レビュー
» 2019年06月23日 11時25分 公開

第1章推理反省会「あなたの番です」田中圭は本当に回復したのか? 原田知世は本当に? 予想のななめ上展開を徹底検証(1/2 ページ)

第2章のオランウータンタイムを予想する。

[米光一成, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 日曜ドラマ「あなたの番です」は、6月16日放映の10話で第1章終了、来週30日から第2章「反撃編」へ)、今夜は特別編(よる11時から)。“菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでの軌跡を描く感動の特別編”だ。

 第10話。予想のななめ上の展開でびっくり仰天であった。


あなたの番です 今夜特別編。第1章最終回で暴かれた402号室の秘密、衝撃でした イラスト/たけだあや

 ダブル主演の菜奈ちゃん(原田知世:302号室)が死ぬとは! ぐぬぬー。前回、ダブル主演の片方が死ぬという予想をした。さらに、そこに至るまでの展開も基本的なラインはビタッと当てた。当てたが、ぐぬぬ。

 あきらかに予想の上をいかれた。「手塚翔太が死ぬという予想まではできるだろう。そういうヤツに鼻高々な予想をさせておいて、こっちはその上を行って、もっと驚かせるぞ」と言わんばかりの展開。なにしろ、翔太がいったん死んだと思わせるようなシーンまで見せつけておいてからの、どんでん返し。ぐぬぬ。


あなたの番です 菜奈ちゃんが菜奈ちゃんが……あまりの衝撃のラスト! ネットも恐慌状態だった イラスト/たけだあや

驚愕の第10話展開を振り返る

 前回の予想を引用し振り返りながら、第10話の展開をおさらいしよう。

 翔太に隠し部屋を見つけられる榎本家。隠し部屋には黒島が監禁されていた。おそらく黒島は、翔太以前に真相に近づいたために監禁されたのだろう。

 隠し部屋に監禁されていた少年は誰なのか。榎本家が「家族」だと語り、榎本正志が「パパ」と呼ばれていたことを考えると、少年は榎本早苗と正志の息子。何らかの理由で監禁されていたのか。

 ここまではピッタリ当たっていたのだ。


あなたの番ですあなたの番ですあなたの番です 手塚翔太(34)【田中圭】302号室、黒島紗和(21)【西野七瀬】202号室、榎本早苗(45)【木村多江】402号室

 早苗が管理人を殺してしまう。犯行と隠し部屋を隠蔽するために、交換殺人ゲームにみせかけようと、ドクター山際も殺害。その後は、疑心暗鬼になった住民たちの殺人の連鎖が起こってしまった。藤井とシンイーが必死に「交換殺人などなかった」ことにしようとしているのは、藤井とシンイーが交換殺人にノッてしまったためだろう。

 このあたりのラインもおおよそ当たりだろう。菜奈に問いただされた藤井は「まだ探っていやがるのか」と隠蔽に走った。


あなたの番ですあなたの番ですあなたの番です 床島比呂志(60)【竹中直人】管理人、藤井淳史(43)【片桐仁】403号室、シンイー(22)【金澤美穂】203号室

菜奈が死ぬとは

 すべて早苗のせいだったということになり、一件落着にみえるが、実は、落着しない(しちゃうと、あと10話もたないからね)。菜奈(原田知世)は、早苗さんの背後にいるはずの犯人に気づく。孤軍奮闘したほうが盛り上がるので、警察は味方にならない展開になるだろう。とするならば黒幕は神谷刑事だ。

 ぐぬぬ。菜奈が死ぬとはまったく考えてないのだった。不覚である。

 ハンドミキサーを持つ早苗が菜奈を襲う。異変に気づき人が集まってくる。母親の暴走を止めるために、402号室のベランダから監禁されていた息子の総一が飛び降りようとする。母である早苗は、菜奈を解放する。が、総一はバランスを崩し、落下。翔太がそれを受け止め、総一は助かる。が、翔太は頭をアスファルトに打ち付け、意識を失って入院。

 そうなのだ。ここで、夕暮れの陽の光差し込むなか、「手塚さん入りますねー」という看護師の呼びかけにも翔太は答えず眼を閉じたまま微動だにしない、という「いかにも死にましたシーン」が挿入されるのだ。

 が、その後。病院を抜け出した翔太が、黒島紗和(西野七瀬:202号室)をカメラマンに、プロポーズドッキリで会いに行く。「寝起きどっきりになっちゃいましたー」と言いながら翔太は寝室へ。もうこのあたりから嫌な予感がして、えええええーと思っていると、菜奈はベッドの中で死体になっているのだった。


あなたの番です 手塚菜奈(49)【原田知世】302号室

衝撃的で意外な死

 してやられた。

 菜奈が真犯人を追い詰めるだけの動機になり、第1部のラストにふさわしい衝撃的で意外な死は、「翔太(田中圭)の死」だろう。翔太が死ぬことによって、翔太を愛していた菜奈は、仇討ちとして黒幕を追い詰めるのだ。

 だが、「ダブル主演の田中圭が後半出ない」っていうのもマズイだろう。田中圭と原田知世の溺愛っぷりは、このドラマの視聴者の望むポイントのひとつだ。ここをナシにするという判断を、秋元康先生が許すわけがない。

 そうだ。勝手に菜奈が真犯人を追い詰めるものだと考えていたが、真犯人を追い詰めるのは翔太でもOKであり、第1部ラストにふさわしい衝撃的で意外な死は、ダブル主演のもう片方「菜奈(原田知世)の死」でもじゅうぶんなのだ。いやじゅうぶん以上だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい