レビュー
» 2016年12月25日 13時00分 公開

「彼岸と此岸を行き来」「結界を越える」 意外にファンタジーな獅子舞の世界司書メイドの同人誌レビューノート

この時期に赤と緑のカラーリングと言えば獅子舞しかないですね。一択です。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 慌ただしい12月。街には緑と赤の色使いがあふれて、にぎやかな音楽も聞こえてきますね。緑と赤……そう、獅子舞の定番カラーリングですよね! 新年まで、もうあと数える程の日数。「もういくつ寝ると♪」と、歌が聞こえてきそうなこのごろ、きたるお正月にぴったりの同人誌をレビューします。

今回紹介する同人誌

「おししまいまい 改訂版 1」 A5 54ページ 表紙カラー 本文モノクロ

「おししまいまい 改訂版 2」 A5 60ページ 表紙カラー 本文モノクロ

「おししまいまい 3」 A5 52ページ 表紙カラー 本文モノクロ

著者:昆乃ノギ


同人誌「おししまいまい 改訂版 1」 右側が「二人立ち」、左側が「一人立ち(三匹獅子)」
同人誌「おししまいまい 改訂版 2」 2巻は、獅子舞のカラーページあり!
同人誌「おししまいまい 3」 これこれ、これが私の獅子舞のスタンダードなイメージです


想像と違う!? あなたの獅子舞は「二人立ち」派? それとも「三匹獅子」派?

はじめましてこんにちは。
みなさん、獅子舞は好きですか?
私は大好きです。

 1行目からこんな気の利いた文句で始まる今回の同人誌。「これはいい本だ!」と直感しました。大好きなものを大好きって言える同人誌はすてきです!

 とはいえ、獅子舞って日常であまり接する機会がないですし、好きかどうかと問われても「考えたことなかった」と答えるレベルです。しかし、読んでいくうちに「ん?」と引っ掛かるところが。あれ? 獅子舞って、緑のボディーに赤い顔の姿で、人間2人が中に入っているものを想像していたのですが、それ以外にもあるんですか?

 こちらの本によると、獅子舞は大きく分けて2種類。「おししまいまい」の1巻右に描かれている「二人立ち」と、左に描かれているような「一人立ち」(3人で舞うことも多いので「三匹獅子」とも)があるんですって。私が想像していたのは二人立ちの方でした。同じ獅子舞というくくりの中でも、一見して分かる違いがあるんですね。前者は海を渡った大陸にルーツがあり、後者は日本古来の動物を頭のモチーフとすることが多いのだとか。一口に獅子舞と言っても幅が広い。これを一言で作者さんは「いろんな獅子舞、万歳!」と表現しています。強い……あまりにも獅子舞に対する愛が強い……!

同人誌「おししまいまい」 「みなさん、獅子舞は好きですか? 私は大好きです。」という一文の力強さよ

ルーツを調べて現場に行こう! いとおしくなるレポート

 「おししまいまい」は獅子舞の系統にはじまり、舞の意味、頭部や持ち物の解説、どこで獅子舞が見られるのかなど、充実した情報が掲載されています。

 例えば、舞のストーリーを読み解くと、三匹舞で多く見られる弓をくぐる動作は、「異界から現世にやってくる」「彼岸と此岸を行き来することで特別な力があることを示す」という意味に解釈できるのだとか。うわ、ものすごくかっこいい! 胸が高鳴ります。異形の神が里に降りて舞うんですよね? うう、ファンタジー設定好きの血がふつふつと沸騰してきます。

 さらに「死力を尽くして結界を越えた獅子たちが安住の地を見つける」という流れもあり、なかには「越境に精魂尽き果てて獅子が眠ってしまう舞」もあるんですって。ちょっとお聞きになりました? 眠っちゃうんですって! もー、獅子舞、かわいすぎじゃないですか!? あと、「花見に行って、その美しさに酔って花を散らさんばかりに楽しく遊ぶ姿が演じられたり」とか。特別な力を持つ強い獅子が、お花見でダンス……。かわいい……。ちょっぴり強面(こわもて)かなぁと思っていた大きな目や、ゴツゴツした口元が、ものすごく愛らしく見えてきました。

 他にも、一体を複数人で操る「獅子神楽」の見どころ紹介では、あの風呂敷のような体部分にスポットライトが当たっています。実は、体部分にはよく見ると、獅子舞独特の「獅子紋」が描かれていて、若い獅子(ライオン)に現れる、体毛の渦巻きを表現しているのだとか。えっ、なんだか妙なところでリアルなこだわりですね。そんなところから、「獅子神楽」が大陸を渡ってやってきた文化だと言うことをあらためて感じたりします。現在では、各地で微妙に模様が違うらしいので、獅子舞に出会った時は体も要チェックですね!

同人誌「おししまいまい」 同じに見えて、意外にも違いが分かる獅子紋をチェック!

 こういった知識を仕入れたら、「やっぱり実際に獅子舞を見てみたい」という気分になりますよね。そんな時は、作者さんが実際に各地に足を運んで書かれた見学記がとっても楽しく、お役立ちです。イラストがついたレポートは分かりやすく、お祭りをそっと拝見していたら、あったか甘酒をいただいたというすてきなエピソードや、「夏場の獅子舞見物は虫刺され対策必須ですよ。すごいことになるから」など、ちょっとしたこぼれ話にもくすっと笑ってしまいます。

参考文献も紹介されていて、獅子舞ファンにうってつけの1冊

 現地見物記には開催時期、伝承地(開催地)、問合せ先と交通機関などの情報が添えられ、巻末には参考資料一覧も載っています。獅子舞に興味を持った時には、これはとってもありがたいですね。さりげなく「CiNiiがいいですよ」(日本の論文や、大学図書館所蔵の資料が探せるWebサイト)と、より深く調べるためツールを紹介されていたりして、作者さんが日々獅子舞の資料を探し求めてこられた、地道ながらも愛ある探究心をひしひしと感じます。

同人誌「おししまいまい」 現地見物記は、仕草が伝わるイラストも魅力

 他にも、獅子舞モチーフのお菓子や、自宅を改造して作ったため館長が在宅時しか開館しない私設獅子博物館の来訪レポートなど、隅から隅まで獅子舞好きの気持ちが伝わる1冊です。

同人誌「おししまいまい」 おいしそうなもなか!

サークル情報

サークル名:ふりうやかい

Twitter:@konno_nogi

ブログ:http://sisilog.blog.fc2.com/


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 昨夜は緑のモミの木と赤い服のおじさまが活躍する一夜でしたね。小さなツリーのてっぺんにあかりをつけようと、遠近法を駆使して試みるの図。ちっちゃなツリーなのに、掲げていると意外と腕がぷるぷるします……。そろそろ冬の海辺に向かって体調を整える時期ですね。しっかり眠ってしっかり体力確保で臨みましょうねー

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

同人誌 | 祭り | レビュー | 文化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  8. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  9. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  10. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」