「何もかもが剥き出しになったRPG」ダンジョンエンカウンターズを遊んだ話今日書きたいことはこれくらい(1/3 ページ)

押しつけがましいくらい、開発者の声が聞こえまくるRPG。

» 2021年11月28日 19時25分 公開
[しんざきねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 いきなり関係ない話から始まって恐縮なんですが、皆さん国語や現代文の試験で、「作者の気持ちを答えなさい」っていう問題、見たことありますか?

 Webだと「悪問の代表」みたいな立ち位置でしばしば話題にのぼりますよね。ときには、「こんな問題があるから日本の国語教育はダメなんだ」なんて言われたりすることもあります。私自身は、評論文や論説文で作者の意図を考えさせる問題ならともかく、小説や物語でこの手の問題を見たことがほとんどなくって、ホントに一般的なのかなそういう問題? って疑問に思うこともあるんですけど。

ライター:しんざき

しんざき プロフィール

SE、ケーナ奏者、キャベツ太郎ソムリエ、三児の父。ダライアス外伝をこよなく愛する横シューターであり、今でも度々鯨ルートに挑んではシャコのばらまき弾にブチ切れている。好きなイーアルカンフーの敵キャラはタオ。

Twitter:@shinzaki



 ただ、あくまで個人的な趣味の範囲での話なんですが、こと「ゲーム」という分野においては、私は「作者の気持ち」や「作者の意図」を妄想するのが大好きです。

 このゲームを作った誰かは、どういう意図を込めてこのデザインにしたんだろう? とか。どんな気持ちでこのメッセージを、この世界観を作り込んだんだろう? とか。

 ゲームを攻略するという行為には、「開発者さんとの勝負」という側面もあります。開発者さんが作り込んだ難問をどうやって解くか。開発者さんが用意した障害をどう乗り越えるか。開発者さんが作り込んだコンテンツをどこまで楽しめるか。ときには、開発者さんが予想だにしていなかったであろう遊び方、楽しみ方を発見できることもありまして、そういうときには何ともいえない達成感を感じることができます。

 開発者の意図の読み解き、開発者との読み合い。「作者の気持ちを答えなさい」というのは、私にとっては「ゲーム攻略」の一部なのです。

 ところでここ最近、「ダンジョンエンカウンターズ」公式サイト)というゲームをひたすら遊んでいます。スクエニから発売された、PS4やSwitch、PC(Steam)で遊べるRPGです。

ダンジョンエンカウンターズ

 まだまだ「遊び尽くした」といえるほどプレイできたわけではないんですが、それでも夢中になってダンジョンを徘徊(はいかい)してマップを踏んでは、新しい武器を見つけてわくわくしたり、仲間を吹っ飛ばされて必死に探索したり、パーティを全滅させて泣きながらセカンドパーティを鍛えたり、大量の借金を抱えて死んだ目で金策をしたりしています。トレジャーリセットマジでどうにかしてほしい。

 このゲーム、何がすごいって、本当になにもかもが「剥き出し」なんですよ。「普通ならそこは隠すだろ?」とか、「何かしらフレーバー被せてごまかすだろ?」みたいなところが、全く、一切隠されてないんです。ゲームの「骨組み」みたいなものが、全てそのまんまプレイヤーの前にさらされている。しかもその「骨組み」は、あちこちとがりまくっていて、プレイヤーの柔らかい部分にブッ刺さりまくる。骨削って作ったヤリかよ、ってくらいとがりまくってるんです。

 結果、上で書いたような「開発者さんの意図」みたいなものが、もうものすごく明確に伝わってくるんです。むしろ、プレイしてる間中ずっと、開発者さんが耳元でぶつぶつ語り掛けてくるような気さえする。

 「ここはこういう風に楽しんでくれ。むしろこれが楽しいと思えるヤツだけこのゲーム遊んでくれ」とか。「このゲームが好きなヤツなら、こういうギミックも好きだろ?」とか。「こんな要素いらないだろ? これで十分面白いだろ?」とか。恐らく、このゲームをちょっとでも遊んだ人なら、大なり小なり同じような「声」が聞こえたんじゃないでしょうか?

 押しつけがましいくらい、開発者の声が聞こえまくるRPG。

 ダンジョンエンカウンターズというゲームを、私はそういう風に捉えているのです。

 本記事では、しばらくダンジョンエンカウンターズを遊んだ上での、現時点の私の感想を書き連ねてみたいと思います。いつものことですが、依頼を受けたPR記事ではなく、私が書かせてくださいと頼み込んで書いている記事です。よろしくお願いします。


剥き出しのシステムと、最小限のフレーバーだけで構成されたゲーム

 皆さん既にご存じかもしれないですが、ダンジョンエンカウンターズがどんなゲームかということについて、まずは簡単に説明させてください。

 ダンジョンエンカウンターズは、一言で言うと、「何もかもが剥き出しになったダンジョン探索RPG」です。

 ダンジョン探索とはいっても、おどろおどろしい洞窟や古めかしい古城の中を探索するようなフレーバーはなく、マップはまるでシンプルなボードゲームのようなそっけない見た目です。しかも、マップのあちこちに「03」とか「08」とか「AC」とか、これまたそっけないイベントマスがあって、プレーヤーには「どこに行けば何が起こるか」が事前に全て開示されています。

ダンジョンエンカウンターズ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」