将棋電王戦、人間側が負け越すも「久々に情熱持てた」と森下九段 そして最終戦へ

「第3回電王戦」第4局の舞台は小田原城。両者が持ち味を発揮する白熱した対局に。「勝つことだけが全て」と勝ちにこだわる姿勢を見せていた森下九段は――。

» 2014年04月07日 21時49分 公開
[高橋史彦,ねとらぼ]
画像

 「第3回将棋電王戦」第4局が4月5日、小田原城(神奈川県小田原市)で行われた。大熱戦の末、将棋ソフト・ツツカナが森下卓九段に135手で勝利。コンピュータ側が対戦成績を3勝1敗とし、団体戦での2年連続勝ち越しを決めた。

 当日の小田原城は快晴。ちょうど桜の季節な上、広場では「小田原おでんサミット2014」が開催されていたため、大勢の人々でにぎわっていた。対局室は、二の丸の正門にあたる銅門(あかがねもん)内に設けられ、屋外を観光客が行き来する中、コンピュータとプロ棋士が将棋を指した。異例づくしの勝負環境となっている第3回電王戦だが、第4局はことさら特殊だったように思う。ちなみに、スタッフ・関係者用の控室はもっぱら”テント”だった。

画像 小田原城・天守閣
画像 桜の季節
画像 勝負の場所は銅門
画像 この上が……
画像 対局室
画像 隣ではおでんサミット&骨董市
画像 「小田原おでん」「沖縄おでん」「金澤おでん」など全国のおでん(13店)が勢ぞろい
画像 おでん放送
画像 関係者用のテント。報道陣もこの中
画像 テント内。キャンプのようで楽しかったが、夜は極寒……
画像 大型発電機で電源確保

電王戦の魅力

 電王戦の魅力は、やはり何といっても人間とコンピュータが真剣勝負を繰り広げること。ドワンゴの川上量生会長は、「電王戦は21世紀の文学のテーマ」との見解を示している。つまり、「人間とコンピュータの共存関係は今後どうなるのか」「コンピュータに脅かされつつある人間はどう生きるのか」などのテーマが電王戦に集約されているとみる。

画像 森下卓九段
画像 ツツカナ開発者・一丸貴則さん

 その上で、コンピュータソフトも結局は人間が作っていることから、「開発者とプロ棋士」の人間ドラマでもある。PVで紹介されているような両者のバックグラウンドを知ると、より深く楽しめる。

100文字紹介

  • 森下卓九段:伝説の真剣師・花村元司九段に師事し、17歳でプロデビュー。矢倉戦法「森下システム」の考案者でA級通算10期。タイトル戦に6度進出するも、獲得経験はなく“無冠の帝王”と呼ばれた。愛称は「律儀先生」。
  • 一丸貴則さん:第2回電王戦で船江五段と好勝負を繰り広げ勝利。当時は無職(大学院卒)だったが、一連の活躍により将棋アプリ開発などを手がける「HEROZ」にスカウトされる。2014年1月3日に入社。愛称は「103」。

白熱した勝負

画像

 第4局は、「相矢倉」という戦型になり、中盤までほぼ互角の局面が続いた。人間とコンピュータではどちらかの完勝になりやすいと言われるが、本局は両者が持ち味を発揮する戦いとなった。

 報道陣用の控室では、将棋連盟公認アプリ「将棋ウォーズ」の運営元であり、一丸さんと山本さん(Ponanza開発者)の勤め先であるHEROES(ヒーローズ)の社長らが、別バージョンのツツカナ、Ponanzaを動かして戦局を分析。後半からは、竹内さん(習甦開発者)、山下さん(YSS開発者)も加わり、世界有数の将棋ソフトが一同に検討を行っていた。

 こうした豪華な検討体制で、特に印象に残った局面は2つ。まずは、74手目。森下九段が△5七歩と指したところだが、控室のツツカナ(別バージョン)は「△5六歩で劣勢」と判断していた。しかし、実際の手はわずかに異なったため、評価値は大きく変動。生放送で使われていたBonanzaの評価もツツカナ「−74」から「+124」に転じた。

画像 74手目。控室のツツカナは△5六歩を警戒
画像 実際に指されたのは△5七歩。評価値は−74から+124に

 もう1つは、111手目。ツツカナが終盤リードしている局面だが、控室のコンピュータ陣は「次が▲1四桂ならツツカナの勝ち。▲4四角だと森下九段の大逆転」と導きだしていた。実際の手は▲3二金となりどちらも当たらなかったが、選択次第では状況が一変する可能性があった。

ツツカナ勝利。そして最終戦へ

 最後は、ツツカナが鮮やかな形で勝利。終局後の一丸さんの感想は、「完走できてホッとしました」だった。また、惜敗した森下九段の振る舞いも印象的だった。PVなどでは「(一般的には)結果しか見てもらえない勝負」「勝つことだけが全て」と、勝ちにこだわる姿勢を見せていたが、敗れた姿に悲壮感はなかった。会見でも、「久々に情熱を持つことができて非常に良い機会だった」と明るく応じていた。電王戦において、棋士が敗れたのに空気が重くならなかったケースは初めてではないか。

 さて、将棋ソフトVSプロ棋士の団体戦は第4局をもって勝負が決した。しかし、だからといって最終局の価値が減るわけではない。なぜなら“トップ棋士との力関係”はまだ不明瞭だからだ。プロ棋士の人数は約160人。大将の屋敷伸之九段は2011〜2013年度、そのうちの上位10人と言うべきA級で活躍している。

 第3局では豊島将之七段(B級1組だが、非公式のレーティングでは羽生三冠、渡辺二冠に続く第3位)が完勝した。トップ棋士ならコンピュータプログラムよりまだ優位なのかもしれない。現時点における答えの一端は4月12日に明らかになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」