ニュース
» 2017年10月23日 19時53分 公開

プリウスがフェラーリを追い抜く!? 日本発の自動車レース「SUPER GT」をもっと知ってほしい漫画がアツい 運営会社も大絶賛

運営会社も「これはすばらしいです……!」と絶賛。

[ねとらぼ]

 「SUPER GTという日本の自動車レースをご存知だろうか?」――そんな漫画がTwitterで注目を集めています。

 漫画はTwitterユーザーのYUHさん(@YUH_7929)が投稿したもの。「今一番知ってほしい、日本の自動車レースについてのプレゼン漫画です」と10月21日にツイートしたところ、「行きたくなってきた」「初めて見に行った時の感動を思い出させてくれました」と大きな反響を呼びました。



 「SUPER GT」は2005年から日本で開催されている自動車レース(※1)。国内で行われるシリーズ戦としては最大級の観客動員数を誇り(※2)、漫画ではその魅力や内容について、迫力あるイラストと、熱量のある文章で分かりやすく紹介しています。

※1:一部レースはタイでも開催

※2:主催のGTアソシエイションによると、昨年(2016年)は1試合平均約5万4000人を動員(土曜の予選、日曜の本戦を合計した人数)。これは国内で行われるシリーズ戦の動員数としては最大級とのこと

SUPER GT

SUPER GT

 「SUPER GT」の特徴の1つが、レクサスやGT-Rなど市販車をベースとしたレーシングカーで戦う点。さらにこれらの車両は一定のレギュレーション(エンジンの排気量や重量など)のもと厳しい性能調整がなされるため、車同士の性能差が埋まり、常にフェアな戦いができるのだそうです。これにより、「プリウスがフェラーリを追い抜く、そんな光景でさえ日常茶飯事なのである!!」(漫画より)とのこと。すごい光景だ……!

 また自然に「抜きつ抜かれつ」のバトルが発生しやすくなるよう定められたルールもユニーク。最大の特徴は、下位クラスの「GT300」と上位クラスの「GT500」が同じコース内を混走するという点で、これによりコース内のいたるところで激しいバトルが発生。また漫画では省略されていますが、シーズンが進むにつれ、勝ったチームには重量ハンディが課せられていくため、シーズン終盤になるにつれ、レースはどんどん白熱していくのだそうです。


SUPER GT

SUPER GT

 YUHさんは漫画の中で、「SUPER GT」について「マシン・ドライバー・チーム……全ての要素が試される言わば異種格闘技戦」と表現。「まさに“SUPER”な自動車レースなのだ!!」と締めくくっています。これは確かに見たくなってくる……! Twitterでも「SUPER GT」好きな人たちから、「最高の宣伝キター!」「丁寧な上にすごく分かりやすい!」と共感する声が多く寄せられていました。

 また、せっかくなので、レースの主催会社であるGTアソシエイションにも問い合わせてみました。漫画が話題になっていることについては「はじめて聞きました」とのことでしたが、その場で検索して読んでもらうと、「これはすばらしいです……!」と大絶賛。「絵もすばらしいですし、とても分かりやすく、いろんな角度からうちのレースを紹介してくれています」ととても喜んでいました。また、漫画がきっかけで「SUPER GT」に興味を持った人への入り口としては、「まずはうちの公式ホームページがありますので、そこを見ていただければ詳しい情報が載っていると思います」とのことでした。

 次回のレースは今シーズンのグランドファイナルで、11月11日〜12日の2日間、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で開催予定。これを機に「SUPER GT」の世界をのぞいてみるのも楽しそうです。



画像提供:YUHさん

関連キーワード

SUPER GT | 漫画 | 自動車 | モータースポーツ | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/15/news042.jpg 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  5. /nl/articles/2208/10/news178.jpg 「この世で一番憎んでる」 画面左上に“謎の入力フォーム”が現れる現象に「ホンマにいらん」「何のためにあるのか分からない」の声
  6. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2002/02/news008.jpg 「ガムは75円。ガムはクッキーより40円安いそうです。チョコは何円?」 小2向けドリルの難問が誰にも解けない
  9. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  10. /nl/articles/2208/15/news037.jpg 全力イヤイヤ中の黒柴犬、突然背後を気にしだし…… “何か見えてる”様子に背筋がゾッとする

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい