ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シーマン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シーマン」に関する情報が集まったページです。

「記憶」や「感情」を備えたAIが広がる? 「AIお姉さん」クーガーの次の一手
ゲーム分野では、シナリオのアイデアで『生きている感じ』を出すテクニックが古くからあった。これまで職人芸だったがコンピュータ資源の進歩で開発が変わってきている。クーガーのバーチャルヒューマンは「記憶」や「感情」に相当する機能を備え、それを活用した対話シナリオを作成できるSDKを公開した。(2019/9/17)

ロボット開発ニュース:
人とロボットが共感できる対話エンジン「ロボット言語」の開発で提携
ユカイ工学とシーマン人工知能研究所は、対話エンジン「ロボット言語」の共同開発に向け、業務提携した。従来型の一方向会話ではなく、ユーザーがロボットとの生活を通じてロボットの意図を理解していく、双方向の「共感」体験を目指す。(2019/8/29)

「シーマン」20周年 “共感する”対話エンジン開発、ロボットに搭載へ
ユカイ工学とシーマン人工知能研究所が、“共感する”対話エンジン「ロボット言語」の共同開発などで業務提携。ユーザーに“共感”できる対話エンジンを開発し、ユカイ工学が2020年に発売予定のコミュニケーションロボット「BOCCO emo」に搭載する計画だ。(2019/8/1)

埼玉で開催中「あそぶ!ゲーム展」のなつかしさがすごい 平成を彩ったなつかしデジタルゲームを遊べる学べる企画展
青春がよみがえる……!(2018/12/20)

CEDEC 2018:
「8割がソシャゲの相談」 ゲームAI注目されるワケ、「がんばれ森川君2号」開発者が語る
「がんばれ森川君2号」開発者・森川幸人さんは、ゲーム業界でAI技術を使った開発の需要が高まっていると話す。特にソーシャルゲームを作る会社からの相談が増えたという。(2018/8/27)

レゴで作ったシーマンの絶妙な“そっくりさん感” キャラクターをゆるく再現した作品たちが見ていて楽しい
アニメやゲームのキャラをギリギリ似せたり、最初から似せる気がなかったりして面白い。(2018/8/24)

特集・音声言語インタフェース最前線:
自然な音声作る「WaveNet」の衝撃 なぜ機械は人と話せるようになったのか
流ちょうな日本語を発声するスマートスピーカー。「こんな音声合成ができるにはあと10年かかると思っていた」と研究者は衝撃を受けている。これを実現したWaveNetとは何か。スマートスピーカーを作る技術がどんなものかを研究者に聞く。(2018/3/27)

行こうぜZカップの向こう側! 鈴木奈々、突然の“爆乳化”で子どものハートをわしづかみ
大きいことはいいことだ。(2017/10/21)

シーマンになりたいのかな? 鈴木奈々、久々の“顔スト”が安定の変顔
鈴木奈々は定期的に変顔を披露しないと死ぬ病かなんかなの?(2017/10/14)

千葉ロッテマリーンズ、新マスコットは進化した深海魚? うつろな表情とスリムな足にプロ野球ファン騒然
パプワくんにこんなのいた。(2017/5/29)

「シーマン」続編かも!? 開発者・斎藤由多加さんの新プロジェクト発表に国内外で期待の声上がる
ゲームでなくても期待しかない。(2017/5/27)

膨大なドリキャスコレクションが300万円でヤフオク!に出品 ほぼコンプのソフトと本体4台がセット
ソフトはすべて未開封新品。ビジュアルメモリやブロードバンドアダプターなど周辺機器も付属。(2016/4/19)

桐谷美玲さん、モナリザ顔になる Instagramで絶妙な表情を披露
シーマンか。(2016/3/1)

アニメ見られてゲームもできちゃう展覧会「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展開幕 計130作品……なにこの俺たちのためのパラダイス
「太鼓の達人」のアーケード版で遊べたり「アイカツ!」のカードダス機で普通にカード買えたり「板野サーカス」体感できたり、なんかもう年パス的なの欲しい。(2015/6/24)

ウテナ、アイカツ!、うたプリなども 国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展」が完全に俺たちのための展覧会
手塚治虫さんが没してから四半世紀の社会を、日本のマンガ、アニメ、ゲームから見つめる大規模な企画展。(2015/4/23)

あの異色ゲーム「シーマン」の新作がスマホとPCで登場? 海外スタジオがTwitter上でライセンス取得に意欲
またあの変な人面魚と話せるかも。(2015/1/5)

PR:誠 Style編集部オカダ、ヤマハ「スマ免」で2級船舶免許を取得してみた!
(2013/4/22)

次回作は「グラップラー島耕作」!? 社長辞任を受け、島耕作の次の役職を考える人たち
企業アカウントも次々に参戦。(2012/12/10)

D89クリップ(23):
【おばかアプリブレスト会議レポート 】おばかな人知が集結したブレスト会議
「そのおばかアプリ、もっと面白くなるはずです」おばかアプリの百戦錬磨の2人を相手に、活発なブレスト会議が行われた(2011/8/16)

