ニュース
» 2019年08月03日 12時00分 公開

『セブンティーン』お悩み相談に上野千鶴子さんが登場 編集長に企画の背景を聞いてみた(2/2 ページ)

[不義浦,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

『セブンティーン』鈴木桂子編集長に聞く、読者に提供したい「考え方」

 この尖ったお悩み相談は、どのように立ち上がったのでしょうか? ねとらぼでは、『セブンティーン』の鈴木桂子編集長に今回の企画が立案された背景などを聞きました。

――今回の企画の趣旨を教えてください。

 生きづらさを感じている読者たちに、いままで触れたことがないであろう考え方を提供したい、という思いから企画しました。友達関係に悩み、将来について悩み、家族関係について悩み……と悩みが尽きない読者たちには、悩みを解決する、もしくは解決するまではいかなくても少しスッキリするような「考え方」に、いっぱい出会っていてほしいなと思っています。

 なぜなら、悩みを解決するのは、ひとつの考え方だけではないので、自分に合うものがどこにあるかわからないから。今までもいろいろな方に読者の悩みに答えてもらいましたが、「今回は、女性学というスキルを持つ先輩(上野千鶴子さん)からのお言葉はどうでしょう!」という感じです。

――なぜ上野千鶴子さんが起用されたのでしょうか?

 東大入学式での祝辞が話題になった後、企画会議で今のJKの悩みを上野さんにぶつけてみたらどういった答えが返ってくるか、という話になりました。登場していただけるかどうかは、その段階ではわかりませんでしたが。

――すでに今回の企画はネット上で話題になっていますが、編集部から見た反響はいかがですか?

 10代の読者に届いているようですが、「高校生の時に読みたかった」という大人の女性の声も目にします。読んでもらえるのは、企画したかいがあるので大変うれしいです。

――これまで、今回のようなジェンダーやフェミニズムに触れる企画を掲載したことはありますか? また、今後もこうしたコーナーを掲載する予定などはありますか?

 LGBTのテーマではぺえさんに登場いただいて読者と一緒に考える企画を掲載したり、弊社『りぼん』の作品「さよならミニスカート」が話題になった時には、作品が描く問題について読者と専属モデルたちに意見を言ってもらう記事を掲載しました。今後も、読者が知っていたら、生きるのがラクになりそう、考え方の幅が広がりそうな話題があれば、扱っていきたいと思います。

画像提供:セブンティーン編集部


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む