ニュース
» 2017年10月23日 19時53分 公開

プリウスがフェラーリを追い抜く!? 日本発の自動車レース「SUPER GT」をもっと知ってほしい漫画がアツい 運営会社も大絶賛

運営会社も「これはすばらしいです……!」と絶賛。

[ねとらぼ]

 「SUPER GTという日本の自動車レースをご存知だろうか?」――そんな漫画がTwitterで注目を集めています。

 漫画はTwitterユーザーのYUHさん(@YUH_7929)が投稿したもの。「今一番知ってほしい、日本の自動車レースについてのプレゼン漫画です」と10月21日にツイートしたところ、「行きたくなってきた」「初めて見に行った時の感動を思い出させてくれました」と大きな反響を呼びました。



 「SUPER GT」は2005年から日本で開催されている自動車レース(※1)。国内で行われるシリーズ戦としては最大級の観客動員数を誇り(※2)、漫画ではその魅力や内容について、迫力あるイラストと、熱量のある文章で分かりやすく紹介しています。

※1:一部レースはタイでも開催

※2:主催のGTアソシエイションによると、昨年(2016年)は1試合平均約5万4000人を動員(土曜の予選、日曜の本戦を合計した人数)。これは国内で行われるシリーズ戦の動員数としては最大級とのこと

SUPER GT

SUPER GT

 「SUPER GT」の特徴の1つが、レクサスやGT-Rなど市販車をベースとしたレーシングカーで戦う点。さらにこれらの車両は一定のレギュレーション(エンジンの排気量や重量など)のもと厳しい性能調整がなされるため、車同士の性能差が埋まり、常にフェアな戦いができるのだそうです。これにより、「プリウスがフェラーリを追い抜く、そんな光景でさえ日常茶飯事なのである!!」(漫画より)とのこと。すごい光景だ……!

 また自然に「抜きつ抜かれつ」のバトルが発生しやすくなるよう定められたルールもユニーク。最大の特徴は、下位クラスの「GT300」と上位クラスの「GT500」が同じコース内を混走するという点で、これによりコース内のいたるところで激しいバトルが発生。また漫画では省略されていますが、シーズンが進むにつれ、勝ったチームには重量ハンディが課せられていくため、シーズン終盤になるにつれ、レースはどんどん白熱していくのだそうです。


SUPER GT

SUPER GT

 YUHさんは漫画の中で、「SUPER GT」について「マシン・ドライバー・チーム……全ての要素が試される言わば異種格闘技戦」と表現。「まさに“SUPER”な自動車レースなのだ!!」と締めくくっています。これは確かに見たくなってくる……! Twitterでも「SUPER GT」好きな人たちから、「最高の宣伝キター!」「丁寧な上にすごく分かりやすい!」と共感する声が多く寄せられていました。

 また、せっかくなので、レースの主催会社であるGTアソシエイションにも問い合わせてみました。漫画が話題になっていることについては「はじめて聞きました」とのことでしたが、その場で検索して読んでもらうと、「これはすばらしいです……!」と大絶賛。「絵もすばらしいですし、とても分かりやすく、いろんな角度からうちのレースを紹介してくれています」ととても喜んでいました。また、漫画がきっかけで「SUPER GT」に興味を持った人への入り口としては、「まずはうちの公式ホームページがありますので、そこを見ていただければ詳しい情報が載っていると思います」とのことでした。

 次回のレースは今シーズンのグランドファイナルで、11月11日〜12日の2日間、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で開催予定。これを機に「SUPER GT」の世界をのぞいてみるのも楽しそうです。



画像提供:YUHさん

関連キーワード

SUPER GT | 漫画 | 自動車 | モータースポーツ | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた