ニュース
» 2012年09月18日 10時03分 公開

芸術の秋到来! 美術館系アプリを駆使して「知的男子売り」でモテようじゃないのモテ機 Vol.19

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋……イベントごと盛りだくさんな季節がやってきた。女子とのデートに関しては、芸術の秋に特化して「知的男子」っぽさをアピールするのがスマートな感じ。

[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 徐々に暑さも落ち着き、そろそろ本格的な秋が来る(はず)。秋好きな私はワクワクしているのだけれど、皆さんはいかがお過ごしだろうか。さて、秋といえば? ここで「芸術の秋」と即答する男子とお付き合いしたいと思う気持ちは、長年揺らぐことがありません。だって、アートを愛でる姿が知的に、いや少なくとも知的っぽくは見えるんだもの。今回は秋モテ必須な美術館系アプリを紹介したい。

美術館・アートイベントが割引価格に

 有料アプリだけれども持っていて決して損はしない、王道の美術館系アプリといえば「ミューぽん 美術館割引クーポン 2012年版」に決定。東京都内・関東近郊を中心とした、美術館・アートイベントの割引券アプリだ。有効期限(2012年末)まで残り半年を切ったため、価格が1000円から250円に大幅ダウンした。1度使えば十分元が取れるので、インストールしておくことをお勧めする。最新情報が毎週自動的に更新されるのもうれしい。時間のあるときにこまめにチェックしよう。

 すべての美術館が掲載されているわけではないが、東京オペラシティアートギャラリー、森美術館、ハラミュージアム アークなど、メジャーなアートスポットが豊富にそろっている。割引料金は100〜500円引きとなっていて結構お得! 2〜3人まで使える割引券が多いので、女子を誘う「理由」もできる。

 「お食事デートの場で男子がクーポンを使うのはイヤー」という女子の声を聞くことがあるけれど、アート系クーポンに関してはどうだろうか。「定期的に美術館へ足を運ぶ人だからこそ、ミューぽんを使っているんだと思う。アート好きなのが伝わってきて悪くない(上から目線)」「むしろ常連感がしていいね!」など好感触。使い方は簡単で窓口でチケット画面を見せるだけでOK。割引になるわけだから、デートでは気前良く女子の分も一緒に購入してあげてね。

チラシをチェックしながらデート先を決めよ

 アート情報のポータルサイト「ミュージアムカフェ」が便利なアプリになった。名称もそのままに「ミュージアムカフェ」だ(無料)。日本全国の美術館・博物館およそ800館の情報を、地域からでも展示情報からでも検索できて、とても便利。またアートに関する最新ニュースやプレゼントなどのコーナーもあるので、定期的に目を通しておくと、ナイスな情報を手に入れられるかも。

 個人的に注目している機能は「ポスターギャラリー」で、ミュージアムカフェ一押しの展覧会のチラシを、約50枚ピックアップしたギャラリーのようなコーナーとなっている。全国で開催中または近日開催予定の情報を、ビジュアルでチェックできるのは嬉しい。女子と2人でめくりながら、女子「これ気になるぅ」、男子「(すかさず)いいね、行こうか」といった会話をするのが理想的だと思う。こんな会話にあこがれちゃう! 女子に聞いてみると「(プレゼントコーナーで)展覧会チケットを当てたら一緒に行ってあげる(また上から目線……)」「チラシを見られるのは展示のイメージがつかみやすくていい」とのコメントが。こちらもインストール必須のアプリだろう。

ポスターギャラリー

「お洒落感」に乗っかって文化系女子を振り向かせる

 最後に紹介するアプリは「Casa美術館」(無料)。あの「Casa BRUTUS」編集部が厳選した全国の美術館100選が収録され、すべて編集部からの解説付きという手の込んだ内容となっている。

 「Casa BRUTUS」ということで、セレクトされたスポットのセンスは信頼したい。また美術館の写真や開館時間、休館日などの基本データはもちろん、設計者などの建築情報も収録されている。そこであらかじめ得た知識をデート中に披露するのもありかも。ただしアートに詳しすぎる女子が相手の場合は「なんだ、アナタの知ってることって、それだけ?」となる可能性も。その際はさらに深い予習をしておくべし。

 さて、こちらのアプリのいいところと言えば、庭園あり、カフェあり、レストランあり、ショップあり、駐車場ありなど、設備で絞って美術館を検索できること。もちろん都道府県別やエリア別でも探せる。このアプリに対する女子の意見は「『Casa BRUTUS』のブランドがいい。普段から雑誌も読んでるのかなぁ、と思ってときめいちゃう。私がカルチャーオタクだからかもしれないけど」「置いておくだけでお洒落なアプリ。写真もキレイだし」と好感度が高い。間違いなく「文化系女子にはウケる」ことが判明したよね。

 本格的な秋が訪れる前に(インストールの)準備はしっかりと。今年は「アートを愛する男子」として攻めてみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声