新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年07月07日 10時06分 UPDATE

日々是遊戯:どんだけ無理ゲーだ! 海外ユーザーが選ぶ「プラチナトロフィー獲得が難しいゲームTOP5」

そのゲームを極めた人だけが獲得できる、PS3の「プラチナトロフィー」。ゲームによっては獲得までに数百時間を要するものもありますが……。

[池谷勇人,ITmedia]

難しいってのはこういうことだ!

 祝、PS Store復旧!

 ――とはあんまり関係ありませんが、海外サイト「Lazy Ass Gamer」にて、「プラチナトロフィーを獲得するのが難しいゲームTOP5」という記事が掲載されています。

 筆者もわりと「実績/トロフィー」にはこだわってしまうタイプで、ひとたび集めはじめてしまうと、実績1000 or プラチナトロフィーを獲得しないとどうしても気が済まない――ということがしばしばあります。まあ、それが「時間をかければなんとなかる」レベルだったらまだいいんですが、たまに「どんだけ無理ゲーだ!」ってゲームもちらほら……。それでは実際に、そんな無理ゲーの世界を実際にのぞいてみることにしましょう。

5位:ストリートファイターIV(50時間〜)

wk_110706hibikore01.jpg

 本作が難しいと言われる最大の理由が、純粋にプレイヤー自身のテクニックが問われるトロフィーがいくつかある点。「ランクマッチで10連勝」や「ネットワーク対戦で100勝」などもかなり腕前に依存するトロフィーですが、何より難しいのが、超難度のコンボを実際に成功させなければならない「トライアルモード」系のトロフィー。本作のコンボは1フレームの狂いも許されないものが多くあり、ある程度格闘ゲームに慣れた人でも全キャラクターでこれをクリアするのはかなりの苦行となりそうです。

4位:スターオーシャン4 THE LAST HOPE -INTERNATIONAL-(450〜1000時間)

wk_110706hibikore02.jpg

 こちらはとにかく時間がかかるのが特徴で、プラチナトロフィー獲得までの目安はおよそ450時間から1000時間、もしくはそれ以上とも。アイテムクリエイション制覇、モンスターコレクション獲得などコレクション系の実績はどれも時間がかかるうえ、なおかつ周回プレイによる引き継ぎも不可能。中でも厳しいとされるのが、9キャラクター×100項目におよぶ「アーツコレクション」(戦闘時に特定の行動をとることで解除)の制覇で、このトロフィーだけでもゆうに数百時間はかかるとされています。

3位:LOST PLANET 2(250時間〜)

wk_110706hibikore03.jpg

 こちらもシングルモード難易度(4段階)別クリア、オンラインバトル100勝、CO-OPプレイで386エリアクリアなど時間のかかるトロフィーが多く、最低目安時間は250時間以上とかなりのもの。またプレイ中に特定の行動をとることで獲得できる「通り名」や「Good Job」といったシステムもあり、これをコンプリートするのがまた至難の業。特に「通り名」の中には「いずれかのランキングで(世界)1位になる」というトンでもないものも……。

2位:Warhawk(1000時間〜)

wk_110706hibikore04.jpg

 オンライン専用ゲームなので、トロフィー獲得にあたり最大の敵は何と言っても「他のプレイヤー」。ランク系のトロフィーを獲得するためには、最低限トッププレイヤーレベルの実力が必要不可欠なうえ、さらに「メダル」や「バッジ」といったやり込み要素まで……。すべて獲得するまでの目安はオンラインプレイ1000時間以上、実力によってはさらに何倍もの時間がかかると言われています。ちなみにユーザーからは不評だったのか、次回作の「Starhawk」ではもっと簡単に取得できるように調整されるとか。

1位:NINJA GAIDEN Σ2(150時間〜)

wk_110706hibikore05.jpg

 そして栄えある1位に輝いたのは、激ムズアクションゲームとして知られる「NINJA GAIDEN Σ2」でした。最低目安時間こそ150時間と前3作品に比べて控えめですが、それでも1位なのは単純に「要求されるスキルレベルがハンパないから」。しかもオンライン必須の「チームミッション」では、自分だけでなくパートナー側にも「悟り」レベルのスキルが要求されるとのこと。

 特に「オンラインで世界1位になる」といったムチャクチャなトロフィーはありませんが、普通にミッションをクリアするだけでも十分に難しい本作。アクションの腕前に自信があって、なおかつトロフィー獲得に付き合ってくれるパートナーがいる人は、ぜひ一度コンプリートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


 ――ということで、なんと5タイトルのうち4タイトルが日本のタイトルという結果に。クリアだけならそれほど難しくはないものの、プラチナトロフィー獲得まで目指すと途端に難しくなる……というあたりに、やり込み好きな日本人の国民性(たぶん)が反映されているのかもしれません。

 個人的には、実績/トロフィーはゲームの遊び方を変えた偉大な発明だと思いますが、一方でユーザーからは「やり込みを強いられているようでイヤだ」という意見があがっているのも事実。みなさんは実績/トロフィーについてどう思いますか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー