ニュース
» 2005年10月27日 15時17分 公開

トークにライブに大盛り上がり!!――「ラムネ&はっぴぃセブンTV前夜祭」(1/4 ページ)

この秋から始まる注目のテレビアニメ「ラムネ」と「はっぴぃセブン〜ざ・テレビまんが〜」の放映を直前に控え、出演声優陣を交えた盛大なイベントが行われた。トークあり歌ありの盛りだくさんの内容をお伝えしよう。

[ひろいち,ITmedia]

 台風17号が関東に接近し街もそこはかとなく静かだったその日、東京・日本青年館だけは真夏のような熱気に包まれていた。「ラムネ&はっぴぃセブンTV前夜祭」が行われるためである。インターネットでの抽選に当選した幸運な観客約200人が集まっていた。その会場の入り口で、まず目に飛び込んできたのは、「ラムネ」のコスチュームに身を包んだコスプレイヤーさんたち。来場者の方々を出迎え、パンフレット等を手渡しているのだ。その笑顔に、イベント開始前から心癒された方も大勢いたと思う。これは撮影させてもらわねばと、さっそくパチリ。

 さて、実に4時間にも及ぶそのイベントは、主催のトライネット広報さんの前説で始まりを告げた。テレビアニメ「ラムネ」の原作となるPCゲームが「ねこねこソフト」のタイトルであることから、広報さんはネコ耳をつけての登場。このネコ耳はのちほど舞台上で活躍することに。

 この広報さんの前フリの中で、ファンにはうれしいお得情報がひとつあった。なんとテレビアニメ「はっぴぃセブン」は、放映される地域によって微妙に映像に変化がつけられているらしい。それはストーリーの本筋に関係するような大きな違いではなく、アイキャッチが違ったり、キャラクターが食べているお弁当の中身が違うというようなものだそうだ。制作者の遊び心を感じることができるファンには嬉しい仕掛け……だが、現場サイドはそのせいで相当苦労していると冗談交じりに語っていた。

 そして、とても広報さんとは思えない巧妙なトークの前フリは、好調すぎて時間をオーバーしてしまうということがありながらも順調に終了。続いて「ラムネ」の第1話が先行上映された。

前半は「ラムネ」で大盛り上がり

 夏の田舎町を舞台に、主人公・友坂健次と6人のヒロインたちとの交流が描かれていく物語「ラムネ」(関連記事参照)。先行上映の際にもっとも客席の反応が良かったのは、第1話のアイキャッチ終了後。主人公の友坂健次が「信○の野望」風の戦国シミュレーションゲームの夢にうなされて目を覚ますというシーンがあり、会場が笑いに包まれた。そのほかにも、寝相の悪いヒロインの近衛七海がベッドに挟まれて身動きが取れなくなっているシーンや、七海が丹精込めて作っていたスイカ「ななみすぺしゃる」を健次に食べられてしまうシーンなど、ほのぼのとした笑いどころが多かったように思える。

 上映会終了後は「ラムネ」出演者を集めてのトークコーナーが行われた。司会を務めるのはトライネット主催のイベントではおなじみの大宮三郎氏と飯塚浩一氏。おふたりも前説の広報さんたちと同じくネコ耳を装着して登場したが、「僕らのネタが前説にとられた」と悔しがっていた。

 出演者の紹介の際、谷山紀章さんの登場で観客から歓声が飛んだ。男女問わずの大歓声で、ものすごい人気ぶり。なかには「へたれー」との声も混じっていたが、それを聞きつけた谷山さんは「ヘタレと呼ばれて早2年です」と見事な切り返しを見せて爆笑を誘った。また、熱狂的な応援があったのは近衛七海役の後藤邑子さん。紹介の際には応援とも奇声ともとれそうな歓声が会場中に響いた。その熱狂ぶりは、司会の飯塚さんが「救急車を呼びましょうか?」と声をかけて笑いを誘うほど。

 トークの内容はプライベートにまで及んだ。「ラムネ」に出演される声優さん方はみんな仲良しで、よく一緒に出かけたりもするようだ。仲里ひかり役の友永朱音は石和多恵役の柳瀬なつみさんと花火大会に行った話を披露してくれた。また、七海を演じる後藤さんは演じるキャラ同様寝相があまりよくないらしく「七海のようにベッドの脇によく挟まれている」発言で会場を沸かせた。

 ちなみにトーク中には、司会陣がつけているネコ耳を谷山さんにつけて欲しいとの要望が客席から上がる。実際に谷山さんが付けてみると、女性ファンの黄色い大歓声があがっった。さらに、後藤さんも白のネコ耳をつけることに。これには大宮氏も「悔しいけどよく似合う」と絶賛。ただ谷山さんは「真面目に人の話を聞いているときに、ふと、俺はなぜネコ耳をつてけているんだろうと我に返ってしまうね」と苦笑していた。

友坂健次役の谷山紀章さんは、山口から上京してきたときの思い出を話してくれた。新宿は日本一乗降車率が多いという話を聞いていたことから、新宿が東京なのだと思い込んでいたらしい。そのため、乗っていた新幹線が東京駅に着いたにもかかわらず「ここは東京じゃない」と思い込んで新宿駅を探したのだそうだ
近衛七海役の後藤邑子さんは「得意なものは?」の質問に「お酒」と答えていた。「どんなお酒でもお腹がいっぱいになるまで飲める」のだそうだ。見かけによらず、そうとうの酒豪らしい……。ちなみに、後藤さんの髪には、テレビアニメで七海がつけているのと同じお魚の髪留めをが。ただ、その髪留めをもって来たのはなぜか佐藤美佳子さん
友永朱音さんは後藤さんと仲良しで、一緒に買い物にも行ったりするとのこと。この日後藤さんが着ていた服も友永さんが見立てたものとのこと
柳瀬なつみさんは「夏の思い出は?」の質問に「シマシマの色をした水着を着たら、脱いで見たらシマシマに日焼けをしていた」と答えていた
友坂鈴夏役の佐藤美佳子さんは自らの演じる鈴夏が羨ましいと語った。というのも「一番年下のキャラなのに、ボインボインだから」なのだそうだ。ボインボインという響きがどことなく懐かしい……
佐倉裕美役の田口宏子さんはこの夏、海に行って洋服のまま泳ぐハメになってしまったという。よほどの海好きかと思いきや、海岸を散歩していたら転んでしまったそうだ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声