間などを、何らかの形で記録するツールのことだ。パーソナルな情報を記録するものだけに、使い方を間違えると、あまりいいことにはならない。そんなライフログツールの適切な使い方を、NG使用例とあわせて紹介しよう。

ポイントを押さえてチェックインする

 まず、ライフログツールだからといって、すべてを記録しようとしないことだ。もちろん、自分だけが見られる状態にしているなら、1日におけるすべての移動地点を記録したって構わない。問題なのは、記録をSNS上で拡散しようとすることだ。位置情報記録サービスの代表的なアプリといえばfoursquareがあるが、これにハマりすぎている人がいる。朝一番に駅、出勤途中で立ち寄ったコンビニ、ランチ先の定食屋……と、ここまではまだ許せる。しかし、乗り換え駅や通過駅(これ、チェックインじゃないよね!?)、さらには、地元のスーパー、コンビニにまでチェックインし、それをSNSと連携しているのはいかがなものか。その人物が移動するたびに、タイムラインはチェックインで埋まっていく。「追いかけてほしいのか?」「アナタの住所、ほぼ特定できますが?」とツッコミたい気持ちになる。SNSと連携する場合は、ポイントを押さえて、チェックインの回数を考えよう。

むやみに友達申請しない

 「UP by JAWBONE」という、ブレスレットとして身につけるライフログツールが流行っている。現在も日本では手に入りにくいほど人気だ。昼間は万歩計として歩数や運動、それに伴う消費カロリーなどを、夜間は睡眠の時間や質を測定してくれる。さらに、このUP by JAWBONEには「チーム」と呼ばれる、Facebookでいう「友達」のような仕組みがある。ユーザー同士がお互いに申請し合うことで、チームの一員となって、お互いの歩数や睡眠時間などのデータを見ることができる。特に睡眠データでは、いつ眠りについたか、何度目覚めたか、ベッドの上で何時間起きていたかなど、プライベートな情報がすべて見えてしまう。このように、ややパーソナルなデータにも関わらず、見ず知らずの他人やほとんど話したことのない知人が申請してくるなど、困ったことも起きている。相手との関係性を理解した上で、「チームメンバー申請」を行いたいところだ。

UP by JAWBONE

ほかの人にとって“どうでもいいデータ”を公開しない

 ダイエット目的なのか何なのかは定かではないが、体重や体脂肪の記録に特化したアプリとSNSとを連携して、「今日は体重○○キロ、体脂肪○○%です」などと、体重や体脂肪を連日公開する人もいる。これについて「どうでもいい」「人の体重・体脂肪に興味はない」「自分だけで管理すればいいと思う」と話す女子が大半だ。よほど気になる人でない限り、普通はどうでもいい数字だろう。「じゃあ、その投稿をスルーすればいいじゃん!」と怒られそうだが、目につくものはつく。その度に「今日も体重アピールかぁ」と、どうしても引いてしまうのだ。「あえてSNS上で公開しなくてもいい数字」だと意識したほうがいいだろう。

努力しているさまをアピールしない

 ランニングやトレーニングに関するアプリとSNSを連携させて、周りからの応援(?)を求める人もいる。「○○さんが走っています。応援してあげましょう」「○○さんが腹筋を○回しました」など、頑張っている自分をアピールする投稿にやや困惑。「『いま走ってます』って宣言する必要ある?」「ソーシャル上で応援されたいの?」など、女子から疑問の声も。自分では何気なく連携させて、ライフログツールとして活用しているだけかもしれないが、周りからはいわゆる「意識の高い人(笑)」だと思われている可能性も。努力は見せつけないほうが、むしろカッコいい。

 本来ライフログツールは、自分で自分の生活習慣を見直すためのものであって、他人に公開してどうこうするものでもない。他人の目を気にするあまり、変に意識の高い行動に及ぶのも何だかなぁ……。本来の目的を見失わないでいただきたいものだ。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」