ニュース
2005/07/26 02:59 更新

Xbox Summit 2005詳細リポート その2:
ナムコやコナミなど国内大手パブリッシャーがタイトルを多数発表 (2/5)


前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

ナムコ、Xbox 360で日本市場に参入。バンダイはガンダムゲームを投入!

 そしていよいよ、サードパーティ製タイトルの紹介へと移った。それも、海外パブリッシャーではなく、日本のパブリッシャーが開発しているタイトルが中心。しかも、ナムコやコナミ、カプコンといった大手パブリッシャーが続々登場してきたのだ。ここからは、今回発表されたサードパーティ製タイトルについて紹介していこう。

 まずトップバッターとして登壇したのが、ナムコ常務執行役員CTカンパニー バイスプレジデントの原口洋一氏だ。ナムコからは、日本市場向けとして開発中のXbox 360用タイトルの中から、4タイトルが発表された。

画像

ナムコの原口洋一氏が登壇し、Xbox 360向けタイトルを国内に投入すると表明

 1つはE3 2005で発表された「フレームシティ」だが、それ以外のタイトルとして、本格派サッカーゲームの「LOVE FOOTBALL(仮称)」が紹介された。選手視点でのプレーを可能としているそうで、緊迫感のある他プレーヤーとの競り合いなど、これまでのサッカーゲームでは体験できなかったプレー感が楽しめるそうだ。

画像

フレームシティという都市を舞台とするアクションアドベンチャーだ

画像

プレーヤーは特殊工作員「クロウ」となり、テロリストの陰謀を打ち砕くために様々なミッションをこなしていく

画像

こちらは新作サッカーゲームの「LOVE FOOTBALL」。選手視点でのプレーに対応し、緊迫した競り合いなどが楽しめる

画像

一般的なプレースタイルでもプレー可能のようだ。サッカーゲーム好きなら見逃せないタイトルだろう

画像

リッジレーサーシリーズの最新作もXbox 360に登場。リッジレーサーといえばプレイステーションの立ち上げに貢献したタイトルだが、Xbox 360の立ち上げにも貢献する!?

画像

車はこのようにかなりリアルな雰囲気となっている

画像

このイラスト同等の車が走るリッジレーサーシリーズ、想像しただけでもわくわくしてくる

 ほかに、ナムコの人気RPG「テイルズ」シリーズなどを手がけるRPGスタッフが総力を結集し、圧倒的な映像で新しい試みをふんだんに盛り込み満を持して送り出すファンタジーRPGの新作「新RPG(仮称)」、そして定番レースゲームの新作である「Ridge Racer 6」だ。こちらはタイトルロゴおよびイラストのみの紹介だったが、オフラインプレーだけでなく、コンテンツダウンロードも含めたオンラインの仕様もふんだんに盛り込んだゲームになるそうだ。

 最後に原口氏の「ナムコでは、Xbox 360向けにあらゆるジャンルのコンテンツを提供すべく鋭意開発中です。」という非常に心強いコメントで締めくくられた。

 また、今年秋にナムコと経営統合されることになっているバンダイ常務取締役 ビデオゲームカンパニープレジデントの鵜之澤伸氏により、いくつかタイトルが紹介された。こちらは映像はなくタイトル発表のみとなったが、「機動戦士ガンダム」をモチーフとしたタイトルがまず紹介された。こちらは、FPS系のアクションシューティングだそうで、「バトルフィールド 1942」に近いプレー感になっているそうだ。今年の東京ゲームショウでは映像を含めた発表が行われるそうなので、ガンダムファンは期待しておこう。

画像

バンダイの鵜之澤氏からは、機動戦士ガンダムをモチーフとしたFPS系タイトルと、アニメ番組とのメディアミックスタイトルが開発中であると発表された

 またもう1本は、テレビアニメとの連動もののタイトルだ。ネットワークにも対応し、これまでとは違ったメディアミックスタイトルに仕上げたいそうだ。こちらはテレビ局との調整もあって、タイトルは紹介されなかったが、近いうちに詳細が見えてくることになるだろう。

DEAD OR ALIVE Xtremeの続編がXbox 360で登場!

前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.