ニュース
» 2012年09月24日 12時08分 公開

盛り上がる面白系からしっとりアート系まで! 秋デート必携の“最旬”カメラアプリモテ機 Vol.20

行楽の秋。カメラを持ってお出かけしてみてはいかが? とはいっても大きなカメラはときに荷物になる。そんなときにこそ便利なのがカメラアプリ。面白系からアート系まで旬のものをピックアップしてみたよ。

[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 過ごしやすい気候になってきた。涼しくなるとしたくなるのがお散歩、ですよね。えっ、違う? でもね、お散歩こそ、意中の相手との距離を縮めやすいのはもちろん、会話が詰まることもなく、相手の趣味や好きなもの、そして価値観なども分かってしまう、極上のデートだと思っている。ぜひ試してほしい。と、強引に勧めつつ、今回はそんなシチュエーションに活用したいカメラアプリをご紹介したい。楽しいお散歩をさらに彩りあふれるものにしてくれること間違いなし!

「漫画カメラ」で漫画の1シーンを作ろう

 怒濤のようにリリースされているカメラアプリの中でも、今一番流行っているのはなんといっても「漫画カメラ」だろう。公開1週間で早くも100万ダウンロードを記録する大ヒット。App Store無料アプリランキングでも上位をキープしている。

 名前の通り、漫画カメラでは、撮った写真が漫画の1コマのように変換される。人物は白背景で撮影するとより際立つらしい。操作も簡単で「ドオオオン」「ゴゴゴ」「バキバキ」のような男性コミック誌でおなじみの効果音から、「二時間しか寝てねえ!」「奥歯が痛い」「自宅警備なう」などの変わり種まで、20種類以上のフレームを選んで写真を撮るだけ。撮った写真が一瞬にして、漫画風の画像に変換されるのが面白い。完成した画像はFacebookやTwitterにも投稿できる。

 面白さで誤魔化せるので、「恋人の写真を撮りたいけれど、何だか気恥ずかしい」という人にはかなりオススメのアプリだ。「こんな面白いカメラアプリがあるんだよー。撮り合いっこしてみよ?」なんて持ちかけてみてはいかが? 今話題のアプリということもあって、とても自然な誘い方だと思う。ただし、元の写真は保存されずに漫画ふうの画像が残るだけなので、このアプリでは「まず2人の間で写真を撮り合う習慣をつけること」を目的にした方が良さそうだ。

のぞいた先に広がるのは絵のような世界

 続けてもう1つ遊び心のあるカメラアプリ「スケッチカメラ」を紹介しておこう。こちらは起動するだけで、世界が白黒のスケッチ画像のように変換される。大げさな感じがするけれど、スマホを覗き込むと、その先に絵のような風景が広がっているわけだ。とても新鮮。

 試しに私と妹とで並んで撮影してみたが、顔は比較的よく分かる。スケッチ風になるとはいっても、原型は結構残る。これこそツーショット写真向きなのではないだろうか! アートっぽくてお洒落なので話題としてもいい。恋人を撮るのも、ツーショット写真を撮ろうよと誘うのも、抵抗があるという人は「スケッチ風に撮れるカメラアプリがあるんだよー。一緒に撮ってみない?」と漫画カメラと同じテクニックで持ちかけてみてはいかが?

 実際に「写真を撮ろう」と言われると、私だったら嬉しいけれど、女子的にはどうなのか。リアルな本音を聞いてみた。「記念に残そうとしている感が伝わってくるから大歓迎」「撮影自体はOK。ただしかわいく撮ってくれないと許さないけどねっ!」などと好感触。男子諸君よ、照れずに言い出してみよう。「ね、写真撮ろー?」と。

フィルターを駆使してアートっぽく

 最後に取り上げるのは、写真好きな女子と盛り上がりそうな、ちょっとアート寄りなカメラアプリ「A ClassicCamera」。

 このアプリの売りはフィルターの充実っぷりにある。魚眼レンズやレトロフィルター、グレア、白黒写真、イラスト風、印刷風、ポップアート風、カラースプラッシュなど「欲しかったフィルター」がそろっていてうれしい。特に魚眼レンズ! これが入っているだけで、ヘビロテしたいカメラアプリになりそうな予感。魚眼レンズで撮ると被写体は途端に面白くなる。何にでも使える万能さがある。

 また、フィルターは円形に並んでいて、フリックで選ぶしくみになっていて、このUI自体にもセンスのよさを感じられる。選んだフィルターで撮った場合にどのような仕上がりになるのか、リアルタイムで確認できるのも素晴らしい。まさに純粋なお散歩デート向きの、アーティスティックなカメラアプリだといえよう。「お散歩しているだけでも楽しめる相手がいいよね」「お出かけ時におしゃれな写真を撮りながら歩きたい」というプチカメラ好き女子の声もある。お散歩デートを計画している男子はインストール必須!

 ほかにも次から次へと出されているカメラアプリ。「用途」に応じて複数使いこなしておくと、うれしい効果が現れるかもよ。この秋はスマホを持って、お散歩デートへ行ってみてはいかが?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声