ニュース
» 2013年08月05日 09時00分 公開

キメすぎも自撮りも許されない……難しきSNSプロフィール写真の世界モテ機 Vol.63

SNSが浸透するのに伴い、重要性を増していくのがプロフ写真だ。あなたの写真は大丈夫?

[池田園子,ねとらぼ]

 近年の爆発的ともいえるSNSの普及に伴い、相手の情報を実際に会う前に知ることができるようになった。飲み会や合コン、仕事での顔合わせ前に、相手の名前をFacebookで検索する人は少なくないだろう。特に相手が異性でかつ自分が独り身の場合、ちょっとだけ期待してしまうのが人間の性というもの。

 しかし、Facebookを開いたときに、悪い意味で想像を超えるプロフ(プロフィール)写真が使われていたとしたら……女子のテンションは間違いなくズドンと下がる。「こんなメンツが来てる合コンなら行かな〜い」となる可能性もある。また微妙な写真を入れていると、声もかからないだろう。このSNS時代、特に「出会う前」には写真がその後の可能性を大きく左右する。ではどのような写真を使うとよいのか、考察していきたい。

「実物以下」を使わない

 女子の場合、プロフ写真に「実物以下の写真を入れた方がいい」説が唱えられている。少しブサイクに写っていた方が、男子としては誘いやすいというのだ。確かに、あまりにも美人な写真が使われていると「どうせ彼氏がいるんだろうな」と男子がためらったり引いてしまう気持ちは分からないでもない。

 しかし、男子の場合はどうだろうか。「イケてない写真が入っていると、その時点で『この人はないな』とジャッジします。婚活系アプリを使っているのですが、微妙な写真の男性とはメール交換も、こちらかのアプローチもしません。写真は有効な判断材料です」と話すのは、IT企業に勤める29歳の女子。非常にハッキリした人である。

 一方、メーカーに勤める27歳の女子は「写真がよくなくても、リアルで会ったときにまともだったら、逆に印象アップですよ」と話す。すでにSNSで知り合いになっていて、リアルで会うかもしれない相手に対しては、微妙な写真でも大丈夫だろう。しかしSNSで恋活・婚活中で出会いはこれからという男子の場合、実物以下の写真を入れるのは致命的な行為となる。女子と会うことすらままならなくなる。せめて実物〜実物よりちょい増しな写真を使おう。

矛盾するようだが…ナチュラルな写真を作り込もう

 では、どのような写真が女子の支持を集めるのか。 一番多い回答は「自然体な写真」だった。それらに共通しているのは(1)他者によって撮られた、(2)背景にその人の好きなものが写っている(行きつけのカフェや旅先での写真など)、(3)顔がはっきり分かる、(4)就活・転職・面接用写真のように堅苦しくなくてラフ、など。

 この4項目を満たす状況を想定したところ、「旅先や外出先で友人や恋人が、とびきりの表情を偶然撮影した」というようなシチュエーションになるだろう。確かに一番理想的な写真ができあがるが、世の中にはこんなリア充ばかりがいるわけではない。それに全然ナチュラルではない(一見ナチュラルな写真は作り込まれている、と認識すべきだ)。そこには明らかな矛盾が存在している。4項目を満たすのが難しい場合は、せめて(1)と(3)はクリアしておこう。そうすることで少なくとも「自然体な写真」の要素を持つことはできるはずだ。まずは「1枚、撮ってください」と知らない人でもいいので、誰かに頼もう。自撮りで撮るよりも、他人に撮ってもらう方がいいということは、次に説明したい。

女子が引く写真に共通する6つの特徴

 逆に女子に引かれてしまう写真についても知っておこう。女子の多くが挙げたのは「頑張りすぎている写真」「キメすぎている写真」「ナルシストな写真」「よく分からない写真」だった。これらの共通点を洗い出していくと、引かれてしまう写真の要素が浮かび上がってくる。(1)自撮りしている、(2)スタジオなどでプロが撮影している、(3)冠婚葬祭かのごとくビシッとキメている、(4)そもそも人物が写っていない、(5)顔の大部分が隠れて写っていない、(6)大人数で写っている、などだ。

 (1)の自撮りに関しては、「1枚くらいならいいけど複数枚あると、ナルシストな一面が見えて引いてしまいます」との声が。また自撮りに「目線外し」が掛け合わさると「より自分好きな人に見える」との意見もあった。(2)と(3)は同時に行われることが多く、うさんくさいセミナー講師的な雰囲気を醸し出すことになってしまう。「正直、まったく親近感がわかない」とのコメントも。(4)はモノやペットが写っていることが多く困惑する。「あなたの顔が知りたいんですけど?」と言いたくなる。カメラや携帯、ピースなどで顔を隠す(5)も、顔の7割くらいは出してほしいと思う。原型が分からないのはツライ。(6)はもっと始末が悪い。プロフ写真くらい、ひとりで写ってくれないでしょうか……。

 なかなか難しいプロフ写真だが、キメすぎることなく、ひとり単体で写り、意識してナチュラルな写真を撮るよう努めていただければ幸いだ。

※編集部注:筆者の経験と周辺取材を基にしているため、ここで挙げた点に注意したからといって、すべての男子がモテるとは言い切れません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」