ニュース
» 2005年05月13日 10時30分 公開

Xbox 360で“HD時代”のマーケットリーダーに――ロビー・バックは語る (2/2)

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

日本での成功が世界の成功につながる

 我々が今度は成功する、と確信している第2の理由は、デベロッパーとの非常に良好なパートナーシップを持っていることにある。リテールやパブリッシャー、新しいTVの波を起こしたいと考えているコンシューマーエレクトロニクス業界、家庭にブロードバンド環境を提供するプロバイダーなど、全ての業界と強力な関係を築けているからだ。

 さて、日本のことについて特に述べるが、日本でどのように我々は進んでいくのか、ということについて話したい。

 次世代機では、坂口氏、水口氏、岡本氏といったパートナーと組んで、我々のタイトルとして、独自のゲームソフトをリリースすることにしたわけだが、成功するためには日本のパブリッシャーとも、もっと深い関わりを持って行くつもりだ。日本で成功することが、北米やヨーロッパでの成功にもつながるし、それぞれの市場を発展させることになると思っている。

 最後にはマーケットに対する考え方だが、これからの時代はソフトウェアとサービスに焦点が当たると考えている。これまで30年間、マイクロソフトはゲーム以外にもプラットフォームを提供してきた会社であり、デベロッパーに対してもどのようにサービスを提供したらよいか分かっている。

 マイクロソフトを、ソニーや任天堂と比較すると興味深いだろう。ソニーは偉大なコンシューマーエレクトロニクスの会社だ。しかしこれからの時代が、ハードウェア重視からソフトウェアやサービスに向かう時代にあって、マイクロソフトよりも劣るのではないだろうか。

 任天堂も私は尊敬している。これまで偉大な仕事をしてきた会社だ。しかしデジタルメディアやオンラインゲームには焦点が当たっておらず、若年層向けのよいゲームを作り上げることに集中している。この市場は、我々がターゲットとしている市場よりもそれほど大きくはない。

ニーズがあるから、いま次世代機をリリースする

 なぜ今年に次世代機をリリースするのか? 時期としては早すぎると言うことはない。消費者が望むこと、ゲームパブリッシャーがやりたいこと、そしてテクノロジーも合わせて考えて、今この時期が来た、というだけだ。消費者はHDTVに興味を持っているし、パブリッシャーは次世代機用のゲームを開発する用意が調っている。ゲーム体験をドラマティックに変化させることができるテクノロジーもある。だから今年リリースする。

 戦略的な面から考えても、競合他社に後れを取らないということが大事だ。Xboxではソニーの2年後にリリースしてしまった。この失敗は二度と繰り返さない。今度はソニーが我々の1年後に発売すると決定したようだが(笑)。

 先ほども述べたように、Xboxは全世界で2000万台を販売した。Xbox 360の販売台数だが、市場がどのように大きくなるのかによるだろう。日本以外では25〜30%のシェア。これを40〜50%まで引き上げたいと思っている。

 日本でのシェア? Xboxの実績が悪かったこともあるが、それから学ぶことは多かった。日本の場合では具体的な数字は決めていない。Xbox 360を新しいチャレンジとしてこれから販売していくが、もちろん日本で40〜50%といったシェアが取れれば、それはすごいことだ。もしそうなったら2、3カ月休みをもらうことにするよ(笑)。

 マイクロソフトはこの4年間、日本からたくさんのことを学んだ。我々は“学びながら成長する企業”だ。ミスからたくさんのことを学んだ代わりに、二度と同じことは繰り返さないのがマイクロソフトだ。これからも日本の特殊性を理解することで、マーケットを広げたいと考えている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.