レビュー
» 2018年03月16日 11時30分 公開

最終回直前! ミステリ好きが全力で語る「アンナチュラル」8〜9話、そして10話への期待(1/3 ページ)

今夜、決着。

[赤いシャムネコ, 青柳美帆子,ねとらぼ]

 法医学で“不条理な死”に立ち向かう、石原さとみさん主演の金曜ドラマ「アンナチュラル」(TBS)。魅力的なキャラクターや現実を反映したストーリーが評判になり、最終回に向けてますます注目されています。



 遺体が“語る”手掛かりから真実を見つけ出す「アンナチュラル」は、ミステリ好きにも人気。ミステリ好きの赤いシャムネコさんも、「アンナチュラル」の面白さに引き付けられた1人です。最終話を前に、8話と9話の「ミステリ的な面白さ」を早口で語ってもらいました。最終話の前におさらいするのはいかがでしょうか! ちなみに極力ネタバレなしですが、まだ見ていない方はご注意を。

赤いシャムネコさん過去記事


8話「遥かなる我が家」

 シリーズ最高傑作といってもよいのではないでしょうか! 雑居ビルで火災が発生し、UDIラボに10体の遺体が運び込まれてくる。そのうちの1体、男性の遺体の後頭部に打撲の跡があることに気付いたミコト。火災現場で本当は何が起こったのか――? というストーリー。ミステリでいうと、「ホワットダニット(何が起きたか)」を解き明かすタイプのお話です。

 構造としては2話の「死にたがりの手紙」に似ています。2話も一家心中の遺体の中に、1体だけ特殊な遺体があり、その遺体の“謎”を解き明かすことで、事件の全貌が見えてくるというお話でした。この2話の類似性が、ある種のミスリードにもなっているのが面白いです。2話の“悪意”や、5〜7話のミステリらしい事件を見てきた多くの視聴者が、「この事件は悪意を持った人間による放火なのだ」「もしかしたら殺人事件の隠蔽で他の9人が殺されたのかも……」と予想したのではないでしょうか。しかも捜査を進めていく中で明らかになる「謎の男」のプロフィールも、強烈なミスリードになっています。

 ですが8話の物語は“悪意の物語”ではなく、“善意の物語”なんですね。終盤の展開で、先入観によって引っ張られていたことが分かる。被害者の属性、性格、行動がひっくり返り、真相が明らかになる――という意味では、1話の事件にも近い。原点にも立ち戻った、「アンナチュラルらしい」お話であったと言えるでしょう。

 8話は非常に凝った構成をしていて、「謎の男の遺体を巡るビル火災事件」「配偶者を亡くしてから家をごみ屋敷にしてしまったヤシキさん」「六郎くんと父との確執」という3つのストーリーがぎゅっと詰められています。サブタイトルは「遥かなる我が家」。ここに何重もの意味が重なっているのが本当にすごい。

 「我が家」とは、まずビル火災の被害者の身元を特定し、「帰るべき場所」を見つけるということを意味しています。さらに真相が明らかになると、謎の男にとっての「我が家」が立ち上がってきます。さらにヤシキさんの配偶者、ミコト、2話の被害者の「ミケちゃん」、震災の犠牲者――と全てを拾いながら、最終的に六郎くんの話として収束していく。あまりにもよくできていて、立ち上がって拍手してしまった……。



 事件の解決の糸口にある「ロープ」が、なぜそこにあったのか? 火災の通報は誰がしたのか? どうして被害者は通報しなかったのか?――などなど、説明されていないところはあります。まあでも、尺の関係で入れられなかったのでしょうし、視聴者が見たいところはそこではないかなーと思うので、大きな不満はありません。

 印象的だったのは、神倉さんの過去と「震災の幽霊」。脚本の野木さんはTwitterで「すべての帰れない人たちに捧げます」とコメントしています。放送時期が3月だったこともあり、東日本大震災への追悼も込めたエピソードでした。現実に存在している「帰れない人」たちへの優しさのようなものを感じます。視聴者が「アンナチュラル」に期待する全てが詰まっている、集大成的なエピソードに仕上がっているのではないでしょうか。

 ちなみに余談ですが、「震災の幽霊」は実はポピュラーな現象ではありません。東日本大震災では幽霊の目撃談が非常に多く寄せられていますが、阪神淡路大震災ではほとんど目撃報告がなかったと言われています。

 その理由はいくつか考えられますが、「地震から時間差で発生した津波によって亡くなった方が多く、『あの時こうしていたら』と生存者が悔やんでいる」「遺体が見つかっていない方がいる」といったことが原因とされています。

 東日本大震災での生存者は強烈なサバイバーズ・ギルト(生き残ったことへの罪悪感)を感じており、それが幽霊の目撃談につながっているという言及があります。サバイバーズ・ギルトはアンナチュラルのシリーズの中でも繰り返し浮上するテーマですね。中堂さんは「思いが足りていないから幽霊に会えない」と呟いていましたが、そんなことないよ! と言ってあげたいです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」