インタビュー
» 2006年05月13日 14時51分 公開

何をせずとも進化していく箱庭――「あつまれ ! ピニャータ」で始めるスローライフE3 2006「マイクロソフトブース」

日本国内での発売が決定した、Xbox 360用ソフト「あつまれ ! ピニャータ」だが、これまでに明らかにされている情報はあまりにも少ない。そこで今回は、本作の制作スタッフ2人に、デモプレイを交えながら本作の紹介を行ってもらった。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 日本国内での発売が決定した、Xbox 360用ソフト「あつまれ ! ピニャータ(英語タイトル:Viva Pinata)」。本作は、プレーヤーが自分好みのガーデン(庭)を作りながら、「ピニャータ」と呼ばれる動物たちを育てていく、育成シミュレーションゲームだ。とは言え、ブース内でもスタッフによる簡単なデモが行われてるのみと、これまでに明らかにされている情報はあまりにも少ない。そこで今回は、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるJim Veevaert氏、デザインディレクターを務めるGregg Mayles氏に、デモプレイを交えながら、本作の紹介を行ってもらった。

photophoto (写真左)Jim Veevaert氏
(写真右)Gregg Mayles氏

 まず始めに見せられたのが、ゲーム開始から15〜20時間ほどが経過したというガーデン。草木が生い茂り、ピニャータも4種類ほど確認することができた。ゲーム自体は地面のみの、何もない状態から始まるが、そこに穴を掘ることにより虫が入り込む。虫が住みつくと、今度はそれを狙う鳥が現れる、といった感じでピニャータは増えていく。さらに別のピニャータを住まわせたい場合は、芝生や木、囲いや建造物などを購入し、設置することで、新たなピニャータがガーデンへやって来るという。なお、ゲーム中に登場するピニャータの種類は、現在のところ60種類以上を予定している。

photophoto デモプレイで見せてもらったガーデンの様子

 ガーデン内に生息するピニャータにはすべてタグが付けられており、個別に認識することができる。このタグには名前を入れることができるほか、履歴、つまりそのピニャータがどの世界(どのユーザーの元)から来たのかが、ひと目で分かるようになっている。そう、ここですでに気付いてる人もいるかもしれないが、ピニャータはXbox Liveを通して、ユーザー同士での交換が可能なのである。Xbox Liveではほかにも、地面以外のすべてのものを、ユーザー間で受け渡しすることができるようになっている。

 実にスローライフなゲームであるように感じる本作ではあるが、ピニャータを脅かす存在もいる。それが「性格のねじ曲がったピニャータ」と「危険人物」である。性格のねじ曲がったピニャータは、そのままにしておくとほかのピニャータに害をおよぼす。この場合、ガーデンから追い出すことはできないため、飼い慣らす必要があるという。

 一方の危険人物は、勝手にガーデン内に入ってきて、病気のピニャータを壊してしまうという、非常に厄介な存在だ。彼らも直接的に追い出すことはできないため、プレーヤーは医者のヘルパーを呼び、病気のピニャータを治すこととなる。ヘルパーというのは、プレーヤーの変わりにガーデン内の環境を整えてくれる人物たちのことを指す。これによりプレーヤーは細かいことにわずらわされることなく、プレイができるようになっている。

photophoto 写真左がヘルパーで、写真右が危険人物。見た目は近いが、その役割には大きな違いがある

 もし壊れてしまったピニャータがいたとしても、そのまま世界からいなくなってしまうわけではなく、時間が経つと転生して戻ってくる。ただ、転生したピニャータは野生化してしまっているため、好物を与えたり、相性の良いピニャータをガーデンに招き入れるなどして、再度飼い慣らす必要があるという。

photo デモで使用されていたXbox 360にはViva Pinataのフェイスプレートが取り付けられていた。北米では販売予定とのことだが、日本での発売は未定だという

 なお、ピニャータには雄雌の概念があり、ミニゲームなどで相性を高めることで、ロマンス状態となって新しい生命、卵が産みおとされる。この卵はそのままふ化させることもできれば、Xbox Liveで友人に送ったり、売ってゲーム内通貨にすることができる。

 紹介を終えたJim Veevaert氏は最後に、「テレビの前に座っているだけも、どんどんガーデンは進化していく。それもひとつのエンターテイメント。楽しいものになるだろう」と語るなど、本作に対する自信をのぞかせた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10