ニュース
» 2021年09月20日 12時00分 公開

鉄道×温泉×宿のコラボで誕生した新列車「柑橘香る ゆずきち号」に乗ってみた山口・ゆずきち号「アフタヌーンティー」

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは2021年7月に山口で運行を開始したリゾート列車「ゆずきち号」で提供されるスイーツです。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 山口 山口・ゆずきち号のスイーツ
駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口 駅弁 山口

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

全国各地で温泉リゾートへ向かう列車が運行されています。多くは鉄道会社が行楽客を見込んで、眺望に優れた車両を投入したり、グレードの高い車内で軽食を提供するなど、さまざまな趣向をこらしています。そのなかで、7月13日、温泉宿の発案で、鉄道と温泉街がコラボした新しい列車「柑橘香る ゆずきち号」が、山口県で運行を始めました。今回は、駅弁の代わりに、初列車に乗車して提供されたスイーツを、“特別編”でお届けします。

駅弁 山口 キハ47形気動車「○○のはなし」・団体臨時列車「柑橘香る ゆずきち号」、山陽本線・下関駅

「ゆずきち号」は、週末を中心に運行されている山陰本線の観光列車「○○のはなし」の車両とダイヤを使用して、新下関〜下関〜長門市間で運行されています。「ゆずきち」の愛称は、山口県オリジナルの柑橘「長門ゆずきち」にちなんだもの。新幹線と接続する新下関駅を発車したキハ47形気動車が、午前10時08分、下関駅に入線して来ました。「ゆずきち号」オリジナルの気動車らしいヘッドマークも掲げられて、旅心がくすぐられます。

駅弁 山口 「ゆずきち号」出発セレモニー

「ゆずきち号」は「星野リゾート 界 長門」「JR西日本」「長門湯本温泉まち株式会社」の3社が、長門湯本温泉の滞在中だけでなく、移動中も非日常が体験できるように企画されたもの。この日を含め、まずは全4回の運行が計画され、旅行商品として販売されました。7月13日、下関駅で行われた出発セレモニーには、3社の関係者に加え、江原長門市長、前田下関市長も参加して、「ゆずきち」のキャップをかぶり、運行の開始を祝いました。

駅弁 山口 好みの茶葉のオリジナルブレンド

下関駅を定刻通り、10時20分に発車した「ゆずきち号」。列車オリジナルの「ゆずきち」や「夏みかん」をブレンドしたオリジナルのオイルが使われ、車内にふんわり柑橘の香りが漂います。長門市行の車内サービスの目玉は、「オリジナルの器で楽しむアフタヌーンティー」と「好みの茶葉のオリジナルブレンド」です。紅茶は「静岡牧之原・べにふうき紅茶+ウバ+レモンマートル」のブレンド、緑茶は「八女産かりがね茶+煎茶+玉緑茶+ゆず」のブレンドをベースに、自分の好みでローズヒップ、オレンジピール、ジンジャーをアクセントブレンドすることができます。

駅弁 山口 オリジナルの器でいただく“自分だけの”紅茶

萩市在住の陶芸家・金子司さんが「ゆずきち号」のために製作したというオリジナルの器で、自分だけの「お茶」を楽しむことができる何とも贅沢なひととき。茶器が新たに作られた理由は、列車の揺れに耐えられるよう、重心を下にしたり、滑りにくい加工を施す必要があったためだそう。入念なテストを重ね、お茶に適した心地よい温かさのお湯とともに、優雅なティータイムを演出していただけるのは本当に有難いことです。

駅弁 山口 アテンダントさんによるスイーツの提供

ゆずきちのキャップをかぶったアテンダントさんがスイーツを座席へ持って来てくれました。アテンダントを担当されているのは、長門湯本温泉の「星野リゾート 界 長門」と「大谷山荘」の皆さんです。通常の「○○のはなし」でも行われているビューポイントでの徐行運転や一時停車は「ゆずきち号」でも健在。スタッフの方が絶景ポイントの通過予定時刻を教えて下さったので、いただくのをちょっぴり我慢して“海待ち”することにしました。

駅弁 山口 日本海を眺めながらのアフタヌーンティー

【おしながき】

  • ミニ塩ロール
  • 棚田米ビスコッティ ゆずきち
  • ゆずきちフロランタン
  • ゆずきちマカロン
  • ゆずきちクッキー
  • 棚田米ゆずきち ダックワーズ
  • 長門ゆずきち くじら唄(最中)
  • ゆずきちフィナンシェ
  • 萩夏みかんオランジェット
駅弁 山口 長門市発の下り列車で提供されるスイーツボックス

