インタビュー
» 2019年06月08日 12時00分 公開

後から分かった「周りが発達障害の子に合わせて」の意味 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(2)

アドバイスされた「かんしゃくがひどい子どもへの接し方」。その真意は?

[直江あき,ねとらぼ]


 母子ともに発達障害での育児体験をつづった漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」。2019年2月に最終章となる「入学準備編」が刊行された同作について、著者・モンズースーさんにインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき

漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」とは?

 幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。

 未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声! アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイ。

著者プロフィール:モンズースー(Twitter:@monnzusu

長男を出産後、ADHDと診断される。基本のんきで前向き。第29回コミックエッセイプチ大賞受賞後に始めたブログ「【漫画】生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」がアメブロ総合1位を記録(現在のブログは「凸凹ハウス〜親子で発達障害でした〜」)。2016年にデビュー作「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」を刊行、大きな話題を呼びロングセラーに。その後、「入園編」「入学準備編」(いずれもKADOKAWA)を刊行。
















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


―― シリーズ1巻第4話に出てくる「発達障害っぽい私より他の誰かが育てた方がまともな子になれるんじゃない?」というセリフ、とても共感しました。モンズースーさんはネガティブな考えが止まらないときはどうしてますか?

 自分は子育てに向いてないなぁと落ち込むときもありますが、最近何となくやっと割り切れたような気もします。諦めたみたいな感じです。

―― 諦めた?

 「受け入れた」と「諦めた」の違いはよく分かりませんが、諦めたという言い方の方が、私にはしっくりきます。できないことでイライラするのをやめて「できないことを認める」ようになりました。そういう部分が諦めなのかなと思います。

―― 「理想の母親像」のようなものを手放すというでしょうか。

 そうですね。できないくせに理想だけ高いので……それが自分を苦しめるんですよね。もちろんいまだにヘコむことは多いですが、「しょうがない」と思うようにしています。

 幼稚園に入る前の長男は、とにかくかんしゃくがひどくて、どうしたらいいか分からず途方に暮れていました。

 発達障害専門の先生からは長男との接し方について「周りが彼に全部合わせるように」と言われました。ですが、当時は全然ピンと来なくて。子どもの言うことを全部聞いて、毎回その通りにしていたら、大変なことになるんじゃないかって思ったんです。

 けれども、そういうことではなく、「長男の言うことをいったん聞いてその通りにすることで、彼が落ち着く。すると周りを見ることができる。そうすれば次の行動や学習につながる」ということなんだと後から気付きました。

―― それはいつごろですか?

 長男が幼稚園に入ったときです。先生たちの行動を見ていたら、長男のペースに合わせてくれていて。そうすると長男も、先生が自分のペースに合わせてくれていることを理解して、自分から周囲に合わせていくようになったんです。それまではすぐにパニックになっていたので、終わりが見えなかったんですよね。

 1巻の最後に発達障害の専門家の市河先生が解説でこのことについて、分かりやすく言葉にされていて、そういう意味だったのかとようやく腑に落ちました。先生の解説が一番響いたのは、きっと私ですね(笑)。

(続く→発達障害の子ども、療育の効果は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.