新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2012年06月01日 15時10分 UPDATE

ねとらぼ知ったかぶり(5月26日〜6月1日):ついに復興牡蠣が届いた! 震災直後にスタートした「SAVE SANRIKU OYSTER」その後

東日本大震災直後にスタートした、三陸牡蠣の復興支援プロジェクト「SAVE SANRIKU OYSTER」その後。記事ランキングとあわせてどうぞ。

[ITmedia]

 ねとらぼの人気記事をランキングでご紹介する「ねとらぼ知ったかぶり」。今週1位は怖すぎるトイレの記事でした。スリル満点と言えば、地上40メートルで食事する空中レストランの話題もありましたね。高いところが苦手な人はどちらも【閲覧要注意】です。

 ところで皆さま、三陸牡蠣の復興支援プロジェクト「SAVE SANRIKU OYSTER」を覚えていらっしゃいますでしょうか。1口1万円の「牡蠣オーナー」をネットで募集し、集めた資金で養殖に必要な設備などを購入。数年後、出荷できるようになった時、オーナーに牡蠣を届ける――という仕組みで、東日本大震災直後にスタート。ねとらぼの記事でもご紹介しました。

画像

 このプロジェクトで牡蠣オーナーになった記者の友人によると、最近、運営スタッフの方からメールが送られてきたそうです。気になるその中身は……牡蠣発送のお知らせ! つ、ついに牡蠣がくるー! 友人は予想していたより早い知らせに驚き、うれしくなったと言います。「ようやくここまでこぎつけた」――メールにはスタッフの方々の思いも書かれていました。

 公式サイトによると、牡蠣オーナーの募集は今年3月末で終了しており、これまでに2万件以上の申し込みがあったそうです。Twitterのハッシュタグ「#fukkokaki」では、「SAVE SANRIKU OYSTER」から牡蠣が届いたとの報告が続々と寄せられています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事