ニュース
» 2018年11月01日 15時30分 公開

渋っ! トライアンフ、ネオレトロな新型車「スクランブラー 1200」を発表 装備最新のオールドオフロード味 (1/2)

万能仕様の「XC」、オフロード寄りの「XE」の2モデルを展開。

[agar,ねとらぼ]

 英国の老舗バイクメーカー、トライアンフが新型車「Scrambler 1200 XC」と「Scrambler 1200 XE」を発表しました。

Scrambler 1200 XC/XE Scrambler 1200 XC/XE(写真:トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン、以下同)

 近年のインダストリアルデザインで世界的ブームである「ネオレトロ」というジャンル。ネオレトロとは、最新の性能や機能を備えつつも、昔っぽい、あるいは昔ながらのデザインを用いている製品のこと。その中には往年の名車をモチーフにしたものもあれば、国内外でかつて流行した伝統的なスタイルを、意識して現代の製品で再現したものもあります。

 Scrambler 1200 XC/XEが表現する「スクランブラー」というスタイルもその1つです。まだバイクの世界に現代のようなオフロード車が存在しなかったころ、ストリート用のバイクを改造して凹凸の激しい不整地コースを激走した「スクランブルレース」がありました。スクランブルスタイルはこれを源流としています。

Scrambler 1200 XC スクランブルレースのイメージ
Scrambler 1200 XC Scrambler 1200 XC
Scrambler 1200 XE Scrambler 1200 XE

 Scrambler 1200シリーズは、舗装路でのツーリングから、ちょっとしたオフロード走行まで楽しめるデュアルパーパス志向の「XC」と、基本設計は共通ながらオフロード寄りの性格に振った「XE」の2モデルを展開。いずれも、1200ccの水冷並列2気筒(パラツイン)エンジンを搭載します。

 直線的なアップマフラーとスポークホイール、さらにはのっぺりデザインのシート、グラブバー、空冷エンジン風の冷却フィンなどが何ともレトロな雰囲気。ちなみに標準モデルは一般オンロードタイヤを装着しますが、オフロード用のフロントフェンダーやブロックタイヤを含むオプションの「Extremeインスピレーションキット」を装着することで、さらに迫力と雰囲気のあるスクランブラースタイルになります。

 そしてもちろん「旧車」ではなく、走行性能や装備は最新です。明るいLEDヘッドライト、5種類(ロード、レイン、スポーツ、オフロード、ライダー)の賢い走行モード切り替え機能、キーレスイグニッション、クルーズコントロール、アクションカメラ「GoPro」向けの遠隔操作機能、Googleとの提携によって実現したスマートフォン連動機能「ターンバイターンナビゲーションシステム」などの最新機能を搭載します。

 トライアンフ車の国内販売はトライアンフ モーターサイクルズ ジャパンが展開。日本での発売時期や価格は後日発表予定。トライアンフの米国サイトによると、2018年12月14日の価格発表を予定しています。

ネオレトロ (参考)ロイヤルエンフィールドが第二次世界大戦時の車両デザインを復刻した「Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition」
ネオレトロ (参考)1970年代の名車・Z1をよみがえらせた「カワサキ・Z900RS」
ネオレトロ (参考)小ぶりなライトカウルとタックロールシートを採用した「スズキ・SV650X」
ネオレトロ (参考)デビュー40周年、排出ガス規制に対応した新モデルとして登場する「ヤマハ・SR400」
ネオレトロ (参考)旧ドイツ軍用バイク・BMW R75を復刻した「ブラックファントム」
ネオレトロ (参考)スーパーカブ誕生60年記念モデルとして新登場した“郵政カブ”「ホンダ・スーパーカブ・60周年アニバーサリー」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.