離れていても会えなくても! カップル専用SNSで愛を深めるのがモテ男のお作法モテ機 Vol.17

続々とリリースされるカップル専用SNS。男子諸君、活用していますか? なかなか会えなくても2人だけのタイムラインを眺めていると、女子って安心するものなのですよ。心して使って下さい。

» 2012年09月03日 12時03分 公開
[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 今年の下半期に入ってからというもの、日本でカップル専用SNSの動きが目立つようになった。6月にリリースされた「Pairy」に続き、8月下旬に登場したのは「Pairin」。何なの? いわゆる「Facebook疲れ」から来る、よりクローズドなSNSへと向かう時代の流れってやつ?

 そういった社会的な問題は置いておき「やっぱりどうしてもPから始まるんだな」「Pマークアイコンがスマホに並ぶのも仕方ないよな」と思いながらも使ってみることにした。昨年秋にリリースされていた「Honeylemon」もなかなかいいのでご紹介しよう。こちらのアイコンはハートマークのデザインだ。

男子から誘ってこそキュン度5割増し!

 さわやかな黄色のビタミンカラーが可愛らしいPairin。まずは男子が最初にアプリをインストールしてね。それからペアになりたい女子(彼女または限りなく彼女に近い女子)をメールで招待しよう。女子がペアを承諾したところで、めでたくPairinデビューとなる。おめでとう。

 Pairyを紹介したときにも書いたけれど、こういったアプリは男子主導で進めるからこそ女子が萌えるわけで、さらに男子からの愛も感じるわけである。誘われた瞬間、女子のキュン度が一気に5割増していることを約束しておこう。女子から男子に「Pairinやろうよぉー」「一緒にPairinやってくれるぅ?」なんて言いたくない。ないないない! 初回デートを女子から誘うようなものじゃないですか。合コン後に「今度は2人で会ってくれませんか?」と女子から言うようなものじゃないですか。もっと分かりやすく言うと、女子から告白するようなものじゃないですか。そんなの悲しいわよ! まぁ、私は彼に「Pairyに続きPairinもしたいな……どうでしょうか?」的に下手に出てみたら「しょうがないなー」と言われた女ですが。

意味深スタンプに甘〜いコメントで反応してほしい

 でもいいの。晴れてPairinデビューよ、イェーイ! Pairinは「キレイでお洒落なインタフェース」で人気のクローズドSNS「Path」と動作が少し似ている。ログインすると左下に黄色の小さな枠が表示され、それをタップすると5つのメニューが立ち上がる。写真を撮るも良し、すでにある写真をアップするも良し、気持ちをつぶやくのも良し。SNS上にアップしたい基本的なことがすべて揃っている。

つぶやきなどを投稿

 びっくりしたのは写真アップ時に加工用のフィルターが12種類も付いていること。モザイクや鉛筆画風にするフィルターは珍しいと思う。スタンプも軽く100種類は超えているのではと思うほど、かなり豊富に揃っている。スタンプだけでコミュニケーションも可能だ。ごくまれに構ってちゃんになるという、面倒くさいタイプの女な私はゾウが泣いていたり、ブタのお尻だけのスタンプを送り付けて、彼の反応を待つ。果たしてどう思っているのかは定かではない。

スタンプでコミュニケーション

 女子に意見を求めてみると「スタンプの意図を汲んでくれる男子っていいよねー。例えば泣いているゾウのスタンプを見たら『寂しくさせちゃってゴメン。週末はいっぱい遊ぼうね』とか、フォローを入れてくれるのが理想」らしい。同じ女子として超同感! ときにはソフトで甘〜い言葉が欲しいんです。あぁ、優しくされたい。「たまにふざけてスタンプを送ることってあるじゃん? それに対して『え、怒ってる?』とメールしてくる男子にイラッ。単なるじゃれ合い系コミュニケーションだと分かってくれないのは困惑」という厳しい意見も。スタンプは効果的に使わないと意味がないのだ。

1年365日すべてが記念日に!?

クマのスタンプ

 そういえば「Honeylemon」も黄色を基調としたデザインとなっている。ゆるい感じのボーダーが小粋。こちらも先にインストールした方がペアの相手を招待する仕組みだ。Honeylemonの面白いところは、その他のSNSとは異なり、個人のアイコンが使われていない点だと思う。特に「トーク」というメール機能が分かりやすいのだけれど、メールの内容に合わせて毎回クマのスタンプを選べる。気持ちを素直に表現できる良SNSだ。

 ここで裏技を発見したので紹介しよう。私がアップした都内の写真に対し「東京ではないのでは?」という彼に対して、「東京ですー。ぶーぶー」という気持ちを表すべく、クマが怒ったスタンプを送ってみた(短気でごめんなさい)。そのあとテキストを一切入れず、クマがそっぽを向いたスタンプのみをテスト的に送信。携帯メールでいうと空メールだ。しかも怒りの空メール。怒っていますアピールをしたいときには、怒り系スタンプ+テキストなしというのが一番効果的な気がする。

記念日機能

 そのほか「記念日」という機能がとてもいい。ここに書き込みをしていけば、女子の機嫌も回復すること間違いなしだ。「Talk」と「Spot」の2種類があり、トークした日とチェックインした日は、自動的にここにマークが付く。つまり毎日何かしらつながっているだけで「毎日が記念日♪」状態に。女子に聞くと「甘〜いっ!(古い)」「喜怒哀楽のすべてがスタンプでそろっていて素晴らしい。有効活用できそう」「自分が送ったスタンプと同じスタンプで返されると、ミラーリング効果的な意味で萌え」といった意見だ。非常にスタンプテクの問われるアプリだが、女子の気持ちを掴んでおくために使う価値は十分にある。

 LINEが台頭してから一般的になったスタンプ。PairinもHoneylemonもキュートなスタンプが充実している。それらを駆使して効果的に取り入れ、女子の心を夢中にさせてほしい。女子も「夢中にさせられたい生き物」ですからー。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評