捕鯨基地・仙崎をはじめとした長門市や萩市のお店で作られた自慢のスイーツ。多くのお菓子に柑橘「長門ゆずきち」や山口県の名産「夏みかん」が使われており、甘さとサッパリとした酸味のバランスが心地よく感じられます。なお、アフタヌーンティーが楽しめるのは、長門市行の上り列車のみ。長門市発で運行される下り列車では、ゆずきちを使ったスイーツボックス、ドリンクの提供が行われる他、オリジナルの器の車内販売もあるということです。

駅弁 山口 山陰本線・長門市駅での歓迎

海の底まで見えるくらい透き通った日本海とのどかな田園風景を眺めながら、下関から約2時間。「柑橘香る ゆずきち号」は定刻通り12時16分、長門市駅に到着しました。横断幕を掲げた地元の皆さんの歓迎を受けながら、懐かしい気動車が停車するホームに降り立ちます。普段、鉄道旅をあまりしたことがない方でも楽しめる、程よい乗車時間です。ここからは、迎えのタクシーで、長門湯本温泉「星野リゾート 界 長門」を目指します。

駅弁 山口 星野リゾート 界 長門

江戸時代、歴代長州藩主もたびたび湯治に訪れていたという長門湯本温泉。音信川(おとずれがわ)沿いに温泉街が広がります。その一角に長門湯本温泉観光まちづくり計画の一環として、令和2(2020)年3月12日に開業したのが「星野リゾート 界 長門」です。

駅弁 山口 星野リゾート 界 長門の特別室

温泉や宿泊施設の“再生”で知られる星野リゾートには、いくつかのブランドがあります。なかでも、地域や季節ならではのおもてなしにこだわった温泉旅館のブランドが「界」です。

駅弁 山口 星野リゾート 界 長門・特別室の露天風呂

敷地内は武家文化を体現した「藩主の御茶屋屋敷」がテーマとなっています。客室には、山口県の伝統工芸である萩焼や徳地和紙、大内塗、萩ガラスなどがあしらわれています。なかには、露天風呂が付いた特別室もあり、注がれるのは、長門市有3号泉と1号泉の混合泉。源泉温度31.0℃、ph9.9、成分総計0.1754g/kgのアルカリ性単純温泉で、入浴に適した温度に加温されています。もちろん、大浴場には源泉かけ流しの浴槽もあります。

駅弁 山口 長門湯本温泉「恩湯」

長門湯本温泉では「長門湯本温泉まち株式会社」が設立され、「星野リゾート 界 長門」とともに、温泉街の再生が行われています。温泉街のシンボル「恩湯(おんとう)」も地域の皆さんの手でリニューアルされました。浴槽の奥にある岩盤が源泉で、目の前で湧出したお湯がそのまま湯だまりに集められ、浴槽に注がれます。また浴槽直下に別源泉があり、足元からスーッと湧き上がるお湯も、湯の香とともに楽しめる素晴らしい共同浴場です。

駅弁 山口 キハ120形気動車・普通列車、美祢線・長門湯本〜渋木間

「星野リゾート 界 長門」の三保総支配人によると、「柑橘香る ゆずきち号」の運行は、星野リゾート側の提案から始まったプロジェクトだそう。当初は長門湯本の温泉街を走るJR美祢線の活用を考えていたそうですが、集客をはじめさまざまな観点から、今回は通常の「○○のはなし」を活用した新下関〜長門市間の運行になったと言います。確かに山陰本線でもとくに日本海が美しい区間を満喫すれば、リゾート気分も一気に高まりますね。

駅弁 山口 「柑橘香る ゆずきち号」記念乗車証

「星野リゾート 界 長門」の開業に際しては、山陽新幹線・厚狭駅における「こだま」と、チェックイン時間帯の美祢線との接続時間を改善するなど、星野リゾートとJR西日本は少しずつ協力関係を深めていると言います。これに温泉街のまちづくりを担うメンバーが加わることで、観光列車に留まらない、鉄道と温泉と宿が一体となった地域の“再生”が期待されます。全国の厳しいローカル線の再生につながる“ヒント”も隠れていると感じる「柑橘香る ゆずきち号」。まずは爽やかな柑橘の香りとともにゆったりとした時間を感じて、頭をやわらかくしてみませんか?

(初出:2021年8月6日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい