ニュース
» 2017年07月31日 20時30分 公開

「田舎に救済を……」 ポケモンGOの“伝説ポケモン”田舎ではほぼ捕まえられず悲しみの声広がる

伝説ポケモンイベント前に地方救済が行われる……なんてことはなかった。

[コンタケ,ねとらぼ]

 「Pokemon GO(ポケモンGO)」の伝説のポケモン「ルギア」「フリーザー」登場イベント開始から、1週間が経過しました。「フリーザー」の登場が本日で終了し明日8月1日から1週間「ファイヤー」が登場します……が、プレイヤー数が少ない地域のユーザーからは「全く伝説ポケモンを取れる気配がない」と嘆きの声が多数あがっています。一体、何が起こっているのでしょうか。















 伝説ポケモンをゲットするには6月23日に実装された、「レイドバトル」で伝説ポケモンを倒す必要があります。これは、「ジム」に出現するポケモンを倒すことで、そのポケモンをゲットするチャンスが生まれるというもの。


ポケモンgo 伝説 田舎ポケモンgo 伝説 田舎 伝説ポケモン「フリーザー」と「ルギア」

 ただし、「レイドバトル」に出現する伝説ポケモンは非常に強力で、1人で倒すことは絶対に不可能。周囲の人たちと協力できるようになっているため、人を集めて一緒に戦う必要があるのです。最大20人まで同時に戦え、一般的なプレイヤーの場合伝説ポケモンを倒すには10人前後は必要です。


ポケモンgo 伝説 田舎 レイドバトルの伝説ポケモンは特にCPが高く設定されています


ポケモンgo 伝説 田舎 レイドバトル中。左上の「14」が現在の参加人数

 そのため、プレイヤー数が少ない地域では伝説ポケモンが出現しても人が集まらず、全く倒せないという状況が全国で多発しているもよう。伝説ポケモンに限らず、「レイドバトル」自体がプレイヤー数が少ない地域在住のプレイヤーに厳しい仕様となっています。

 そもそも「ポケモンGO」自体、リリース当初から田舎では経験値とアイテムがもらえる「ポケストップ」の数が少ないなど地方格差があると不満の声が多数あがっていました。伝説ポケモンが登場するまでには格差が是正されるかと期待されていましたが特にそういったことはないままです。

 リリースから都会と田舎の格差が広がり続ける同作。既にプレイヤー数が少ない地域在住プレイヤーには諦めムードが広がりつつありますが、今後救済されることはあるのでしょうか。

関連キーワード

レイドバトル | ポケモンGO | 格差


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた