ニュース
» 2006年10月13日 12時00分 公開

すべてはオーブリー基地から始まる――エースコンバットX (4/4)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「Strategic AI System」を形成する新要素――「総合ブリーフィング」、「戦局報告」

 ACE-Xから取り入れられた「Strategic AI System」(関連記事参照)。プレーヤーが選んだミッションによって戦況が刻一刻と変わっていく。ミッション選択時の参考となるのが「総合ブリーフィング」だ。

 「総合ブリーフィング」は、重要な拠点を攻略した後に行われる作戦会議。ポートパターソンを取り戻した「Mission03」の攻略後などにに行われる。グリフィス隊の活躍により、士気が高まっている今、今後のミッション攻略がオーレリア軍にもレサス軍にも大きな影響をもたらすことになるだろう。通信士が報告する次の重要拠点までの各地の状況をよく聞いて、これからの作戦を決める指針とするのだ。

 なお、「総合ブリーフィング」を補足する要素として、「戦局報告」も行われる。これはミッション達成の結果、戦局に変化が起こった場合に、通信士から伝えられるものとなっている。

画像画像 総合ブリーフィング
画像 戦局報告
画像

 なお、「Mission03」の攻略後からは、プレーヤー自らが、次に行なうミッションを選択することとなる。「総合ブリーフィング」や「戦局報告」の内容から戦況を見極め、次の作戦を決定しよう。「Strategic AI System」により、攻略のルートによっては同じ地点でのミッションでも、その内容が変化することもある。グレイプニルとの対決に向かうか? 孤立した味方部隊の救出に向かうのか? プレーヤーの判断が求められている。

画像画像 キングスヒルを攻略するのか?
画像画像 あるいはスタンドキャニオンにおもむくのか?
画像画像 もしくはターミナス島での空中戦に挑むのか?

プレーヤー機体の紹介

F-4E Phantom II

画像

 「ファントムII(亡霊)」の愛称で呼ばれる大型の戦闘機。旧式の機体だが兵器搭載力と航続距離に優れ、空中戦のみならず対地攻撃任務でも十分な活躍が可能である。

A-6E Intruder

画像

 「イントルーダー(侵入者)」と呼ばれる艦載攻撃機。その名の通り、低空飛行で敵地に侵入して目標を叩く任務を得意とする。

F-16XL

画像

 F-16の改修機。ダブルデルタと呼ばれる主翼の採用により加速力と低速での旋回性を兼ね備え、さらに翼面積が倍化したことにより武器搭載量も増大。対地攻撃に真価を発揮する。


エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション
発売日 2006年10月26日発売予定
価格(税込) 5040円
CERO 「A」区分
ゲームジャンル フライトシューティング
メディア UMD光ディスク
仕様 メモリースティックデュオ対応(256KB以上)
その他 アドホック通信対戦(4人対戦)対応

(C)NBGI

(C)GeoEye
(C)JAPAN SPACE IMAGING CORPORATION

All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.

※画面は開発中のものです


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.