ニュース
» 2016年12月09日 18時12分 公開

内容不問の「第9回 日本タイトルだけ大賞」 大賞は接戦で「パープル式部」、残念賞は「前科おじさん」が完全勝利

どっちも中身が気になる。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ほぼ2016年に出版された本の中から、内容不問でタイトルだけを評価する「第9回 日本タイトルだけ大賞」(関連記事)。その選考会が12月8日、ニコニコ生放送で行なわれ、「パープル式部」が大賞に輝きました。ナイスタイトル!


画像 「日本タイトルだけ大賞」が今年も開催! 画像は公式サイトより

 「日本タイトルだけ大賞」は実在する本のタイトルだけを見て、優秀作品を決定するコンテスト。選考会に参加した「でんぱ組.inc」所属のタレント・夢眠ねむさんら4人もあえて中身を読んでおらず、時にはジャンルすら分からないという不思議な状況のなか「ファイティング寿限無」「おしっこおしっこ」「消極性デザイン宣言 消極的な人よ、声を上げよ。……いや、上げなくてよい。」など本選にノミネートされた54作品が紹介されました。いったい、どういう内容なんだろうと思わずページをめくりたくなる力作ぞろいです。

 視聴者投票などを勝ち抜き、大賞に選ばれたのは「パープル式部」(集英社/著・フォビドゥン澁川さん)。ベスト3に入った「コップとコッペパンとペン」「10分後にうんこが出ます」もインパクト抜群で内容が気になりますが、同作と接戦の末、惜敗しています。


画像 ベスト9


画像 ベスト3の中から接戦をものにした「パープル式部」が大賞に

 ちなみに、「実は大賞よりも権威があると言われている」という残念賞では「前科おじさん」が圧勝。こっちはこっちで気になるな……。


画像 完全勝利した「前科おじさん」

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」