ニュース
» 2019年03月23日 12時00分 公開

「通勤電車の反対方向に乗る夢」を叶えよう――自転車と一緒に! 超絶面白い「輪行」のコツを伝授しちゃうよ(1/2 ページ)

どこへでも行ける。

[中山順司,ねとらぼ]
自転車と共に電車に乗るのだ……!

 電車に自転車を載せて移動し、目的地で自転車を走る「輪行」という余暇の過ごし方があります。前回の記事で「輪行」の魅力についてお伝えしましたので、今回は実践編。


 「そもそも、どこに行けばいいの?」
 「どうやって列車に持ち込むの?」
 「自転車なんて背負って歩いたら駅構内でへばってしまいそう」


 という不安と心配にお答えしていきましょう。



中山順司(なかやま・じゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するオッサンブロガー。“徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。ブログ「サイクルガジェット」運営。

自転車が好きすぎる筆者の過去記事



「どこ行けばいいか分からない」→あえて知らない駅で降りる

 身も蓋もない言い方をしますが、初回はマジでどこでもいいです。適当な路線で適当に降りてしまってもそれなりに楽しめます。個人的なオススメ方法は「行ったことのない駅へ行く」。近場でかまいません。こんな駅、生涯で一回も用事がないだろうなーってとこにあえて降りてみるのです。

 そこが観光地である必要はなく、市街地だろうが商業地だろうがど田舎だろうがOK。どこで降りても必ずや発見と驚きがあります。

 筆者は「駅名は知っているけどどこにあるかもなにがあるかも1ミリも知識がない駅周辺を走り回って探索する」ってのを何度かやってみました。行ったのは籠原(かごはら)駅国府津(こうづ)駅我孫子(あびこ)駅曳舟(ひきふね)駅。埼玉、神奈川、千葉、東京の順に南関東のマイナーな街を予備知識ゼロ&ノープランで巡ってみたわけですが、どれも新鮮で面白かったです。


適当に入ったラーメン屋が二郎系で戸惑ったり(籠原にて)

横穴古墳に出会ったり(国府津にて)

志賀直哉の旧宅を見つけたり(我孫子にて)

かわいいお稲荷さんに遭遇したり(曳舟にて)

 え? それでもまだどこに行くかで悩んでいる? だったら通勤電車の反対方向に乗りましょう。それくらいならできるでしょう。


輪行を試す前に練習したいならそれもアリ

 「電車にいきなり乗るのは気が引ける」とか、「まずは自転車で街を走ってみたい」ってことであれば、輪行の前に練習がてら知らない街に行ってみましょう。輪行することが目的ではなく、あくまで行動半径を広げるための手段ですからね。

 家から出発して帰ってくるのなら、片道30km未満がいいかなと。それ以上になると初心者は体力的にややシンドいかと思います。

 筆者がたまにやるのが「お台場のタコベルに行って帰ってくる」やつ。川口市の自宅から片道ジャスト30kmで散歩にちょうどいいのです。



 これくらいの距離ならミニベロでも問題なし。片道1時間半なので半日あれば楽しめます。ママチャリでもできなくはないですが、快適ではないとは言っておきます。



 「なぜタコベルなの?」

 アメリカに留学していたころにタコベルにドハマリしまして、タコスに目がないのです。好きなのはハードシェルのほう。ついでにナチョスも頼みます。摂りすぎたカロリーは復路で燃焼させるので大丈夫。

 「待て、タコベルなら渋谷の道玄坂店もあるではないか」

 ええ、でもお台場のほうが観光気分が味わえていいじゃないですか。


道玄坂店にも行きましたけどね

電車にはこう乗ろう

 余談がすぎたので本筋の輪行に戻りましょう。自転車を抱えて電車に乗るにはいくつかコツがあります。


1.乗り換え回数は少ない方が快適

 重さ10kg前後のバイクを担ぐわけなので、駅構内での移動距離はミニマムにしたいところ。10kg=5kgの米袋2個ぶんだと想像してください。「それを肩に担ぐのか、わりと重そうだな」と感じてもらえたのではないでしょうか。

 よって乗り換え回数が少ないほうがベターなのは間違いないです。遠方に行くにはどうしても乗り換えが必要になりますが、慣れるまでは「乗換ゼロ、やってもせめて1回のみ」がいいでしょう。


2.大きな駅は外す

 巨大な駅は便がいいですが、代わりに改札からの移動距離も長いし、人混みに晒されるというリスクがあります。新幹線に乗ろうとして丸の内側から入ったら、逆サイドの八重洲まで米袋2個持ったまま歩かされたと想像してください。ね? うんざりしたでしょう?(笑)

 渋谷ではなく代々木上原駅、新宿ではなく大久保駅……とあえて1つか2つ外して乗るのがオススメ。大きな駅しか停まらない特急や新幹線を利用するならまだしも、在来線、普通列車で行くなら小規模な駅のほうが移動距離も少ない。あと、気分的に楽です。

 ただ、小さい駅だとエスカレーター(エレベーター)がないこともあるのでそこはトレードオフですが。大きな駅を使うなら「乗りたい線はどの改札からが最も近いか?」を調べておくとよいです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」