インタビュー
» 2006年05月13日 14時51分 公開

何をせずとも進化していく箱庭――「あつまれ ! ピニャータ」で始めるスローライフE3 2006「マイクロソフトブース」

日本国内での発売が決定した、Xbox 360用ソフト「あつまれ ! ピニャータ」だが、これまでに明らかにされている情報はあまりにも少ない。そこで今回は、本作の制作スタッフ2人に、デモプレイを交えながら本作の紹介を行ってもらった。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 日本国内での発売が決定した、Xbox 360用ソフト「あつまれ ! ピニャータ(英語タイトル:Viva Pinata)」。本作は、プレーヤーが自分好みのガーデン(庭)を作りながら、「ピニャータ」と呼ばれる動物たちを育てていく、育成シミュレーションゲームだ。とは言え、ブース内でもスタッフによる簡単なデモが行われてるのみと、これまでに明らかにされている情報はあまりにも少ない。そこで今回は、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるJim Veevaert氏、デザインディレクターを務めるGregg Mayles氏に、デモプレイを交えながら、本作の紹介を行ってもらった。

photophoto (写真左)Jim Veevaert氏
(写真右)Gregg Mayles氏

 まず始めに見せられたのが、ゲーム開始から15〜20時間ほどが経過したというガーデン。草木が生い茂り、ピニャータも4種類ほど確認することができた。ゲーム自体は地面のみの、何もない状態から始まるが、そこに穴を掘ることにより虫が入り込む。虫が住みつくと、今度はそれを狙う鳥が現れる、といった感じでピニャータは増えていく。さらに別のピニャータを住まわせたい場合は、芝生や木、囲いや建造物などを購入し、設置することで、新たなピニャータがガーデンへやって来るという。なお、ゲーム中に登場するピニャータの種類は、現在のところ60種類以上を予定している。

photophoto デモプレイで見せてもらったガーデンの様子

 ガーデン内に生息するピニャータにはすべてタグが付けられており、個別に認識することができる。このタグには名前を入れることができるほか、履歴、つまりそのピニャータがどの世界(どのユーザーの元)から来たのかが、ひと目で分かるようになっている。そう、ここですでに気付いてる人もいるかもしれないが、ピニャータはXbox Liveを通して、ユーザー同士での交換が可能なのである。Xbox Liveではほかにも、地面以外のすべてのものを、ユーザー間で受け渡しすることができるようになっている。

 実にスローライフなゲームであるように感じる本作ではあるが、ピニャータを脅かす存在もいる。それが「性格のねじ曲がったピニャータ」と「危険人物」である。性格のねじ曲がったピニャータは、そのままにしておくとほかのピニャータに害をおよぼす。この場合、ガーデンから追い出すことはできないため、飼い慣らす必要があるという。

 一方の危険人物は、勝手にガーデン内に入ってきて、病気のピニャータを壊してしまうという、非常に厄介な存在だ。彼らも直接的に追い出すことはできないため、プレーヤーは医者のヘルパーを呼び、病気のピニャータを治すこととなる。ヘルパーというのは、プレーヤーの変わりにガーデン内の環境を整えてくれる人物たちのことを指す。これによりプレーヤーは細かいことにわずらわされることなく、プレイができるようになっている。

photophoto 写真左がヘルパーで、写真右が危険人物。見た目は近いが、その役割には大きな違いがある

 もし壊れてしまったピニャータがいたとしても、そのまま世界からいなくなってしまうわけではなく、時間が経つと転生して戻ってくる。ただ、転生したピニャータは野生化してしまっているため、好物を与えたり、相性の良いピニャータをガーデンに招き入れるなどして、再度飼い慣らす必要があるという。

photo デモで使用されていたXbox 360にはViva Pinataのフェイスプレートが取り付けられていた。北米では販売予定とのことだが、日本での発売は未定だという

 なお、ピニャータには雄雌の概念があり、ミニゲームなどで相性を高めることで、ロマンス状態となって新しい生命、卵が産みおとされる。この卵はそのままふ化させることもできれば、Xbox Liveで友人に送ったり、売ってゲーム内通貨にすることができる。

 紹介を終えたJim Veevaert氏は最後に、「テレビの前に座っているだけも、どんどんガーデンは進化していく。それもひとつのエンターテイメント。楽しいものになるだろう」と語るなど、本作に対する自信をのぞかせた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」