CEDEC 2008特別インタビュー:
「日本はもうゲーム先進国ではない」――岡本吉起氏が語る“世界に通用するゲームプロデュース”
日本最大級のゲーム開発者カンファレンス「CEDEC 2008」で講演を行うゲームリパブリック社長の岡本吉起氏に、講演内容として「いま、必要とされるゲームプロデュース」を選んだ理由や、ゲームリパブリック立ち上げから5年間が経っての今を振り返ってもらった。(2008/9/8)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
サービスも、システムも、アイデアは組み合わせから生まれる
今回は「アイデアは今あるものの組み合わせから生まれる」というお話。これは最近、わたしが強く感じていることです。(2008/6/25)

「シーマン」、ユナイテッド・シネマで映画鑑賞マナーの大切さを訴える
(2007/10/26)

「シーマン2〜北京原人育成キット」レビュー:
今度は小さな北京原人を育ててみました――こんなヤツに癒されるなんて、く、くやしい……ッ!!
10月に入ったとたん、急に秋めいてきた今日この頃。そんな夜長を(主にひとりで)過ごすのには(いろんな意味で)「シーマン2〜北京原人育成キット〜」がピッタリですよねー。姿こそ様変わりすれど、やっぱりヤツはヤツでした。(2007/10/22)

SHIBUYA TSUTAYAとHMV渋谷で「シーマン2」発売記念イベント開催
(2007/10/16)

東京ゲームショウ2007:
北京原人とAKB48の対話、そして大仁田厚が政治にファイヤー!――セガブース
東京ゲームショウ2007では連日観ることができるイベントもあれば日付限定のイベントもある。最終日である23日しか観ることができなかったセガブースのイベントを2つご紹介しよう。(2007/9/25)

シレンに戦場に龍と来た! 「セガコンシューマ新作発表会 2007 Autumn」開催
セガは9月14日、品川プリンスホテルにおいて今冬から来春にかけて発売を予定している注目タイトルを発表。3大タイトルとして「風来のシレン3」や「戦場のヴァルキュリア」、「龍が如く 見参!」などが紹介された。(2007/9/14)

前作とのリンクが明らかになる予約特典情報公開――「シーマン2 〜北京原人育成キット〜」発売日決定
セガはプレイステーション 2用ソフト「シーマン2 〜北京原人育成キット〜」を10月18日に発売することを発表した。予約特典CDの詳細も明らかに。(2007/7/27)

東京ゲームショウ2006:
PS3やWii向けなど次世代機タイトルが目白押し――セガブース
今年のセガブースは、イベントステージは用意されておらず、例年に比べてやや地味な雰囲気だったが、プレイステーション 3向けに開発中のタイトルをはじめ、Wii向けタイトルを実機ベースで展示するなど、タイトル面では非常に気合いの入った展示内容となっていた。(2006/9/23)

PS3向け4タイトル、Wii向け3タイトルを発表。さらには「シーマン2」の続報も――SEGA戦略発表会
セガは9月15日、今冬から来春にかけての注目タイトル、および新作を紹介する「SEGAコンシューマ戦略発表会 2006」を開催。東京ゲームショウ2006の出展タイトルも明らかにされた。(2006/9/15)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ココナッツ・ビーチの開放感「アウトラン」
今回は「アウトラン」(セガ)を取り上げてみました。1986年のゲームですが、ゲームセンターでかなり長期間稼動していたこともあって、それほど古い作品には思えません。「アウトラン」っぽい風景を、伊豆で探してみました。(2006/5/18)

「大玉」レビュー:
ロジックでもテクニックでもない、“声”が決め手のピンボール
戦国時代が舞台のピンボールとは、また奇矯な……。でも、大玉がただ奇をてらっただけのゲームでないことは、プレイするうちに少しずつ分かる。玉を自在に操るテクニックや、兵を優位に進軍させる戦術も必要だが、最後の最後は“声”が勝敗を分けるところが斬新に思える。(2006/4/27)

オープンスタンダードが重要な理由
オープンソースソフトウェアは素晴らしいものだ。しかし、これをやみくもに崇拝する原理主義者には決して賛同できない。ここでは、わたしが支持できる考え方を紹介しよう。(2006/4/11)

「シーマン」の斎藤由多加氏が放つ、ちょっと変わったピンボール「大玉」
「シーマン」、「The Tower」などで有名な斎藤由多加氏が開発を務めるGC用ソフト「大玉」。そのゲーム内容を語るならばピンボールという言葉がしっくるくるが、そこは斎藤氏がかかわっていることもあり、“一筋縄ではいかないピンボール”となっている。(2006/3/6)

チュンソフトと提携、ソニックがXbox 360&PS3で登場、そしてシーマン2?――ネタ盛りだくさんの「セガ戦略発表会」
9月10日、セガは都内の会場で「SEGAコンシューマ戦略発表会2005」を開催した。会場ではチュンソフトとの提携が発表されたほか、フロム・ソフトウェアとの協業による次世代機タイトルやXbox 360&PS3版ソニックのほか「シーマン2」が発表されるなど、何とも盛りだくさんの内容だった。(2005/9/9)

任天堂ブース:
「Odama」見参。「Charge」&「Rush the Gate」!
任天堂ブースの一角に試遊台が設置されていた「Odama」(大玉)。ピンボールにシューティングの要素とストラテジーの要素を組み合わせたようなゲームだ。(2005/5/20)

「いろメロミックス」などでエイプリルフール向け特別企画
(2004/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。