コラム
» 2019年09月13日 09時00分 公開

「江ノ電は路面電車じゃない」 え? そうなの? 路面電車じゃないのに道路を走る、深い理由

江ノ島が見えてきた!

[志田原真俊,ねとらぼ]

 鎌倉や江ノ島など、湘南の観光スポットを結ぶ江ノ島電鉄(江ノ電)。首都圏の鉄道ながらローカル線のような雰囲気が楽しめ、レトロな車両が海岸を走る姿や路面電車のように建物やクルマの間を走り抜けていく姿がとても絵になる人気のある路線です。

江ノ電 路面電車 道路 街中を走る江ノ電(江ノ島駅〜腰越駅の併用軌道区間)

 ……路面電車の“ように"? 

 そう、江ノ電は路面電車ではありません。

 日本で線路を敷いて電車や列車を走らせるには、JRや多くの私鉄があてはまる「鉄道事業法」か、路面電車やモノレールなどがあてはまる「軌道法」の許可を受ける必要があります。「併用軌道(道路上に敷かれた線路)」を走る姿と小柄な車両、街中、建物のそばギリギリを駆け抜ける姿も見たことがあるでしょうから「江ノ電は路面電車だ」と思われがちです。でも江ノ電は、軌道法ではなく鉄道事業法に則って運営されている「鉄道」なのです。

上野動物園 モノレール (参考)ちなみに「上野動物園のモノレール」は鉄道事業法に準拠する「鉄道路線」です。こんがらがりそうですが、いろいろあって面白いですね〜
江ノ電 路面電車 道路 江ノ島電鉄

 鉄道事業法と軌道法の違いはいくつかあるのですが、鉄道事業法で許可された路線は本来、江ノ電のように「併用軌道」を走ることはできません。実際、江ノ電も開業した当初は軌道法に基づいて運営される「路面電車」でした。

 現在のような特殊な状態になった理由は、第二次世界大戦にあります。近くを走る東海道線や横須賀線が被害を受けて機能しなくなってしまう場合に備えて「迂回路」として使えるように、国策として鉄道への転換が進められたのでした。

 もっとも、変更が完了したのは終戦後の1945年11月でしたが、実はそんな過去があったのです。

とさでん トリプルクロス (参考)「トリプルクロス」という奇跡が起こる高知県高知市の「とさでん」は路面電車である
とさでん トリプルクロス (参考)福井県「えちぜん鉄道/福井鉄道」は、何と普通の鉄道と路面電車が直通運転するとても珍しい公共交通機関

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.