ニュース
» 2021年11月28日 19時25分 公開

「何もかもが剥き出しになったRPG」ダンジョンエンカウンターズを遊んだ話今日書きたいことはこれくらい(1/3 ページ)

押しつけがましいくらい、開発者の声が聞こえまくるRPG。

[しんざき,ねとらぼ]

 いきなり関係ない話から始まって恐縮なんですが、皆さん国語や現代文の試験で、「作者の気持ちを答えなさい」っていう問題、見たことありますか?

 Webだと「悪問の代表」みたいな立ち位置でしばしば話題にのぼりますよね。ときには、「こんな問題があるから日本の国語教育はダメなんだ」なんて言われたりすることもあります。私自身は、評論文や論説文で作者の意図を考えさせる問題ならともかく、小説や物語でこの手の問題を見たことがほとんどなくって、ホントに一般的なのかなそういう問題? って疑問に思うこともあるんですけど。

ライター:しんざき

しんざき プロフィール

SE、ケーナ奏者、キャベツ太郎ソムリエ、三児の父。ダライアス外伝をこよなく愛する横シューターであり、今でも度々鯨ルートに挑んではシャコのばらまき弾にブチ切れている。好きなイーアルカンフーの敵キャラはタオ。

Twitter:@shinzaki



 ただ、あくまで個人的な趣味の範囲での話なんですが、こと「ゲーム」という分野においては、私は「作者の気持ち」や「作者の意図」を妄想するのが大好きです。

 このゲームを作った誰かは、どういう意図を込めてこのデザインにしたんだろう? とか。どんな気持ちでこのメッセージを、この世界観を作り込んだんだろう? とか。

 ゲームを攻略するという行為には、「開発者さんとの勝負」という側面もあります。開発者さんが作り込んだ難問をどうやって解くか。開発者さんが用意した障害をどう乗り越えるか。開発者さんが作り込んだコンテンツをどこまで楽しめるか。ときには、開発者さんが予想だにしていなかったであろう遊び方、楽しみ方を発見できることもありまして、そういうときには何ともいえない達成感を感じることができます。

 開発者の意図の読み解き、開発者との読み合い。「作者の気持ちを答えなさい」というのは、私にとっては「ゲーム攻略」の一部なのです。

 ところでここ最近、「ダンジョンエンカウンターズ」公式サイト)というゲームをひたすら遊んでいます。スクエニから発売された、PS4やSwitch、PC(Steam)で遊べるRPGです。

ダンジョンエンカウンターズ

 まだまだ「遊び尽くした」といえるほどプレイできたわけではないんですが、それでも夢中になってダンジョンを徘徊(はいかい)してマップを踏んでは、新しい武器を見つけてわくわくしたり、仲間を吹っ飛ばされて必死に探索したり、パーティを全滅させて泣きながらセカンドパーティを鍛えたり、大量の借金を抱えて死んだ目で金策をしたりしています。トレジャーリセットマジでどうにかしてほしい。

 このゲーム、何がすごいって、本当になにもかもが「剥き出し」なんですよ。「普通ならそこは隠すだろ?」とか、「何かしらフレーバー被せてごまかすだろ?」みたいなところが、全く、一切隠されてないんです。ゲームの「骨組み」みたいなものが、全てそのまんまプレイヤーの前にさらされている。しかもその「骨組み」は、あちこちとがりまくっていて、プレイヤーの柔らかい部分にブッ刺さりまくる。骨削って作ったヤリかよ、ってくらいとがりまくってるんです。

 結果、上で書いたような「開発者さんの意図」みたいなものが、もうものすごく明確に伝わってくるんです。むしろ、プレイしてる間中ずっと、開発者さんが耳元でぶつぶつ語り掛けてくるような気さえする。

 「ここはこういう風に楽しんでくれ。むしろこれが楽しいと思えるヤツだけこのゲーム遊んでくれ」とか。「このゲームが好きなヤツなら、こういうギミックも好きだろ?」とか。「こんな要素いらないだろ? これで十分面白いだろ?」とか。恐らく、このゲームをちょっとでも遊んだ人なら、大なり小なり同じような「声」が聞こえたんじゃないでしょうか?

 押しつけがましいくらい、開発者の声が聞こえまくるRPG。

 ダンジョンエンカウンターズというゲームを、私はそういう風に捉えているのです。

 本記事では、しばらくダンジョンエンカウンターズを遊んだ上での、現時点の私の感想を書き連ねてみたいと思います。いつものことですが、依頼を受けたPR記事ではなく、私が書かせてくださいと頼み込んで書いている記事です。よろしくお願いします。


剥き出しのシステムと、最小限のフレーバーだけで構成されたゲーム

 皆さん既にご存じかもしれないですが、ダンジョンエンカウンターズがどんなゲームかということについて、まずは簡単に説明させてください。

 ダンジョンエンカウンターズは、一言で言うと、「何もかもが剥き出しになったダンジョン探索RPG」です。

 ダンジョン探索とはいっても、おどろおどろしい洞窟や古めかしい古城の中を探索するようなフレーバーはなく、マップはまるでシンプルなボードゲームのようなそっけない見た目です。しかも、マップのあちこちに「03」とか「08」とか「AC」とか、これまたそっけないイベントマスがあって、プレーヤーには「どこに行けば何が起こるか」が事前に全て開示されています。

ダンジョンエンカウンターズ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」